Belkin 『SOUNDFORM Flow』 画像など ~7,000円を切るANC搭載&Qi対応の完全ワイヤレスイヤホン

Belkin_SoundForm_Flow_01.jpg


2022年10月に発売されたBelkinのイヤホン「SOUNDFORM Flow」。
SOUNDFORM Immerse」など継続的に製品を出しているBelkinの新たな完全ワイヤレスイヤホンはANC搭載やQi対応を特徴とするモデル。現時点で7,000円を切る実売価格は他国よりも安かったりしますが、ちょっと見てみます。

Noise Cancelling Earbuds | Belkin: JP
https://www.belkin.com/jp/noise-cancelling-earbuds/P-AUC006.html





Belkin_SoundForm_Flow_02.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_03.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_04.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_05.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_06.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_07.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_08.jpg


Belkin_SoundForm_Flow_09.jpg


通信方式:Bluetooth 5.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:SBC、連続再生時間:約6時間(ANCオン)、充電時間:約1.5時間、ドライバー:12mm径ダイナミック型、感度:97 dB/mW、インピーダンス:16Ω、防水性能:IPX5、インターフェイス:USB Type-C、ワイヤレス充電:対応(Qi)、という仕様。インパクトのある低音を奏でる12mmデュアルレイヤーダイナミックドライバー、周囲のノイズを遮断するハイブリッドアクティブノイズキャンセリング、周囲の音を取り込むヒアスルーモード、片方だけで使えるモノラルモード、最大31時間再生を可能とするバッテリーケース、などが特徴。

情報を巡って見かけた製品レポートによれば、箱出し状態の音はイマイチに感じたが慣らす事で徐々に良くなった、音質は良く言えば全体的にバランスよく鳴って籠りもないが悪く言えば個性がない、ANC機能は中低音のノイズを十分に抑えるが高音や風切り音にはそれほど効果がない、ヒアスルーモードはよく聞き取れて優秀、装着感は耳を選ばない感じで良好、同価格帯の中で見ても優れている点は特にないがどの面も基準は満たしている、とのこと。内容的に悪くはなさそうだけれども特筆する点もなくて、海外と比べて安くてもそこまで魅力的に思えないのが正直なところ。でもセールでさらに安くなったりと今後の価格次第では見方が変わるかもしれませんね。




Belkin
売り上げランキング:2,343