Beats 『Beats Studio Buds +』 レビューチェック ~トランスペアレントのカラーが目を引く第2世代のANC完全ワイヤレスイヤホン

Beats_Studio_Buds_Plus_01.jpg


2023年6月に発売されたBeatsのイヤホン「Beats Studio Buds +」。
Beats Studio Buds」の後継機となる完全ワイヤレスイヤホンで、最大1.6倍向上したと謳うアクティブノイズキャンセリングや大きさが3倍になったマイクによるクリアな通話品質を主な特徴としている第2世代モデル。計3色のうち透明なトランスペアレントが特に目を引いて決め手の要素にもなりそうですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Beats Studio Buds + | 完全ワイヤレスイヤーバッド、ノイズキャンセリング

画像


Beats_Studio_Buds_Plus_02.jpg


Beats_Studio_Buds_Plus_03.jpg


Beats_Studio_Buds_Plus_04.jpg


Beats_Studio_Buds_Plus_05.jpg


Beats_Studio_Buds_Plus_06.jpg


Beats_Studio_Buds_Plus_07.jpg


Beats_Studio_Buds_Plus_08.jpg
(via weibo/weibo)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大6時間(ANCオン)/最大9時間(ANCオフ)
防水性能:IPX4
重量:5g(イヤホン)/49g(ケース)


メディア・レビューサイト


Amazon、Beats完全ワイヤレス「Studio Buds+」販売開始 - AV Watch

音質・NCが飛躍! 最新イヤホン「Beats Studio Buds +」比較レビュー | マイナビニュース

【Beats Studio Buds+ レビュー】スピーカー64台分を謳う空間オーディオが凄い! - 僕は猫だった

beats studio buds+買ったので簡単にレビュー(Beats Fit Pro比較) | 趣味と自分メモ

Beats Studio Buds +レビュー:AirPods並みにiPhoneと相性が良いワイヤレスイヤホン – 旅行好きの大阪人ブログ

【レビュー】Beats Studio Buds + ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン - アイアリ

【レビュー】Beatsの新型ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds +」 | 気になる、記になる…

Beats Studio Buds + レビュー|ノイキャン&音質向上で進化。 | CoRRiENTE.top




独自の二層構造トランスデューサーによるバランスに優れた迫力サウンド、従来より効果が最大1.6倍向上したアクティブノイズキャンセリング、周囲の音を取り込む外部音取り込みモード、大きさが3倍になったマイクによるクリアな通話品質、空間オーディオ対応、Androidデバイスでも豊富な機能が使える互換性、5分充電で最大1時間再生が可能なFast Fuel機能、最大36時間再生を可能とするバッテリーケース、イヤーピース4セット付属、トランスペアレント・ブラック/ゴールド・アイボリーの3色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、イヤホンやケースのサイズ・形状は変わっていないがベントの位置など再設計されているのが目視できる、音質は先代と比べて解像度が増している&全域にわたって明瞭かつパワフルなサウンドになっている、空間オーディオはスピーカー64台分と謳っているだけあって臨場感が半端ない、アクティブノイズキャンセリングはトップレベルではないが同価格帯の中では強力な部類に入る、通話品質はかなり良くて確実に長所となる、外部音取り込みモードは先代より良くなっているが他と比べると及第点、カラーはトランスペアレントのデザイン性が特に良い、空間オーディオ・通話品質・トランスペアレントの3点に魅力を感じるならオススメ、といった内容。

各所の反応


[1]
Beats Studio Buds +を買った
音の好みはそれぞれだと思うけど、やっぱりBeatsのデザインが好き
トランスペアレントのカラーは昔のMacに戻った感じ




[2]
Studio Buds+はトランスペアレントが人気みたいだけど
俺はブラック/ゴールドにしたわ




[3]
トランスペアレントが話題だけどブラックかっこいいよな
ちなBeats Studio Buds+にBeats Studio Budsのケース使えたりするので
形はまったく変わってないっぽい




[4]
Studio Buds+試聴してきたけど音質は割とバランスよい



[5]
Beats Studio Buds+届いたのでBeats Fit Proと比較
音質は似た感じだけどBuds+の方がちょっと音がくっきりはっきりしてる
ノイキャン性能も若干Buds+の方が良い気がする
ファンの高い音がFit Proは聞こえるけどBuds+は聞こえない




[6]
beats studio buds+届いた
先代と比べて音質が控えめに正統進化したという感じ
劇的に変わったわけではなく少しプラスされたみたいな




[7]
スケルトン好きなのでBeats Studio Buds+買ったけど
ホワイトノイズ気になる・・・
音質もTWS全体で見ればそんなにいいとは思えないかな




[8]
Beats Studio Buds+は通話品質すごく良い
風吹いてる野外やコンビニで通話してみたけど
自分は外音取り込みで周囲の音も聞こえるのに対して
通話相手にはこっちの声しか聞こえなかったらしい
ちょっと音がこもるのは気になるけど場所問わずで使えそう




[9]
AirPods初代からしばらく使ってて最近はSONYに鞍替えしてたけど
Beats Studio Buds+でAppleに回帰した。
耳への収まり・音質・ノイキャン・デザインどれも高水準でいいよ




[10]
Beatsのイヤホンってどちらかと言うと低音がしっかりしたイメージだっただけど
Beats Studio Buds+試聴してみたら中高音域のクリアさが全面に出てて意外だった
濃密ってよりかはスッキリ綺麗系なサウンド




[11]
Beats Studio Buds+買った
Apple傘下の製品なのにAndroidアプリが用意されてるのはいいね
そしてノイキャン性能が結構高いなこれ
控えめに言っても初代AirPods Proなみには効いてる気がする




[12]
Beats Studio Buds+触ってきたけど
耳にベストフィットする感じはApple系列のTWSだなと思った




[13]
Studio Buds+は音とかどうでもよくてスケルトンというだけで選んだ
なので非常に気に入っている




[14]
Beats Studio Buds+買った、Airpods Proからの乗り換え
ノイキャンとデザインが目当てで他は別に期待してなかったけど
音質は低めの音が想像以上に強く出てて聴き心地も最高だった
総合評価はAirpods Proよりこっちのが高いな






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。先代と比べて音質やアクティブノイズキャンセリングは確かに向上しているが劇的に変わったわけではない、同ブランドの「Beats Fit Pro」(AA)と比べても同じ事が言える、通話品質はかなり良い、装着感も相変わらず良い、Apple系の製品だがAndroidの端末でも特に制限なく使える、カラーはトランスペアレントもいいがブラックもカッコイイ、デザイン目当てで買ってもいいしデザイン目当てだと他の部分も期待以上に思える、といった内容。

「Beats Studio Buds +」は現在24,000円台の価格で販売中。Beatsといえば個人的にデザイン重視のイメージがあって今作は特にそう感じるものですが、情報を巡っていると購入者もそれを踏まえて買っているようで、他社の人気モデルと比べて音質や機能がどうとか野暮な事を言ってる人はほとんど見かけず。でもデザイン性は相変わらず高くて透明なトランスペアレントがあるから買ったという人がいるのも納得。決して見掛け倒しではなく音質や機能もそれなりに良く出来ているようですし、むしろデザイン目当てで買うと他も期待以上だったという感じで満足度は高そうですね。