Bang & Olufsen、Xbox Wireless対応のゲーミングANC/Bluetoothヘッドホン『Beoplay Portal』

Bang_and_Olufsen_Beoplay_Portal_01.jpg


海外で見かけたBang & Olufsenのヘッドホン「Beoplay Portal」。
Beoplay H95」など高級路線のオーディオ製品で知られるBang & Olufsenが意外にも”ゲーミング”を銘打ったANC/Bluetoothヘッドホンをリリースした模様。Xbox Oneとシームレスに接続できるXbox Wireless対応も特徴としています。

Beoplay Portal-Xbox 用ワイヤレス ゲーム ヘッドフォン | B&O
https://www.bang-olufsen.com/ja/headphones/beoplay-portal





Bang_and_Olufsen_Beoplay_Portal_02.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_Portal_03.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_Portal_04.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_Portal_05.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_Portal_06.jpg
(via dgtle)

通信方式:Bluetooth 5.1/Xbox Wireless、コーデック:aptX Adaptive/AAC/SBC、連続再生時間:約12時間(ANCオン)、充電時間:約2時間、ドライバー:40mm径ダイナミック型、重量:282g、アダプティブノイズキャンセリング機能搭載、周囲の音を取り込める透過モード、クリアな通話を実現した最先端のマイクロフォン技術、Xbox Oneとシームレスに接続できるXbox Wireless対応、Dolby Atmos for Headphones対応、マルチポイント対応、Bang & Olufsenアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

見た目はいつもどおりのスタイリッシュなデザインという感じですが、Bang & Olufsenがゲーム向けのワイヤレスヘッドホンを出してきた事は驚くばかりで、その対象機器をXboxに絞っているのも驚き。ゲーミングデバイスメーカーからではなく一般向けのオーディオメーカーからこういう製品が出るというのも前例がないと思いますし、あまりに意外すぎてコメントしづらいのが正直なところでしょうか。公式サイトでの価格は499ユーロ(約65,000円)、Bluetoothヘッドホンとして見ても結構な高額品です。