Bang & Olufsen 『Beoplay H95』 レビューチェック ~95周年記念モデルのANC搭載Bluetoothヘッドホン

Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_01.jpg


2020年9月に発売されたBang & Olufsenのヘッドホン「Beoplay H95」。
ブランド95周年を記念してリリースされたアクティブノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドホンで、限定品という事もあって「Beoplay H9 3rd Gen」よりはるかに高額となっているフラッグシップモデル。ちょっとチェックしてみます。

ノイズを消す。Beoplay H95-ANC ヘッドフォン | B&O
https://www.bang-olufsen.com/ja/headphones/beoplay-h95



画像


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_02.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_03.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_04.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_05.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_06.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_07.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_08.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_09.jpg


Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_10.jpg

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.1
コーデック:aptX Adaptive/AAC/SBC
連続再生時間:約38時間(ANCオン)/約50時間(ANCオフ)
充電時間:約2時間
ドライバー:40mm径ダイナミック型
感度:101.5 dB/mW
インピーダンス:12Ω
再生周波数帯域:20 - 22,000Hz
インターフェイス:USB Type-C/3.5mmオーディオジャック
重量:330g


各所の反応


[#1]
Bang & Olufsenの“すべてを極めた”フラッグシップヘッドフォン
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1275982.html



[#2]
H95か
こういうヘッドホンを待っていた
H9 3rdも音質良かったし、これは期待できる



[#3]
LDACには対応せずaptX Adaptive対応か



[#4]
H95のGrey Mistかっこいいけど値段ぶっとんだな



[#5]
ほぼ10万円のBTヘッドホンが発表になったけど、流石に高すぎない?
BT機じゃなくて有線の新型機種を出して



[#6]
>>#5
H9自体有線でも音いいからH95も期待出来るだろ
ワイヤレス代で+1~2万円という感じ



[#7]
H95 グレーミスト届きました。
まだ使用してはいないので品質だけだけど、さすがの質感です。
これまではRIMOWA × b&o H9iのコラボモデルを使用していましたが
本体はさすがに95周年モデルH95の方が質も向上しています。
ケースはさすがのRIMOWAだけあって、H9iケースが良いです。



[#8]
直近ではSHURE AONIC 50を使用していました。
その他、ノイキャンワイヤレスはほぼ全て購入していました。
DALI IO6・木綿3・NCH700・SONY XM3等。
H95は屋内のみ2時間程度の使用感ですが↓かな。
主観ですが、やはり後出しじゃんけんかなと。

・ノイキャンは、NCH700=XM3>H95
・音質は、H95=木綿3=AONIC50
・装着感は、AONIC50>H95=IO6
・持ち運びは、XM3=H95



[#9]
>>#8
早速の情報ありがとうございました
音質面でIO6との違いはどうですか?



[#10]
>>#9
もちろんIO6よりはクリアで透明感のある音です。
IO6は秀でたものがなく全体的に無難な感じです。



[#11]
他にもH95買った猛者はおらぬのか!



[#12]
>>#11
はいよー
Bang_and_Olufsen_Beoplay_H95_11.jpg



[#13]
>>#12
お、音と使い勝手はどうなんでございましょうか?!



[#14]
>>#13
ダイヤルはボリュームとANCのコントロールともに使いやすい。
余計なアナウンスとか無くスパッと変化するしね。

音は、んーマニア受け?
角の取れた音なんだけど中高音が単音でも厚みがある感じ。
なんだけどH95単発で聴くとあまり違いがわからないとだけれど
他のヘッドホンを後から聴くと「これ音が薄っ」という感じで差がわかる感じ。
ベースノイズというかホワイトノイズが限りなくゼロで、無音から音が出てくるのがすごい。

だもんで、高いだけの音は出るんだけど
9万出しても買うべきとは諸手を挙げては言えない。



[#15]
あと相変わらずB&Oは「正座して使う」ってのが前提らしく
そよ風でも風切り音が酷いし、歩くとスニーカーでも歩行音拾う。
HPで歩いているお姉さんの写真を使うのは詐欺だと思う。

ANCは強力ではないけど、アダプティブANCがヒットすればまずまず優秀でNCH700程度。
電車・カフェ・交差点を通り過ぎるバスの音などではキッチリ外音消してくれる。
自宅ベランダとか商店街とか中途半端な環境はゼンハ程度と思ってもらえれば。



[#16]
ACNは意外な効果があって、NCはもちろんトランスなんちゃらの時
フレームの鳴りやコーンの余計な振動の音をキャンセルするみたいで
音がピシッと締まって良いオーディオの教科書のような音を出してくれます。
(もちろん音源の小さな余韻とかはキチンと再生してくれる)
逆にNC/トランスどちらもオフの時はビョーンと緩い音になっちまいます。

「音響屋さんと電気屋さんは超一流だけど、フレーム設計している機械屋さんはちょっとなぁ」
という印象です

長くなってしまいましたが、室内用にいいオーディオシステム買ったと思えばかなり満足。
街の喧騒から抜け出そうなんて間違っても思わない方がいい。



[#17]
ANCはh9 3rdやaonic50に劣る感じってことでしょうか?



[#18]
>>#17
どちらの機種も使った事ないので・・・申し訳ない
今持ってるANC機で比較すると↓って感じ
NCH700≧H95>airpodsPro



[#19]
ANCについてもう少し書くと
横浜駅地下街で使った時は、よそ様の足音は良く消えた
雑踏はBOSEもSONYもあまり消さない印象があったのでこれはメリット?
人の声はどんな時も通してる印象

B&OのNCのターゲットシチュエーションは
電車、カフェ、雑踏、車の排気音(オープンテラス狙い?でも風に弱いぞ)な感じに思える。
それ以外のシチュエーションはあまり期待しない方良い。



[#20]
H95のANCはこんな感じ?
静かな室内:◎
バス、電車:○~△
会話が飛び交う場所:×



[#21]
>>#20
少なくとも電車はよく効くので◎あげても良いと思います





業界を代表する音響エンジニアらがチューニングを施したチタン製エレクトロダイナミックドライバー、アルマイト加工のアルミニウム素材を使ったフレーム、楕円形のイヤーカップ&マグネット着脱式のイヤーパッド、ラムスキンレザー&形状記憶フォーム採用、周囲に合わせて自動調整するアクティブノイズキャンセリング機能、ダイヤル&タッチコントロール搭載、Black・Grey Mistの2色、などが特徴。付属品はUSBケーブル・オーディオケーブル・機内用アダプター・クリーニングクロス・ハードケース。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は中高音に厚みがあって透明感のあるクリアなサウンド、ただし他機との比較だと音が薄く感じるし抜きん出て良いというわけでもない、ANC機能はトップレベルの性能ではないけれども場所によって真価を発揮する感じ、本体の質感はB&Oのフラッグシップモデルなだけあって非常に高い、装着感やポータブル性も高い基準を満たしている、高いだけあって上出来だけれどもこの価格で人に薦められるかと言えば難しいところ、といった内容。

今回の評価だけ見るとSENNHEISERの「MOMENTUM Wireless」(AA)やSHUREの「AONIC 50」(AA)あたりと比べて何もかも優っているという感じではなく、B&Oの限定モデルという付加価値をどう見るかがポイントになりそう。冷静に考えるとB&Oのコアユーザーに向けた製品でしょうから、他と比べてどうこう言うのは不毛な事かもしれない。販売に関しては生産数を相当絞っているのかネット上では楽天ビックなどごく一部のショップでしか取り扱っておらず、入荷時期も未定になっている状況。価格は96,000円です。