AVIOT 『Openpiece S (TE-S1)』 レビューチェック ~装着に難あり?オープン型の完全ワイヤレスイヤホン

AVIOT_Openpiece_S_TE-S1_01.jpg


2022年9月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece S (TE-S1)」。
Openpiece M (TE-M1)」と共に登場した”ながら聴き”に最適と謳っているオープン型(開放型)の完全ワイヤレスイヤホン。TE-M1は音質重視となっていましたが、こちらは開放感重視になっているモデル。ちょっとチェックしてみます。

Openpiece S (TE-S1) 製品情報|AVIOT
https://aviot.jp/product/te-s1/



画像


AVIOT_Openpiece_S_TE-S1_02.jpg


AVIOT_Openpiece_S_TE-S1_03.jpg


AVIOT_Openpiece_S_TE-S1_04.jpg


AVIOT_Openpiece_S_TE-S1_05.jpg

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.2
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:約8時間
充電時間:約1.5時間
ドライバー:10mm径ダイナミック型
防水性能:IPX4
インターフェイス:USB Type-C
重量:4.2g


各所の反応


[#1]
AVIOT、ながら聴きに最適「Openpiece」。音質、開放感重視の2モデル
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1435802.html



[#2]
今度発売のTE-S1はもしかしたらLinkBudsの代替になりそう



[#3]
S1はM1よか固定が甘そう



[#4]
Openpiece M、Openpiece Sの2機種を聴いてきた
Sはポロポロ落ちるので少ししか聞けなかった
音はMと同じくらい

Sは交換パーツの縁をうまく耳に留める感じなのだけど着けにくかった
パーツがすぐにバラバラになるのは何とかして欲しい
落ちないように場所を合わせると耳への圧迫感がかなりあったのも気になった



[#5]
TE-S1は耳に付けるの至難の業だ
耳に付いたかと思っても簡単に外れて落ちる
マスクの付け外しで耳が少し動いてそれで緩んで外れる
TE-M1の方は耳に付けるのも簡単であり付けても安定してる



[#6]
TE-S1があまりに期待外れだったせいで
TE-M1がすごく良い製品に思えてきた



[#7]
OpenPiece TE-S1結局買ったけど、聞いてたとおり耳にハメるの難しい。
ハマるポジションを何とか見つけだしてようやく聴けるレベルにはなったけど
ながら聴きはいい感じ、家事しながらラジオ聴くみたいな。
骨伝導イヤホンよりもしっかり音が聞こえる、周りの音もちゃんと聞こえる。

ペアリングしてから耳に嵌めようとイヤホン触ると
タッチセンサーが過敏に反応するのはちょっと厄介。



[#8]
TE-S1
マルチポイント対応でちょっと面白そうだったので買ってみた
デフォルトではシングルタッチに再生/停止が割り当てられていて
超うざいのでOFFにした、タッチ機能全てOFFにもできるのはよい
(アプリでFWアップデートしたら設定カスマイズできるようになった)

装着安定性はTE-M1の方が確実に良い
TE-S1は人によって装着安定感かなり変わりそう
自分の場合里右は比較的安定して耳に装着保持できているのだけど
左がなかなか安定せずにすぐ落ちる

外の音が完全に聞こえる、音質はクリア
音漏れ低減モードは音漏れで外から気になりやすい帯域を抑える感じ





耳への負荷やストレスを感じにくい独自のオープンデザイン、3サイズで調整できるイヤーウィング、深みのある低音域を提供する大口径10mmドライバー、クリアな声を届ける高性能ハンズフリー通話機能、音漏れ抑制モード・ゲーミングモード・片耳モード搭載、マルチポイント対応、イヤホン探知機能、最大27時間再生を可能とするバッテリーケース、10分充電で90分再生できる急速充電、スマートフォンアプリ・AVIOT SOUND ME対応、計4色のカラーラインナップ、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音がどうこう以前にちゃんと装着する事が難しくて耳に合わない場合は外れやすい、イヤーウィングも外れやすい、音質はクリアで謳い文句どおり”ながら聴き”にはいい感じ、骨伝導イヤホンよりも音がしっかり聞こえるし周囲の音も聞き取れる、タッチセンサーは過敏すぎて厄介だがアプリのカスタマイズで無効にする事もできる、TE-M1の方が装着感は確実に良いしそちらを選んだ方がいいいかも、といった内容。

TE-M1の方はロングサイズのイヤーウィングがしっかりホールドしてくれるようですし、イヤーウィングを外しても装着感はいいと評されていましたが、こちらは逆に装着の面で難がありそうな印象。聴けるポジションを見つけだすのが難しいという声もあれば右側が合っても左側が合わないという声もあって、イヤホンの性能・機能がどうこう言う以前の問題にも思えるでしょうか。TE-M1も似たようなオープン型ですからあえてこちらを選ぶメリットは正直ないかもしれませんね。「Openpiece S (TE-S1)」は現在10,000円台の価格で販売されています。




AVIOT
売り上げランキング:2,066