『オーディオテクニカ ATH-TWX7』 レビューチェック ~同社製品では初となるLDAC対応の完全ワイヤレスイヤホン

audio-technica_ATH-TWX7_01.jpg


2023年11月に発売されたオーディオテクニカのイヤホン「ATH-TWX7」。
ATH-TWX9」の下位モデルとなる完全ワイヤレスイヤホン。ATH-TWX9の設計思想を継承したという5.8mm径ドライバーやハイブリッドデジタルノイズキャンセリング、それに同社の製品では何気に初となるLDACコーデック対応などを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】ATH-TWX7|イヤホン:完全ワイヤレス|オーディオテクニカ

画像


audio-technica_ATH-TWX7_02.jpg


audio-technica_ATH-TWX7_03.jpg


audio-technica_ATH-TWX7_04.jpg


audio-technica_ATH-TWX7_05.jpg


audio-technica_ATH-TWX7_06.jpg


audio-technica_ATH-TWX7_07.jpg
(via twitter)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.1
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:LDAC/AAC/SBC
連続再生時間:最大約6.5時間(NC ON)・最大7.5時間(NC OFF)
充電時間:約1.5時間
ドライバー:5.8mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:10 - 40,000Hz
感度:100 dB/mW
インピーダンス:16Ω
防水性能:IPX4
重量(イヤホン):約4.7g
重量(ケース):約47.5g


各所の反応


[1]
オーディオテクニカ、完全ワイヤレス「ATH-TWX7」。同社マイク収録の環境音再生機能搭載
https://www.phileweb.com/news/d-av/202311/09/59254.html

オーディオテクニカ「ATH-TWX7」は生活の質を高めてくれる完全ワイヤレスイヤホン
https://www.phileweb.com/review/article/202311/16/5338.html




[2]
TWX7ってTWX9の下位機種みたいな型番なのに
aptX系には対応してないんだね
LDAC対応の方が喜ばれそうか




[3]
TWX7を試聴してみた。iPhone・AACのみ確認。
TWX9との違いは聴いてみてもよくわからないが
中高音を繊細に鳴らして低音もちゃんと出ている。
高音が刺さったりすることもない。完成度は高い。




[4]
>>3
いやTWX7はTWX9と音が全然違うよ
TWX9がフラット志向なのに比べて
TWX7は普通のリスニング的に低域寄りピラミッド・バランス
設計者が違うのか同じTWXシリーズでも別物
音質はTWX9と比べると正直劣る




[5]
やっぱTWX7はTWX9に遠く及ばない感じ?



[6]
>>5
価格差を考えればむしろ健闘している方じゃないか?




[7]
ATH-TWX9の除菌機能とか正直いらないし
同じハイレゾでも端末を選ぶaptX Adaptiveは汎用性は下がる
ATH-TWX7の方が万人向けとは思う




[8]
ATH-TWX7
TWX9の下位機種的な立ち位置だが
パキッとしたオーテクらしさがある音で割と好き
物理ボタンとセンサーのハイブリッドで使い勝手が良い




[9]
ATH-TWX7良いじゃん
低域寄りで高域全く刺さらないし響きも強くなくて聴きやすい




[10]
ATH-TWX7買った
オーテクの音は苦手だったけどこれは高音が刺さらなくていい感じだった




[11]
ATH-TWX7いいよ
音質はTWX9からほぼ変わりなく1DDらしい硬めで直線的な音のまま
高域のしゃりつきとかもないし低域も適度に膨らんで耳にやさしい
でもLDACになったからなのかTWX9と比べて音の硬さが和らいだ気がする
接続もLDACで大きい通りとかでも途切れなくて安定

ノイキャンは悪くないけどそもそも遮音性があるのであんまり必要性を感じない
ヒアスルーは微妙なままだけどトークスルーは改善されたんじゃないかな
自分の声も圧迫感なく聞けるので会話がしやすくなった気がする
付け心地は◎




[12]
ATH-TWX7
音質は確かに良いけどLDACの安定性は悪くない?
Air3 Deluxe HSは同じ環境でも全然途切れない
端末との相性があるんだろうか




[13]
ATH-TWX7
軽く聴いた印象はスッキリ滑らかで力強い低音って感じ
音の厚みは大型ドライバーほどはないけど聴いていて楽しい




[14]
ATH-TWX7を聴いているとSOLID BASSが頭をよぎる
違うシリーズだけど以前に期待した音をやっと聴けた




[15]
ATH-TWX9はSound Reality系でフラットで解像感高い
ATH-TWX7は確かにSOLID BASS系

ATH-TWX9はATH-CKR7TWの後継で
ATH-TWX7はATH-CKS5TWの後継みたいな感じ




[16]
ATH-TWX7
LDAC対応で汎用性上がってるし操作性も良しノイキャン性能も良し
音も安定のオーテククオリティでコスパ良いと思う
逆に優等生すぎて面白みがないとも言える




[17]
ATH-TWX7買った
いい音してると思う、CKS30よりも好きな音かもしれん




[18]
ATH-TWX7
試聴してみてTWX9よりやや物足りない気がしたが
実際に買って聴いてみて音質はTWX9の方がやはり上で解像度高い
ハウジングのコストダウンが影響してる感じ




[19]
ATH-TWX7
音質・ノイキャン・外音取り込みは最強ではないものの
操作性・装着感・風切り音耐性は良好
全体的に高いレベルにまとまっていると思う






伸びやかな高域や粒立ちの良い繊細な音の鳴りを体験できる5.8mmドライバー、独自設計のフィルターにより性能を最大限に高めたハイブリッドデジタルノイズキャンセリング、外の音を自然に取り込むヒアスルー機能、着けたまま会話やアナウンスが聴けるトークスルー機能、ヒーリングサウンドなどをアプリで再生できるサウンドスケープ機能、プライベートタイマー機能、低遅延モード、マルチポイント対応、Google Fast Pair対応、Connectアプリ対応、最大24時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、アッシュブラック・ストーングレイ・リッチホワイトの3色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。TWX9とは音の傾向が異なっていてTWX9がSound Reality系ならTWX7はSOLID BASS系(音はあまり変わらないという声もあり)、LDACは汎用性が高いし過去の製品と比べてアドバンテージになりそう、ノイズキャンセリングやはトップレベルではないが性能は良いと思う、ヒアスルー機能は従来と変わらないがトークスルー機能は改善された感じ、装着感は良い、良く言えば全体的に上手くまとまっている優等生で悪く言えば尖っている要素がなくて面白みがない、TWX9との価格差を考えると健闘している、といった内容。

音質的に上位のATH-TWX9とは別物でこちらはSOLID BASSシリーズみたいな感じ、「ATH-CKS30TW」(AA)よりこちらの音の方が好き、というコメントから察するにATH-TWX9の下位モデルではなく実質SOLID BASSの最新モデルとして見た方がいいかも。SOLID BASSの製品も近年はゴリゴリの重低音ではなく割とバランスがいいものばかりでしたし、これがその系統だと評されているのも腑に落ちるでしょうか。どの面もトップレベルではないようですがどの面も高い基準は満たしている印象で、変に尖ったものや一長一短が極端なものを避けたい人には安牌な候補となりそうですね。「ATH-TWX7」は現在22,000円前後の価格で販売されています。