オーディオテクニカ 『ATH-AWAS』 レビューチェック ~アサダ桜を使用したハイエンドクラスのヘッドホン

audio-technica_ATH-AWAS_01.jpg


2019年11月に発売されたオーディオテクニカのヘッドホン「ATH-AWAS」。
ATH-AWKT」と共にリリースされたアラウンドイヤータイプのヘッドホンで、こちらはハウジングに優れた音響特性と耐久性を持つというアサダ桜を採用したモデル。どちらもハイエンドクラスにあたるものですが、ちょっとチェックしてみます。

ATH-AWAS|ヘッドホン|株式会社オーディオテクニカ
https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-AWAS



画像


audio-technica_ATH-AWAS_02.jpg



audio-technica_ATH-AWAS_03.jpg



audio-technica_ATH-AWAS_04.jpg



audio-technica_ATH-AWAS_05.jpg



audio-technica_ATH-AWAS_06.jpg



audio-technica_ATH-AWAS_07.jpg
(via naver)

各所の反応


[#1]
オーディオテクニカ、黒檀/アサダ桜ハウジング採用ヘッドホン「ATH-AWKT」「ATH-AWAS」
https://www.phileweb.com/news/d-av/201909/19/48469.html

“木のヘッドホン”新モデルが体現する、オーディオテクニカの“伝統と革新”。ATH-AWKT/AWASレビュー
https://www.phileweb.com/review/article/201911/14/3649.html



[#2]
ATH-AWKTがATH-AW5000、ATH-AWASがATH-AW3000って感じだな。



[#3]
材質的にはAWASのが気になるかな



[#4]
AWASはDLCコート振動板や純鉄ヨーク等のオーテクの中では比較的新しい要素を取り入れてて
開発技術者も若いそうだ



[#5]
AWASは実売15万でパーメンジュール磁気回路も搭載してないのか
AV関係はどんどん値上がりするんだなあ



[#6]
ATH-W1000Zを買うか、後継機種を待つか考えてたんだけど
ATH-AWASが後継機種なのかな?それにしてはあまりに価格帯が違いすぎるしなぁ。



[#7]
ヨドバシではAWASはW1000Zの後継モデルになってる



[#8]
AWKTとAWAS
ADX5000の時は別売だったバランスケーブルが付属で付いてくるみたいね。



[#9]
AWKT/AWAS聴いた奴いる?



[#10]
>>#9
黒が低音より赤が高音よりで音場も密閉にしては広くて良かったよ



[#11]
AWKTとAWASはどっちが声向きか知りたいな



[#12]
>#11
サクラの方がボーカル向きに感じました。



[#13]
ボーカル重視だとアサダ桜のほうが良いからこっち買った
確かに黒檀の新旧は大きな差はないようだった(音のバランスも)
しかし解像度やら音の分離やらは新のほうが優れていたよ
旧を持っているやつでも値段やケーブルのショボさに目をつぶるなら
新を買う価値は十分あると思う
しかしその分アンプに注ぎ込む選択肢もあるな



[#14]
ath-awas聴いたけど低音好きの高域無頓着な俺からしても
とろりとした美しい高域でホッとした気持ちになれたわ



[#15]
AWKTの方が癖があるって見たのとマイナーチェンジに20万はさすがにと思って
AWAS買ったけど失敗したわ
ボーカルとか気持ちよく聴かせてくれるけど脚色が強すぎて
こっちの方がよっぽど癖あるんじゃないかと思った



[#16]
AWAS試してみたが装着感が今ひとつ。
ヘッドバンドを広げた状態でハウジングが内側に倒れ込まないから
どうしても耳の下側に隙間が出来る。
そして耳の上側に荷重がかかって痛くなる。



[#17]
AWASは割と個性が強い音
AT-HA65で聴いたが中域~高域にかけて透き通った音色に仕上げてる
まさにクリスタルサウンドって感じ
美音だとは思うけど原音から離れた音だと思うんで好き嫌いがキッパリ別れそう

まあAWASが苦手な人はAWKTになるんかな
こっちはW5000みたいに上流に忠実な印象だったし



[#18]
ATH-AWAS
艶はそんなにないし音場も密閉の域を出ない感じだったけれど
高域好きには気に入るかもしれないヘッドホンだと思った





型式:密閉型、ドライバー:53mmダイナミック型、再生周波数帯域:5 - 42,000Hz、出力音圧レベル:99dB/mW、最大入力:2,000mW、インピーダンス:40Ω、重量:約395g(ケーブル除く)、という仕様。優れた音響特性と耐久性を持つアサダ桜のハウジング、AWAS専用設計の大口径53mmドライバー、伸びやかな低音を再現するD.A.D.S.構造、新設計のマグネシウム成型アーム、人工皮革のイヤーパッド&ヘッドバンド、A2DCコネクタ採用のケーブル着脱式、3m/XLR端子バランスケーブル・3mステレオケーブル付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。ATH-AWKTよりもボーカル重視と言える音作りでクリスタルサウンドという表現がぴったりの美音、ただし原音に忠実ではなく脚色の強いクセのある音なので好みは分かれそう、新設計のアームは従来のタイプより人を選びそう、高域が美しいヘッドホンを好む人は気に入ると思う、といった内容。

この「ATH-AWAS」は現在140,000円台の価格で販売中。共にリリースされたATH-AWKTはハウジングの材質だけでなく価格帯=クラスも違いますが、ボーカル重視であればこちらの方が良いとのこと。ただ、クリアな美音でも素直な音というわけではなく一癖も二癖もあるようですから、高域・ボーカルを重視する人に必ずしも合うわけではない模様。試聴必須と考えておいた方がいいでしょうね。




Audio Technica(オーディオテクニカ)
売り上げランキング: 2625