ASUS 『TUF Gaming VG279QM』 レビューチェック ~IPSパネルで280Hzを実現したゲーミングモニター

ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_21.jpg


2020年4月に発売されたASUSの27インチ液晶モニター「TUF Gaming VG279QM」。
IPSパネルでリフレッシュレート280Hzを初めて実現したTUF GAMINGブランドのゲーミングモニター。それ以外の技術・機能も揃うものが揃っていて解像度を除けば現状の最高峰と言えるフルHDモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

TUF GAMING VG279QM | 液晶ディスプレイ | ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/Monitors/TUF-GAMING-VG279QM/



画像


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_22.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_23.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_24.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_25.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_26.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_27.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_28.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_29.jpg


ASUS_TUF_Gaming_VG279QM_30.jpg
(via pconline)

製品仕様


画面サイズ:27インチ
パネル:IPS
表面処理:ノングレア
解像度:1920x1080
応答速度:1ms(GTG)
コントラスト比:1000:1
輝度:400 cd/m2
視野角:178/178
画素ピッチ:0.311mm
消費電力:26W

映像端子:HDMI x2/DisplayPort
インターフェイス:ヘッドホン端子/USB
スピーカー:2W×2
スタンド:ピボット/チルト/スイーベル/昇降
VESAマウント:対応(100x100mm)
本体サイズ:幅620x高さ377-507x奥行き211mm
重量:約5.6kg


メディア・レビューサイト


ASUS、世界最速280Hz駆動のゲーミング液晶が4月4日に国内販売 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1244842.html

”世界最速”280Hz駆動のゲーミング液晶「TUF GAMING VG279QM」が入荷 - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1249249.html

超高速280Hzゲーミング液晶の実力を見よ!! ASUS「TUF Gaming VG279QM」を試す | マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20200407-1012196/

VG279QMをレビュー:IPSなのに280Hzで1ミリ秒な凄いやつ | ちもろぐ
https://chimolog.co/bto-gaming-monitor-vg279qm/

「ASUS TUF Gaming VG279QM」をレビュー : 自作とゲームと趣味の日々
http://blog.livedoor.jp/wisteriear/archives/1077049217.html

ゲーミングIPSモニターASUS「TUF Gaming VG279QM」最速レビュー! - funglr Games
https://funglr.games/ja/review/asus-tuf-gaming-vg279qm-review/




IPSパネルで応答速度:1ms(GTG)を実現したASUS FastIPS Display、リフレッシュレート280Hz、ディスプレイ同期技術・Adaptive-Sync/G-SYNC Compatible対応、モーションブラーを取り除くExtreme Low Motion Blur(ELMB)、ELMBとG-SYNC Compatibleの両方を有効にできるELMB SYNC、画面の視認性を高めるShadow Boost、各コンテンツに適したプリセットを選択できるGameVisual、新たにスナイパーモードが追加されたGamePlus、VESA DisplayHDR 400認証、マルチHDRモード、フリッカーフリー・ローブルーライトモード、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「リフレッシュレート280Hzは非常に滑らか、ただし240Hz→280Hzの違いを体感できるかは微妙なところ」「応答速度はTNパネルのトップクラスにまだ敵わないが、IPSパネルの中では最速クラス」「入力遅延は非常に少ないが60Hzだと不具合なのか数値が大きくなる」「ELMBはモーションブラー=残像感がはっきり除去されているのを体感できる」「GamePlusのスナイパーモードはチートレベルの新機能」「IPSパネルだがフルHDなのでWQHDに比べると精彩な映りではない」「高性能・多機能でPCゲームで使うには万人向け」といった内容。

各所の反応


[#1]
VG279QM届いた
60hzからの買い替えですが明確に違いますよ!
今まで何やってたんだろうってレベルです
ただ有名所のゲームでいうとR6Sなんかはゲーム側で最大240hzの制限がかかっているようで
280hzが無意味になっています



[#2]
結局VG279QM国内で約5.3万で買えたわ。
値段もトントンでリスクの高い個人輸入をせずに待ってよかった。
もっと言ったら年末に出たAW2720HFとかに手出さなくて良かったぜ。



[#3]
>>#2
ちょうどその二つとAW2521HFで揺れ動いてるんだけど
何が良かったの?値段?



[#4]
>>#3
色々あるけど特に値段、フレームレート、ELMBかな
出せる出せない別として280Hzというリフレッシュレートに惹かれた。
(一応2080tiだし今持ってるモニタは120Hzだから…)。
使うかはどうかは自分で見次第だがELMB使いながらsyncも使えるってのにも興味あり。



[#5]
>>#4
ELMB SyncってFreeSyncとかGsync コンパチと併用しないと有効化出来ないの?
黒挿入は体験してみたいんだけど垂直同期技術は切りたいんだよね



[#6]
>>#5
本人の回答を待った方がいいがレビュー見てわかることを書いとく
グラボでオフにすると垂直同期にならない
AMDはアプリの強制垂直同期設定にかかわらず常にオフ設定がある
NVIDIAは知らん
QMのELMBは120Hz以上でないと動作しないそう



[#7]
VG279QMほしいけど27インチでFHDだから画質荒そうなのがなぁ
IPSでもそのへんの使い心地どうなんだろ



[#8]
VG279QMを購入したけど
これまで使っていたTNと比べても残像を感じないし、色彩が鮮やかになった

デフォルトの設定では画面が眩しすぎるので
輝度0、コントラスト50で使っているけど、そこまで変えると色設定が変になって
自分では調整できなかったのでキャリブレーターを購入してしまった

sRGBモードで輝度とコントラストを変更できない
それ以外のモードで輝度とコントラストをデフォルト値から大幅に変更すると色分布が変になる
個人がモニターやグラボの設定で補正しようと思ったら色見本が要ると思うよ



[#9]
VG279QM届いたが、これってHDMIでもパワーオフで接続切れるんだな
結構使いにくい



[#10]
VG279QMの180Hz以下だとオーバーシュート出まくりとの話が気になる。



[#11]
>>#10
昨日届いて使ってるが、全くそんな事は無いんだが…
Cod:mwでGTX1080なんで平均FPS100前後だが、まったくオーバーシュートしないよ



[#12]
VG279qm使ってるけど過大評価されてるところある
人気の割にレビューがないから怪しいなとは思っていたけど予想通りって感じ
TNなら圧倒的に視認しやすいgigacrystaがおすすめ



[#13]
>>#12
vg279は何がイマイチなの?



[#14]
>>#13
チラつきもそうだけど、内部遅延がgigacrystaと比べて大きいの。
コントラストが高すぎて視認性が悪いし、色がかなり濃くてぼやけるから映像にメリハリがない。
そのデメリットが遮蔽物の色と敵が重なった場合、直感的に視認しにくくなったよ

後は小さいところを挙げると電源をつけると立ち上がりが極端に遅くて
ここでもそれは言われていて気にする所でも無いかとは思っていたけど
アレ?今電源つけた?みたいになる。

機能性もそこまで高くなくてスナイパーモードやFPSカウンターはまず使わないし邪魔で使えない
マルチに使うならいいかも知れないけど、特に秀でてる所もなく中途半端なモニターというイメージかな



[#15]
>>#14
参考になる!内部遅延あるのは嫌過ぎるなぁ。
視認性はIPS全般不利なのかもしれんね。



[#16]
>>#15
elgatoのキャプチャーボードと接続した時のキャプチャー画面の遅延が2msくらいなんだけど
それと比べたときに同じだったから実測値は2ms以上かなあ
IPSだとやっぱりTN以上の応答速度はまだ無理だと思う



[#17]
>>#16
ちょっと混乱しているんだけど
内部遅延って画面の応答速度のこと?(Response Time, GtG / MPRT)
入出力遅延(Delay / Input Lag / Image Processing Lag)だと
VG279QMも十分早かったので。(0.30ms)



[#18]
>>#17
応答遅延は入力してからのラグ
内部遅延や表示されるラグみたいな感じ
恐らくだけど、オーバードライブ機能を使った場合は0.3msなんだと思う。
0~100まで20刻みで上げられるんだけど100にするとティアリングが発生したり
キャラクターの映像が乱れたりするからまず使えないかな…
1番みんなが騙されるのが応答速度0.6msと謳っていても
実測値は企業側しか知らなかったり公開してなかったりするんだよね。



[#19]
さっきVG279QM届いたからCoDとAPEXを使用した感想は
全体的に明るい色が濃くて黒に弱いのか潰れて見えるイメージ。
評価は高いけどこれが最強!とは言える様な代物ではないな。
280hzのIPSモニターっていうだけだわ。





各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。リフレッシュレートは下の数値から乗り換えだと確かに滑らか、ただし現状では280Hzをフルに活かせるコンテンツがほとんどない、「GigaCrysta EX-LDGC271UTB」(AA)あたりのTNパネル/240Hzモデルに比べて応答速度や内部遅延の面はまだ劣る、機能は色々備わっているが実用的かと言えばそうでもない、電源オン後の立ち上がりが遅かったりHDMIでも電源オフで接続が切れたり不便な点がいくつかある、といった内容。

リフレッシュレート280Hzという世界初の要素や全部入りとも言える性能・機能に魅かれて期待値が高すぎたのか、実際に購入した人からはシビアに評価されている様子。スペック上は最高峰でも実用面は決してそうではないと捉えておいた方がよさそうでしょうか。マルチに使える万人向けと評されていれば色々と中途半端とも評されていましたし、人によって見方が違ってくるゲーミングモニターではないかと。「TUF Gaming VG279QM」は現在50,000円前後の価格で販売されています。