ASUS、日本発売が決まったE-TNパネルでリフレッシュレート540Hzの24.1インチ ゲーミングモニター『ROG Swift Pro PG248QP』

ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_01.jpg


2024年2月に発売されるASUSの24.1インチ液晶モニター「ROG Swift Pro PG248QP」。
世界最速を謳うE-TNパネル採用でリフレッシュレートも最高クラスの540Hz(OC)を実現しているROGブランドのゲーミングモニター。最初に発表があったのは昨年夏のイベントで海外では昨年秋ごろに製品が出回っていましたが、日本でもようやく発売が決まったようです。

【公式サイト】ROG Swift Pro PG248QP | Gaming monitors|ROG - Republic of Gamers|ROG 日本



ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_02.jpg


ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_03.jpg


ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_04.jpg


ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_05.jpg


ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_06.jpg


ASUS_ROG_Swift_Pro_PG248QP_Release_07.jpg
(via zhihu)


画面サイズ:24.1インチ、パネル:TN、解像度:1920x1080、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:0.2ms(GTG)、視野角:170/160、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。世界最速のE-TNパネル、リフレッシュレート540Hz(OC)、G-SYNC対応、モーションブラーの低減をより強化したULMB 2、DisplayHDR 400サポート、Reflex Analyzer対応、GamePlus・Game Visualなどのゲーム機能、最大32bit/384kHzのPCMに対応するESSコーデック、Aura Sync対応のRGBライティング搭載(背面ロゴ)、開閉式ベースのスタンド、などが特徴。

価格は発売前の現時点で140,000円台。投稿されていた製品レポートによれば、応答速度はLCDの中では最速でOLEDを除けば無敵と評せる、540Hzは現状だと活用できる場が限られる、ULMB 2はVRRと併用できないしあまり実用的とは思えない、FPS用のゲーミングモニターとしては10点満点だが普段使いは0点の超特化型、とのこと。無事に発売されればスペック的に日本で唯一の存在になりますが先月に発表されたBenQ ZOWIEの「XL2586X」が控えているので、待てる人は待った方がいいかもしれません。