ASUS、スタンド上部に三脚ソケットを備えた29.5インチ/Fast IPS/220Hzウルトラワイドゲーミングモニター『ROG Strix XG309CM』

ASUS_ROG_Strix_XG309CM_01.jpg


海外で見かけたASUSの29.5インチ液晶モニター「ROG Strix XG309CM」
ROGブランドの新たなウルトラワイドゲーミングモニターは平面のFast IPSパネル採用でリフレッシュレート220Hzの29.5インチモデル。このサイズでこのスペックは珍しい部類ですが、スタンド上部に三脚ソケットがあるのも珍しい要素です。

ROG Strix XG309CM|ROG Global
https://rog.asus.com/monitors/27-to-31-5-inches/rog-strix-xg309cm-model/





ASUS_ROG_Strix_XG309CM_02.jpg


ASUS_ROG_Strix_XG309CM_03.jpg


ASUS_ROG_Strix_XG309CM_04.jpg


ASUS_ROG_Strix_XG309CM_05.jpg


ASUS_ROG_Strix_XG309CM_06.jpg


ASUS_ROG_Strix_XG309CM_07.jpg


ASUS_ROG_Strix_XG309CM_08.jpg
(via smzdm)

画面サイズ:29.5インチ、パネル:Fast IPS、解像度:2560x1080、輝度:300 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。オーバークロックでのリフレッシュレート220Hz、G−SYNC Compatible対応、ELMB SYNC対応、Shadow Boostなどのゲーム機能、KVMスイッチ搭載、ロゴを床面に投影するアンビエントライト搭載、スタンド上部に三脚ソケット搭載、などが特徴。

このサイズのウルトラワイドゲーミングモニターは大半がVAパネルだったので、Fast IPSパネルは珍しいというか目新しい印象。三脚ソケットに関してはモニター上にカメラ・照明パネル・サブモニターの設置を想定している模様。いずれもストリーマーが良く使う機材なので現代のトレンドを取り入れた形でしょうか。また、最近発表した他のモデルにもその三脚ソケットが備わっていましたから、もしかしたらROGブランドの標準装備になるかもしれませんね。