ASUS 『ROG Spatha X』 画像など ~主要パーツがリニューアルされた重厚ワイヤレスゲーミングマウス

ASUS_ROG_Spatha_X_04.jpg


海外で発売されているASUSのマウス「ROG Spatha X」。
2016年に発売された「ROG Spatha」のリニューアル版となるワイヤレスゲーミングマウス。本体や充電ドックのデザインはほぼそのままにセンサー・マイクロスイッチなどの主要パーツを刷新したようですが、ちょっと見てみます。

ROG Spatha X|ROG Global
https://rog.asus.com/mice-mouse-pads/mice/ergonomic-right-handed/rog-spatha-x-model/





ASUS_ROG_Spatha_X_05.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_06.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_07.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_08.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_09.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_10.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_11.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_12.jpg


ASUS_ROG_Spatha_X_13.jpg


通信方式:2.4GHz、センサー:光学式、解像度:19000DPI、トラッキング速度:400IPS、最大加速度:50G、ポーリングレート:1000Hz、ボタン数:12個、バッテリー:内蔵、電池寿命:最大67時間(LEDオフ)、インターフェイス:USB Type-C、サイズ:幅89x奥行き137x高さ45mm、重量:168g、という仕様。付属品は専用レシーバー・充電ドック・USBケーブル2本、予備マイクロスイッチ・工具・ポーチ・ステッカー。

業界をリードするROG 19000DPIオプティカル センサー採用、耐久性7000万回のROGマイクロスイッチ採用、マイクロスイッチが交換できるプッシュフィットスイッチソケット、正確かつ高速のクリックを実現した独自のピボットボタン構造、プログラム可能な12ボタン搭載、3ゾーンにAuraSync対応のRGB LED搭載、立てかけるだけで充電できるチャージングドック、ROGパラコードケーブル2セット付属、PCソフトウェア・Armoury Crate対応、などが特徴。

旧版と比べて刷新されている点は、主要パーツは最新のトップグレードを採用、ピボットボタン構造を新たに採用、重量は10gほど軽量化、電池寿命は2倍以上に向上、DPIボタンの調整レベルが増加、インターフェイスはUSB Type-Cに刷新、充電ドックにもRGB LEDを搭載、ケーブルは最新のものが付属、など。既に製品が出回っている台湾での価格は5,490ニュー台湾ドル(約22,000円)。

本体のデザインや各部の作りが変わっていないのは製品情報を見た段階でもわかっていましたが、いざ実機を見てもやはり変わっていないので中身が刷新されたリニューアル版という認識でいいかと。センサーはおそらくPAW3370でしょうしマイクロスイッチはROGオリジナルの最新版ですし、基本スペックは申し分なし。ただ、今のトレンドとは真逆をいく超重量級なので需要は限定的になりそうな印象、それに価格も想像以上に高かったので発売は一部の地域に限られるかもしれませんね。