ASUS、Aim Labと共同開発された約54gのワイヤレスゲーミングマウス『ROG Harpe Ace Aim Lab Edition』

ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_01.jpg


海外で見かけたASUSのマウス「ROG Harpe Ace Aim Lab Edition」。
ROG Keris Wireless AimPoint」「ROG Gladius III Wireless AimPoint」に続く新たなワイヤレスゲーミングマウスはエイム練習でよく使われるAim Labとの共同開発を特徴とするモデル。重量は上記の2つより軽い約54gを実現しています。

ROG Harpe Ace Aim Lab Edition|ROG 台灣
https://rog.asus.com/tw/mice-mouse-pads/mice/wireless/rog-harpe-ace-aim-lab-edition-model/





ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_02.jpg


ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_03.jpg


ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_04.jpg


ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_05.jpg


ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_06.jpg


ASUS_ROG_Harpe_Ace_Aim_Lab_Edition_07.jpg
(via Youtube)

Aim Labとの共同開発でeスポーツプレーヤーに最適な形状と重量を実現した左右対称デザイン、プレイヤーの操作を測定・分析して最適な設定を行うAim Lab Settings Optimizer、ROG AimPointオプティカルセンサー採用(36000DPI/650IPS/50G)、耐久性7000万回のROGマイクロスイッチ採用、2.4GHz/Bluetooth 5.1/USB-Cのトライモード接続、ROG SpeedNovaワイヤレステクノロジー採用、特定のボタン操作で各設定が行えるドライバーレス設計、Aura Sync対応のRGB LED搭載、100% PTFEマウスフィート採用、ROG Totemグリップテープ・ROG Paracordケーブル付属、ROG Armory Crateソフトウェア対応、電池寿命:最大90時間、サイズ:幅63.7x奥行き127.5x高さ39.6mm、重量:約54g、主な仕様・特徴は以上。

上記の主要パーツやワイヤレス技術はKeris・Gladius IIIのAimPointモデルでも使われていましたが、過去の製品で特徴としていたマイクロスイッチ交換のギミックやピボットボタン構造を載せない事によって軽量を実現した形に。KerisもGladiusも重量は70g台後半と同類の中ではむしろ重い方でしたから、やっぱりそのギミックが言葉どおり足枷になっていたんだなと。マイクロスイッチ交換はあくまでも付加機能で決め手になるような要素でもありませんでしたし、取っ払ったのは英断でしょう。新型をはじめから”Aim Lab Edition”で出してきたところからも本気度がうかがえますね。日本ではGladiusの方がまだ発売されていないので出るとしたらその後でしょうか。

<関連記事>ASUS 『ROG Harpe Ace Aim Lab Edition』 レビューチェック ~合う人には最高に合う約54gのワイヤレスゲーミングマウス