『Astell&Kern AK UW100MKII』 レビューチェック ~内部設計の一新やケースの小型化を特徴とする第2世代の完全ワイヤレスイヤホン

Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_09.jpg


2023年9月に発売されたAstell&Kernのイヤホン「AK UW100MKII」。
AK UW100」の後継機でシリーズ第2世代となる完全ワイヤレスイヤホン。内部設計や電源システムを一新して音質と再生時間の向上を実現、それと大きいと言われていたバッテリーケースの小型化も特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】AK UW100MKII|Astell&Kern

画像


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_10.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_11.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_12.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_13.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_14.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_15.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_16.jpg


Astell_and_Kern_AK_UW100MKII_17.jpg
(via weibo)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.2
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:aptX Adaptive/AAC/SBC
連続再生時間:約9.5時間
ドライバー:バランスドアーマチュア
感度:94 dB
重量(イヤホン):約7g
重量(ケース):約65g


各所の反応


[1]
Astell&Kern、新完全ワイヤレス「AK UW100MKII」9/29発売開始。49980円
https://www.phileweb.com/news/d-av/202309/29/59014.html

あの“高音質”完全ワイヤレスに待望の第二世代!Astell&Kern「AK UW100MKII」の実力に迫る
https://www.phileweb.com/review/article/202309/29/5294.html




[2]
AK UW100MKIIの違いってバッテリーケースだけ?
DACチップとBluetoothチップセットは全く同じだし
チューニングを変えてきたって事?




[3]
UW100MKII展示されていたけど
初代に比べてケースが小さくなって普通の大きさになったね
音質は初代と大きく変わらない




[4]
UW100MKII試聴
音質は一緒に展示されていたElite 10より数段上
低域の効きがいいし高域は澄んでいるしボーカルも聴き取りやすい




[5]
AK UW100MKIIを試聴した感想はまさに無色透明なモニターサウンド
音質はFoKus Mystiqueよりこちらの方が上だと思う
でも個人的にどちらが好きかと言えばFoKus Mystiqueかな




[6]
初代UW100MKが好きなので二代目も買った

大きな違いはバッテリーケースで二代目の方が明らかに良い
プラスチック筐体で高級感はないけど作りはしっかりしてる

イヤホン本体は初代と変わってないように見えるけど
装着してみると着け心地は結構良くなった
付属のイヤーピースも改良されていると思う

音質は正直言って大差ないかな
でも初代の時点で相当良かったので現状維持でも不満なし
あと初代は入手困難な時もあったので普通に買えるのもいいね




[7]
UW100MKIIぱっと聞きだと中高音域重視の美音系
ケースのデザインが初代よりもシンプルになって好感度アップ




[8]
UW100MKII
自分の耳だと初代より解像度が増してて音場も広かった
手持ちのMOMENTUM3と比べると高音域の伸びが強めで中低音はスッキリ




[9]
UW100MKII買った
音はシングルBAドライバーがうまく機能している感じで音場も広いし分離も良い
良くも悪くも音源の質が音に現れる
音量がやや小さいのは不満

イヤーピースはAZLAのTWS用に交換したら完璧と言えるほどフィットして
ANCなくてもパッシブで十分だと思えるほど遮音性が高い
タッチコンロールの操作性は良好
ケースが初代より小さくなったのはいいね

難点は現時点でEQの設定がイヤホンに反映されない
バグなのかおま環なのかわからないけどそこはアップデート待ち

他社のTWSと簡単に比較するとSvanar Wirelessよりも温かみのあるサウンドで
AKのチューニングが大好きなのもあるけどUW100MKIIとGEMINI IIがトップ2
Svanar Wirelessもかなり良い音だと思うけど音質以外に難あり
GEMINI IIとは気分次第で使い分ける

まぁこのクラスはメーカーへの好感度や音の好みが影響するだろうから
評価も個人差があると思っておいた方がいいよ






内部設計を一新してさらなる原音に忠実なワイヤレスモニターサウンドを実現、Knowles製のバランスドアーマチュアドライバー、Qualcomm QCC5141のBluetoothチップ採用、AKM AK4332ECBのHi-Fi 32bit DAC搭載、周囲の音を取り込めるアンビエントモード、デュアルマイクとcVc 8.0によるクリアな通話品質、クラス最高レベルのパッシブノイズアイソレーション(PNI)、新電源システム採用でケース小型化と再生時間の向上を実現、Google Fast Pair対応、マルチポイント対応、AK Controlアプリ対応、最大29時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は初代より解像度が上がり音場が広くなったように聴こえるが人によっては大差なく感じるかも(初代の時点で音は相当良い)、イヤホン本体は変わってないが装着感は良くなった気がする、イヤーピースをちゃんと合わせればANC不要と思うほど遮音性が高い、タッチコンロールは良好、バッテリーケースの小型化は大きな改善点、アプリの不具合は端末側との相性があるかも、「HIFIMAN Svanar Wireless」「DEVIALET GEMINI II」(AA)などハイエンドクラスとの比較は音の好みも大きく関わるのでどれが良いかも感じの好み次第、といった内容。

情報を巡っていると初代⇒第2世代と立て続けに購入している人はほとんど見かけず。第2世代と言っても内容的にモデルチェンジではなくリニューアル版に該当しそうなものなので、反響がそこまで多くなかったのも腑に落ちるでしょうか。でも初代の時点で大絶賛している人がいましたし改良されている部分もいくつかあるようですから、初代持ちでなければ注目すべきものではないかと。Svanar WirelessやGEMINI IIと同列に語られているなら音質はかなりのレベルでしょうね。「AK UW100MKII」は現在45,000円台の価格で販売されています。