AOC、曲率1000Rになっている31.5インチ/VA/WQHD/165Hzゲーミングモニター『CQ32G3SU』

AOC_CQ32G3SU_01.jpg


海外で見かけたAOCの31.5インチ液晶モニター「CQ32G3SU」。
CU34G3S」と同じくG-Lineシリーズの第3世代モデルとなるVAパネル・解像度:2560x1440・リフレッシュレート165Hzゲーミングモニター。こちらも曲率1000Rのカーブスクリーンを大きな特徴としているモデルです。

CQ32G3SU/BK | AOC Monitors
https://eu.aoc.com/en/gaming/products/monitors/cq32g3su-bk





AOC_CQ32G3SU_02.jpg


AOC_CQ32G3SU_03.jpg


AOC_CQ32G3SU_04.jpg


AOC_CQ32G3SU_05.jpg


AOC_CQ32G3SU_06.jpg


画面サイズ:31.5インチ、パネル:VA、解像度:2560x1440、輝度:250 cd/m2、コントラスト比:3000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMIx2/DisplayPort、主な仕様は以上。曲率1000Rのカーブスクリーン、リフレッシュレート165Hz、FreeSync Premium対応、FPS/RTSなどジャンルに適したプリセットが選択できる6ゲームモード、画面の視認性を高めるシャドーコントロール、AIMポイントやFPSカウンター表示するダイアルポイント、フリッカーフリー・ローブルーライト、PCソフトウェア・G-Menu、などが特徴。

ちなみにCQ32G3SEという製品名で基本スペックは同じになっているモデルが中国にていち早く出ていますが、それとはスタンドが違う模様(こちらは調整機能が多い高性能タイプ)。このスペックで曲率1000Rになっているゲーミングモニターは先駆者であるサムスンを除くとMSIの「MPG ARTYMIS 323CQR」くらいしかなかったと思うので、まだ数少ない貴重な存在。中国だけで出ているCQ32G3SEとは違って欧州など複数の地域で製品情報を見かけるようになりましたから、もしかしたら日本でも発売に向けての動きがあるかもしれませんね。