AOC、低価格が魅力的な31.5インチ/VAパネル/WQHD/144Hzゲーミングモニター『CQ32G2E』

AOC_CQ32G2E_01.jpg


海外で見かけたAOCの31.5インチ液晶モニター「CQ32G2E」。
CQ32G1」の後継機となるであろうG-Line 2nd Genシリーズのゲーミングモニターで、VAパネル・解像度:2560x1440・リフレッシュレート144Hzという仕様のモデル。価格はこのシリーズらしく手ごろな設定になっているようです。

AOC CQ32G2E
http://www.aocmonitor.com.cn/product/xianshiqi/1794





AOC_CQ32G2E_02.jpg


AOC_CQ32G2E_03.jpg


AOC_CQ32G2E_04.jpg


AOC_CQ32G2E_05.jpg


AOC_CQ32G2E_06.jpg


AOC_CQ32G2E_07.jpg


AOC_CQ32G2E_08.jpg


画面サイズ:31.5インチ、パネル:VA、解像度:2560x1440、コントラスト比:3000:1、輝度:250 cd/m2、視野角:178/178、応答速度:1ms(MPRT)、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。曲率1500R/フレームレスデザインのVAパネル採用、sRGBカバー率121%・NTSC比100%(BT.709)、リフレッシュレート144Hz、ディスプレイ同期技術・Adaptive-Sync対応、HDRモード搭載(HDR10サポート)、各ゲーム機能、フリッカーフリー・ローブルーモード、PCソフトウェア・G-Menu、などが特徴。

先代もVAパネル・解像度:2560x1440・応答速度:1ms(MPRT)・リフレッシュレート144Hzのスペックだったので明確に違う点は液晶の曲率くらいですが、価格設定は現時点で先代の実売価格より安かったりする。その価格は既に出回っている中国だと1,898人民元(約28,000円)。相場の違いがあるとはいえ同スペックと言える31.5インチモデルは日本だと40,000~50,000円台ですから格安の一言。また、G-Line 2nd Genシリーズの製品展開は地域が広がりつつあるので、日本も輪の中に入る事を願うばかりです。