AOC、1500Rの曲面になっている23.6インチ/VA/165Hzゲーミングモニター『C24G2/11』

AOC_C24G2-11_01.jpg


2021年2月に発売されるAOCの23.6インチ液晶モニター「C24G2/11」。
C32G2E/11」と共にリリースされる”G2 SERIES”のゲーミングモニターで、こちらも曲率1500RのカーブスクリーンになっているVAパネル採用やリフレッシュレート165Hz&Adaptive-Sync対応を特徴としているフルHDモデルです。

C24G2 23.6 VA Curved Gaming Monitor | Gaming Monitor | AOC
https://jp.aoc.com/product_5852_C24G2_monitor_Japan.php





AOC_C24G2-11_02.jpg


AOC_C24G2-11_03.jpg


AOC_C24G2-11_04.jpg


AOC_C24G2-11_05.jpg


AOC_C24G2-11_06.jpg


画面サイズ:23.6インチ、パネル:VA、解像度:1920x1080、輝度:250 cd/m2、コントラスト比:3000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:D-sub/HDMIx2/DisplayPort、主な仕様は以上。曲率1500RのカーブスクリーンになっているVAパネル採用、リフレッシュレート165Hz、Adaptive-Sync対応、ゲーム画面をよりキレイに表現するHDRエフェクトモード、画面中央にAIMポイントを表示するDial Point機能、USB機器の入力速度を向上させるLow Input Lag機能、フリッカーフリーテクノロジー・ローブルーモード、などが特徴。

発売前の価格は一番安いところだと24,000円台。VAパネルのゲーミングモニターとしては基準を満たしている内容ですし、ピボット以外の調整機能が備わっているスタンドも悪くない作りに思えますが、この価格帯は他社の製品だとIPSパネルのモデルが既に普及していますから、割高ではないけれども安さで勝負するくらいにならないと厳しいかなと思うのが正直なところ。ちなみに「C24G1/11」(AA)など前世代の製品は主な取引先と思われるNTT-X Storeやイートレンドでがかなり安く売っていましたから、これもその流れになれば注目ですかね。