AOC、44.5インチの湾曲OLEDパネルでリフレッシュレート240Hzのウルトラワイドゲーミングモニター『AG456UCZD』

AOC_AG456UCZD_01.jpg


海外で見かけたAOCの44.5インチOLEDモニター「AG456UCZD」。
LGの「45GR95QE-B」と同じスペックになる解像度:3440x1440・曲率800RのOLEDパネル採用でリフレッシュレート240Hzのウルトラワイドゲーミングモニター。昨年秋に非公式の情報がチラッと出ていましたが最近になって製品情報と実機の公開があったようです。

【公式サイト】AG456UCZD产品中心-aoc中国官方网站



AOC_AG456UCZD_02.jpg


AOC_AG456UCZD_03.jpg


AOC_AG456UCZD_04.jpg


AOC_AG456UCZD_05.jpg


AOC_AG456UCZD_06.jpg


AOC_AG456UCZD_07.jpg


AOC_AG456UCZD_08.jpg


AOC_AG456UCZD_09.jpg


AOC_AG456UCZD_10.jpg
(via zol.com)


画面サイズ:44.5インチ、パネル:OLED、解像度:3440x1440、輝度:1000 cd/m2、コントラスト比:1500000:1、応答速度:0.03ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、曲率800RのOLEDディスプレイ、リフレッシュレート240Hz、主な仕様・特徴は以上(現時点で公式サイトが見れないので他の部分は不明)。

背面のラインティングが左右非対称だったりインターフェイスが斜め配置だったりと筐体の作りは色々とユニーク。ゲーミングモニター自体は45GR95QE-Bの他にもAcerの「Predator X45bmiiphuzx」(AA)が既に出ているので珍しいわけでもなく。それにAOCの製品は日本でも現在進行形で展開していますが、このクラスは未発売に終わる事が多いので国内リリースは期待薄かもしれませんね。