AOC、よりシンプルなデザインになっているエントリークラスの23.8インチ IPSパネル FHD 180Hzゲーミングモニター『24G4X』

AOC_24G4X_01.jpg


海外で見かけたAOCの23.8インチ液晶モニター「24G4X」。
新デザインになったエントリークラスの「24G4/11」を1月に発売するという日本でも進展があったAOCですが、これはそれと同じシリーズでスペックもほぼ同じだけれども筐体が別の新デザインになっているゲーミングモニター。赤いアクセントを省いたオールブラックでスタンドはフラットなベースに変わっています。

【公式サイト】24G4X | AOC Monitors



AOC_24G4X_02.jpg


AOC_24G4X_03.jpg


AOC_24G4X_04.jpg


AOC_24G4X_05.jpg


AOC_24G4X_06.jpg
(via Youtube)


画面サイズ:23.8インチ、パネル:IPS、解像度:1920x1080、輝度:300 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:0.5ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。リフレッシュレート180Hz、Adaptive-Sync対応、HDR10サポート、各ジャンルに適したプリセットが選択できるゲームモード、Dial Pointなどのゲーム機能、2Wx2スピーカー搭載、G-Menuソフトウェア対応、などが特徴。

24G4/11とはインターフェイスの数やスピーカーの有無それに応答速度などデザイン以外にも違いがいくつかあり。しかし24G4/11でシンプルな新デザインになったなーと思ったのに更に新しい形を出してきたのは少々驚き。AOCのエントリークラス=Gシリーズは確か初期のころから赤いアクセントを入れていたので、それすら省いたのはなんというか次世代を感じるでしょうか。最近のゲーミングデバイスは余計なものを載せない実用重視の流れがあるので時代に合わせたものと言えるかもしれませんね。