AOC、エントリーシリーズの最新モデルとなる23.8インチ IPSパネル 180Hzゲーミングモニター『24G4/11』

AOC_24G4-11_01.jpg


2024年1月に発売されるAOCの23.8インチ液晶モニター「24G4/11」。
ナンバリング的にエントリーシリーズの第4世代となるゲーミングモニターで、応答速度:1ms(GTG)のFasr IPSパネル採用やリフレッシュレート180Hzなどを特徴としているフルHDモデル。日本でも近日発売予定となっていて価格設定は22,000円前後と割安な一品です。

【公式サイト】24G4/11 23.8 IPS Gaming Monitor - AOC Monitor



AOC_24G4-11_02.jpg


AOC_24G4-11_03.jpg


AOC_24G4-11_04.jpg


AOC_24G4-11_05.jpg
(via facebook)


画面サイズ:23.8インチ、パネル:IPS、解像度:1920x1080、輝度:300 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI/DisplayPort、主な仕様は以上。高速のFast IPSパネル採用、リフレッシュレート180Hz、Adaptive-Sync対応、HDR10サポート、各ジャンルに適したプリセットが選択できるゲームモード、Dial Pointなどのゲーム機能、一通りの調整機能を備えたスタンド、G-Menuソフトウェア対応、などが特徴。

投稿されていたレポートによれば、旧世代と比べて色域・応答速度・HDRなどがアップグレートしている、エントリークラスとして見れば色域や色精度は悪くない、新デザインになって高性能スタンドを備えているのも良い、ソフトウェアも使いやすい、とのこと。実売価格は発売後にもう少しくらい安くなると思いますし、この内容なら旧世代の「24G2SPE/11」(AA)が安くなろうとこちらを買った方が絶対にいいと思いますね。