Antec、日本発売が決まった9,000円を切るピラーレスデザインのミニタワーPCケース『CX200M RGB Elite』

Antec_CX200M_RGB_Elite_01.jpg


2024年2月に発売されるAntecのPCケース「CX200M RGB Elite」。
Antec C8」に続くピラーレスデザインのPCケースで、こちらはMicroATX用のミニタワーサイズになっているモデル。電源~ストレージのボックス部がメッシュになっているタイプはThermaltakeの「View 270 TG ARGB」を先日取り上げましたが、日本ではこちらの方が先に発売されるようです。

【公式サイト】CX200M RGB ELITE / CX200M RGB ELITE WHITE - Antec



Antec_CX200M_RGB_Elite_02.jpg


Antec_CX200M_RGB_Elite_03.jpg


Antec_CX200M_RGB_Elite_04.jpg


Antec_CX200M_RGB_Elite_05.jpg


Antec_CX200M_RGB_Elite_06.jpg
(via facebook)


対応マザーボード:ATX/microATX/Mini-ITX、拡張スロット:4、ドライブベイ:2.5インチx2・3.5インチx2、水冷ラジエーター:最大240mm対応、ビデオカード:最大330mm対応、CPUクーラー:全高164mm対応、ファン:最大5基搭載可能、サイズ:幅210x高さ392x奥行き350mm、重量:4.43kg、強化ガラスパネルを採用したピラーレスデザイン、120mm fixed mode RGBファンx5基を標準搭載、トップ・ボトムに着脱式のダストフィルター搭載、工具不要のツールフリー構造、裏配線スペースを最大23mm確保、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在8,880円で予約受付中。コンパクトなミニタワーサイズゆえに拡張性はそこまで高いわけではなく、ピラーレスデザインでもマザーボードトレイ横にファンが付けられないなど他とは違った部分があり。でもミニタワーでピラーレスデザインは日本だとまだ数少ないタイプですし、120mm RGBファンを5基も搭載していて9,000円を切っているなら割安感があり。ファンは単品売りされていないのでコストは定かではないけれども1個1,000円くらいで考えるとコストパフォーマンスはすごそうですね。