『Anker Soundcore Space One』レビューチェック ~上位と同じ機能性で価格を抑えたBluetoothヘッドホン

Anker_Soundcore_Space_One_09.jpg


2023年10月に発売されたAnkerのヘッドホン「Soundcore Space One」。
Soundcore Space Q45」に続くBluetoothヘッドホンでこちらは価格的に下位となるモデル。ウルトラノイズキャンセリング2.0や5段階で調整できる外音取り込みモードなど機能性はSpace Q45と同等、音質面もLDAC対応&ハイレゾオーディオワイヤレス認定で結構良さげですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Soundcore Space One | ヘッドホンの製品情報 – Anker Japan 公式サイト

画像


Anker_Soundcore_Space_One_10.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_11.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_12.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_13.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_14.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_15.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_16.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_17.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_18.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_19.jpg


Anker_Soundcore_Space_One_20.jpg
(via facebook)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP
コーデック:LDAC/AAC/SBC
連続再生時間:最大55時間(通常)・最大35時間(LDAC/ANC使用)
充電時間:約2時間
ドライバー:40mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
インピーダンス:16Ω
インターフェイス:USB Type-C/AUX
重量:約265g


各所の反応


[1]
新作のSpace OneはQ35と同程度っぽいね
安い分ノイキャンがQ45より弱いのは仕方ないが音質はどうなんだろう
見た目は良い感じだけどケース無しか




[2]
ヘッドバンドがSpace Oneの方が快適そうに見えるよ
Q45は薄いからね




[3]
Space Oneは水色可愛いな
黒が締まるけど指紋つくし




[4]
Space One届いた
音が少しざらついてるけど使ってるうちにこなれそう
1万1千円なら十二分に満足できるレベル




[5]
AnkerのSpace One買ったけど
値段の割に音の広がりがすごく広い
遠くから音が聞こえたから外の音を拾ったのかと思ったら
実はヘッドホンで再生された音だったってことが少なくない
ノイキャンも価格の割に性能高いと思う




[6]
Space Oneどう?Q45の方が良い?



[7]
>>6
音だけでいえばQ45の方が数段上質な感じがする
Space Oneはやたら元気な音だけど解像度が悪くて小さな音が埋もれてしまう
あとANCもQ45の方が強い




[8]
Space One買ったが自分の耳だと想像以上に音が良くてびっくりした
外で使うのはこれでいいや




[9]
Space One買った
このスペックで1万円はコスパ良い
でもクッションは他のAnkerヘッドホンより薄いので
長時間の着用はちょっとキツイかも




[10]
Space OneのANCは
車のエンジン音や家電のファン音は激的に下がって
音楽は壁越しくらいの静かさになる感じ




[11]
AnkerのSoundcore Space Oneっての試聴してきたけど
ノイキャンちゃんと働くし音もめちゃめちゃ好みで一万ちょいなら良さげ




[12]
Soundcore Space Oneはドンシャリ傾向強めでQ35が上品に思える。
でもセールとクーポンが重なって9000円くらいで買えるならコスパすごいよ。




[13]
Ankerのヘッドフォン試聴してきたけどQ30とSpace Oneが良かったな。
Space Oneは低音と中音がメインになる感じ。
Q30はバランスがマジでいい。ボーカルも潰れないし低音との迫力もあるし。
音の味付けのクオリティはQ30が一番に感じたな。

でもAnkerはアプリ入れてEQいじってからが本番だろうし
一番新しいSpace Oneはそこで差が出るかもしれん。




[14]
Space Q45はあんまり好きな音じゃなかったけど
凝りもせずにSoundcore Space One続けて買った

音は低音強めで高音はやや弱い印象
ノイキャンはQ45より強いかもしれない
外音取り込みは設定を最適化すれば自然に聞き取れる

別にすごいと思う音じゃないけど機能と価格を考えるとコスパ良いと思う
数年使うつもりじゃなくて1年くらいで買い替えていくつもりならこれいいんじゃない




[15]
Soundcore Space One買った
Space Q45持ってたけど話の流れで友達にあげちゃったので
同じものを買うのもなんだかなーと思ってこっちを新調
ちな1MOREのSonoFlowも持ってる

音はSonoFlowが比較的無難なバランスのとれたサウンドなのに対して
Space Oneは低音がブーストされている感じで高音はやや物足りない
アプリで低音をさらに強調したらそっちの音が好きな人は満足いくはず
音の分離や空間の表現はSpace Oneの方が少し良い感じ
楽器の繊細な音はSonoFlowの方が良く聴こえる
アプリの出来はSoundcoreの方が良く作られている

10000円以内で買うならどちらもコストパフォーマンスは高いよ
個人的にはSpace Oneの方を気に入ってる






周囲の騒音レベルに応じて強度を自動で調整するウルトラノイズキャンセリング2.0、5段階で調整できる外音取り込みモード、AIノイズリダクション機能によるクリアな通話品質、約8度の角度調整が可能なイヤーパッド、クッション性の高いヘッドバンド、持ち運びしやすい折りたたみ構造、有線接続対応、マルチポイント対応、各モードやイコライザーなどの設定ができるSoundcoreアプリ対応、ハイレゾオーディオワイヤレス認定、ブラック・ホワイト・ブルーの3色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。Space Q45や過去の製品がバランスの良いサウンドなのに対してこれは低音が結構強めで高音は少し弱めのサウンド、アプリでカスタマイズするのが前提の音作りかもしれない、1MOREの「SonoFlow」(AA)と比べても低音が強調されたサウンドに感じる、ノイズキャンセリングは価格の割に高性能だと思うがSpace Q45には及ばない感じ、外音取り込みは合うものに調整すれば自然で聞き取りやすい、どの面も特段にすごいわけではないが音質・機能・価格の諸々を考えるとコストパフォーマンスは高いし満足、といった内容。

Space Q45と同じ機能性でも実用では少し劣るようで音質は良バランスではなく低音重視とのことですから、立ち位置どおり下位モデルという印象。でも通常価格で4,000円ほどの差がある・・・この価格帯でその差は大きいですし、少し劣る程度ならコストパフォーマンスの面で優位に映るでしょうか。音質もこの価格帯の購入層はこちらの方を好む人も多そうなので、決して上位モデルの当て馬ではなくこれはこれで良い選択肢になるでしょうね。「Soundcore Space One」の通常価格は10,990円、セールなどで安くなる時は9,000円台で販売されています。