『Anker Soundcore P40i』レビューチェック ~便利な機能が揃ったエントリー~ミドルクラスのANC完全ワイヤレスイヤホン

Anker_Soundcore_P40i_review_check_01.jpg


2024年4月に発売されたAnkerのイヤホン「Soundcore P40i」。
Soundcore Life P3」の後継機となる完全ワイヤレスイヤホンで、ウルトラノイズキャンセリング2.0搭載などを特徴とするエントリー~ミドルクラスのハイコスパモデル。バッテリーケースがスマホスタンドにもなるという独特なギミックもありますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Soundcore P40i | 日常使いに最適、高機能かつカラーも豊富 – Anker Japan 公式オンラインストア

画像


Anker_Soundcore_P40i_review_check_02.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_03.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_04.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_05.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_06.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_07.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_08.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_09.jpg


Anker_Soundcore_P40i_review_check_10.jpg
(via facebook)

製品仕様


通信規格:Bluetooth 5.3
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大10時間(ANC ON)・最大12時間(ANC OFF)
充電時間:約1時間
ドライバー:11mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
インピーダンス:14Ω
防水性能:IPX5
重量(イヤホン):約5g
重量(イヤホン+ケース):約58g


メディア・レビューサイト


Anker、7990円の“ウルトラノイキャン”対応イヤフォン - AV Watch

【Anker Soundcore P40iレビュー】1万円以下で音質もノイキャンもマルチポイントも揃った破壊神 - M天パ

Anker Soundcore P40i 簡易レビュー|Soundcore Life P3やLiberty 4 NC等と使い比べて違いをチェック - 僕は猫だった

Anker Soudcore P40i 比較レビュー|EarFun Air(Free) Pro 3やXiaomi Redmi Buds 5 Proとどれがおすすめ?Liberty 4やNCとの違いは? | カジェログ

Anker Soundcore P40iをレビュー!安価なのに全部入りのワイヤレスイヤホン | マクリン

Soudcore P40iをレビュー!実質6千円台で買えるイヤホンの中では最強だと思う件 - ボンビーのイヤホンブログ

Anker Soundcore P40i レビュー シリーズベストセラーイヤホンが更に大幅進化 - あらげのすすめ

ANKER SoundCore P40iレビュー|EarFun Air Pro 3と比較【発売日・価格は?】 | ガジェラッシュ

【Anker Soundcore P40i レビュー】ベストセラーの次世代モデル!アプリであらゆるカスタマイズが可能でカラバリ豊富な完全ワイヤレスイヤホン | ガジェルバ

【レビュー】Anker Soundcore P40iは7990円で買えるスマホスタンド付きワイヤレスイヤホン | monokoto68 STYLE

【レビュー】Anker Soundcore P40iはアンダー1万円の超コスパワイヤレスイヤホン! | でじまろブログ

【Anker Soundcore P40iの徹底レビュー】コスパ最高。デザイン・性能・価格のバランスが良い | まきまーの隠れ家

Anker Soundcore P40i レビュー。Life P後継モデルで狙う王座奪還 | spkNote -スピカ・ノート-



Life P3よりも約14%小さいコンパクトデザイン、独自のBassUp技術と11mm径ダイナミックドライバーにより深みのある低音と迫力のサウンドを実現、周囲の騒音レベルに応じて強度を自動調節するウルトラノイズキャンセリング2.0、6つのビームフォーミングマイクとAIによるクリアな音声通話、ゲームモード・ムービーモード搭載、マルチポイント対応、イコライザーやHearIDなどが利用できるSoundcoreアプリ対応、最大60時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のスマホスタンド付きバッテリーケース、合計4色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、音の傾向は刺激的なドンシャリサウンドで低音も高音も強調されている感じ、その強調された音が苦手な場合はアプリでいい感じに調整できるかも(アプリの出来はなかなか良い)、ムービーモード=空間オーディオだが音の違和感が半端なくて微妙、ノイズキャンセリングは同価格帯の中だと強力な方で先代より確実に進化している、外音取り込みは少しノイズが入るがジ実用十分、装着感は先代から小型化された事もあって軽快でよくフィットする、ケースのスマホスタンドは何気に便利、気になる点はあるが大きな欠点はない、コストパフォーマンスはかなり高くて豊富かつ優秀な機能性が特にそう思わせる、といった内容。

各所の反応


[1]
soundcore Liberty Air2からsoundcore P40iに買い替え
本体が小さくなったのはGood
ノイキャンやマイクの性能はP40iが上




[2]
Soundcore P40i
音質は悪くないしノイキャンは結構頑張ってる
ゲームモードで遅延は減る
タッチ操作のカスタマイズは割と豊富
イヤホンもケースも可愛いサイズ
普段使いなら十分




[3]
Soundcore P40i買った
色がかわいいのとスタンドになるところが好き
音質とかノイキャンは安定のSoundcoreって感じ
マルチポイント対応は初めてだけど便利だ




[4]
Soundcore P40i入手
Liberty Air 2と比べるとだいぶ小さくなった感じ

音の傾向はドンシャリで音質自体はLiberty Air 2 の方が上というか好み
アプリのカスタマイズでうまく調整できればまた評価も変わりそう

ノイキャンの効きは中の上って感じ
価格を考えたらすごく良い
耳に合うイヤーピースにすれば効果はさらに高まる
再生時間は公称どおり長くて素晴らしい




[5]
soundcore P40i届いた
低音がズンズンきて良い感じの音
ノイキャンは上位クラスに及ばないけど必要十分だった
さらに上を求めるならLiberty4 NCを選ぶべき
ケースのスタンドは寝て見る時に地味に便利
コスパ良いよ




[6]
Soundcore P40i買ったけどLiberty4シリーズの廉価版みたいな感じだね
バッテリー駆動時がめっちゃ長いのとスマホスタンドになる機能は確かに便利




[7]
Soundcore P40iはSoundcore Life P3の進化版
音質もノイキャンもさほどこだわりないならこれで十分かも




[8]
Soundcore P40iの音質は価格なりだと思ったけど
ワイヤレス充電・マルチポイント・スマホスタンドなど機能性は高い
イヤホンをiPhoneとiPadで使いたかったのでマルチポイントはほんと便利




[9]
SoundCore P40i買ってみたけど言われてるとおりLife P3の後継機だった
音はダイナミックな低音とクリアな高音それとボーカルが前に出てくる感じが良い
バッテリーもめちゃくちゃ持つ
スマホスタンドは安定して置けて普通に使える
アプリとかマルチポイントとか機能面は大体揃ってる
Liberty 4系には劣るけどTWSに10000円以上出したくない人には打ってつけ






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。イヤホン本体は先代やLibertyシリーズに比べたらだいぶ小さい、音質は低音がズンズンくるドンシャリサウンドで万人向けだが価格なりとも言える、ノイズキャンセリングは結構頑張っていると思う性能で価格を考えると上出来、再生時間は公称どおり結構持つ、マルチポイントやケースのスマホスタンドはいざ使ってみると結構便利、ワイヤレス充電が付いてるしアプリも色々できるし機能性は高い、「Soundcore Liberty 4 NC」(AD)などの上位クラスにはさすがに敵わないがお金をあまりかけたくない人にはベストなチョイスになり得る、といった内容。

「Soundcore P40i」は現在8,000円弱の価格で販売中。同価格帯には「EarFun Air Pro 3」(AD)というロングセラーモデルが存在していて今でも人気が高く、実際にそれと比較した人の評価を見ると本当に一長一短でどちらが良いかはどこを重視するかで違いそう。1点だけ明確にこちらが優位と言えるのは新しさでしょうか。EarFun Air Pro 3は1年以上前の製品なのに対してこちらは少し前に出た新製品、完全ワイヤレスイヤホンの刷新や進化は相変わらず速いのでどこかしらに年月の差が出るのではないかと。コスパ云々に関しては割引き適用が前提で語られているところもありましたから、セールやクーポン発行の時に狙ってナンボの感もありますね。