Anker、日本発売が決まったケースも多機能なウルトラノイズキャンセリング2.0搭載の完全ワイヤレスイヤホン『Soundcore P40i』

Anker_Soundcore_P40i_release_01.jpg


2024年4月に発売されたAnkerのイヤホン「Soundcore P40i」。
2021年に発売された「Soundcore Life P3」の後継機となる完全ワイヤレスイヤホンで、「Soundcore Space A40」と同じくウルトラノイズキャンセリング2.0を搭載、さらにバッテリケースがスマホスタンドになるなど見どころが多いモデル。海外では2月ごろに見かけていたものですが日本発売が決まったようです。

【公式サイト】Soundcore P40i | 完全ワイヤレスイヤホンの製品情報 – Anker Japan 公式サイト



Anker_Soundcore_P40i_release_02.jpg


Anker_Soundcore_P40i_release_03.jpg


Anker_Soundcore_P40i_release_04.jpg


Anker_Soundcore_P40i_release_05.jpg


Anker_Soundcore_P40i_release_06.jpg
(via Amazon)


通信規格:Bluetooth 5.3、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:最大12時間、防水性能:IPX5、Life P3よりも約14%小さいコンパクトデザイン、独自のBassUp技術と11mm径ダイナミックドライバーにより深みのある低音と迫力のサウンドを実現、周囲の騒音レベルに応じて強度を自動調節するウルトラノイズキャンセリング2.0、6つのビームフォーミングマイクとAIによるクリアな音声通話、ゲームモード・ムービーモード搭載、マルチポイント対応、イコライザーやHearIDなどが利用できるSoundcoreアプリ対応、最大60時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のスマホスタンド付きバッテリーケース、合計4色、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在8,000円弱で販売中。ちなみに北米では69.99ドルの価格設定になっていますから随分と割安な印象。ウルトラノイズキャンセリング2.0に関しては他の製品だとそれなりに効くけれども上位シリーズのANCには及ばないと評されていたので、性能は価格相応くらいに思っておいた方がいいかと。BassUp技術&11mm径ダイナミックドライバーは先代と同じですから音質に大きな変化はない可能性も。とはいえアプリなど色々と最新仕様になっていてケースがスマホスタンドになるのも面白いですし、この内容で上記の価格なら魅力的ですね。

【関連記事】『Anker Soundcore P40i』レビューチェック ~便利な機能が揃ったエントリー~ミドルクラスのANC完全ワイヤレスイヤホン