『Anker Soundcore Motion X500』レビューチェック ~上位とは色々と異なるスクエア型のポータブルBluetoothスピーカー

Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_01.jpg


2023年12月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Motion X500」。
Soundcore Motion X600」と同じ系統でこちらが下位モデルとなるポータブルBluetoothスピーカー。ハンドル付きのメタリックデザインは上位と共通ですがこちらはスクエア型といえる形、でも小型というわけではなく高さはむしろ上位よりあってドライバー構成も異なりますが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Soundcore Motion X500 | Bluetoothスピーカーの製品情報 – Anker Japan 公式サイト

画像


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_02.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_03.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_04.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_05.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_06.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_07.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_08.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_09.jpg


Anker_Soundcore_Motion_X500_review_check_10.jpg
(via Youtube)

製品仕様


通信規格:Bluetooth 5.3
コーデック:SBC/LDAC/MPEG2 AAC LC
出力:40W
連続再生時間:最大12時間
ドライバー:フルレンジx3
再生周波数帯域:50Hz - 40kHz
インターフェイス:USB Type-C
防水性能:IPX7
サイズ:190x81x228mm
重量:1682g


メディア・レビューサイト


Anker、LDAC対応Bluetoothスピーカー3種。空間オーディオ対応機も - AV Watch

Anker Soundcore Motion X500 review - SoundGuys

Soundcore Motion X500 Review – Cheaper Much More Bass vs Motion X600 Portable Bluetooth Speaker - Mighty Gadget

Soundcore Motion X500 - The Rapid Review - Rapid Reviews UK

Anker Soundcore Motion X500 Review: A One Dimensional Spatial Speaker

Soundcore Motion X500 Review: Affordable, portable spatial audio | iMore

Soundcore Motion X500 Review Handbag Style Speaker | Gadget Explained Reviews Gadgets



独自の空間オーディオアルゴリズムと3つのドライバーにより空間全体を包み込むような立体音響を実現、15Wフルレンジドライバーx2を正面に10Wフルレンジドライバーx1を上部に搭載、LDAC対応&ハイレゾオーディオワイヤレス認証、3つの音質モード搭載、細やかな音質調整を可能にするProイコライザー機能、2台同時ペアリング対応、3Dメタルメッシュ・ハンドル一体型・IPX7防水のエレガントデザイン、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は海外に数名いましたが、音質は音質モードや空間オーディオの設定次第で結構違ってくる、音自体は低音に重点を置いている感じで迫力あるが設定によっては中高音が荒々しくも感じる、上位のX600は洗練されたバランスの良いサウンドだったのに対してX500は少し過剰に思えるほど低音寄りのサウンド、実動の再生時間は室内で普通に使うなら10時間以上は持つ、上位のX600よりは持ち運びしやすい、といった内容。

いつもならこの後に各所のコメントを参考・・・といきたかったのですが、残念ながら全然見かけなくてまとめられず。X600の小型版というわけではなく縦はむしろこちらの方が大きい、ドライバー構成はX600の方がいいし比較動画で聴き比べてもX600の方が高音質に思える、発売時はX600と価格設定が同じだった(今はX600が値上がりしている)、反響がイマイチな要因はそのあたりでしょうか。自分はX600を持っているので個人的な意見を少し述べると、スクエア型のデザインがよっぽど好きか大幅に値下がるような事でもなければこちらを選ぶメリットはないかなと。現状ではX600の当て馬的な存在になってしまっている気もしますね。「Soundcore Motion X500」は現在17,000円前後の価格で販売されています。