『Anker Soundcore AeroFit Pro』 レビューチェック ~ネックバンドが付属した上位モデルのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン

Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_08.jpg


2023年11月に発売されたAnkerのイヤホン「Soundcore AeroFit Pro」。
Soundcore AeroFit」と共に登場した自身初となるオープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンで、こちらは深い重低音を実現した16.2mm大口径ドライバーやヘッドトラッキング対応3Dオーディオそれに着脱可能なネックバンド付属を特徴としている上位モデル。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Soundcore AeroFit Pro | オープンイヤーイヤホンの製品情報 – Anker Japan 公式サイト


画像


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_09.jpg


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_10.jpg


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_11.jpg


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_12.jpg


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_13.jpg


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_14.jpg


Anker_Soundcore_AeroFit_Pro_15.jpg
(via weibo)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大14時間
充電時間:約1時間
ドライバー:16.2mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
防水性能:IPX5
重量(イヤホン):約12.2g
重量(イヤホン+ケース):約88.7g


各所の反応


[1]
Ankerから耳をふさがないイヤフォン「AeroFit/AeroFit Pro」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1543905.html




[2]
ARC2とAeroFit Proの比較動画あがってたので見たけど
ARC2は高音系で広がりが感じられる
AeroFit Proは中低音もバランス良く出ていて深みが感じられる
音漏れ・通話・バッテリーはAeroFit Proが性能良さそう




[3]
中国のやつはLDAC対応で期待してたんだけど
日本のやつは記載してないから別物?




[4]
>>3
自分は正直コーデックはあんま気にしてなかったりする




[5]
AeroFit/AeroFit Proは14mm/16.2mmとドライバー径に差があるね
ゲーミングモードはなさそうで残念




[6]
AeroFit Pro
数日使ってみたけど中音域がモコっとしてる感があるな
音作りもつけ心地もShokz OpenFitの方がいいしバランス取れてる
ただ他の機種よりアプリのイコライザーで音がかなり変わるから
自分のスイートスポット見つけたら良くなるかも

あと3Dオーディオなかなかよく出来てて面白い
でもヘッドトラッキングはスイープじゃなくてステップで角度によって変わるから
いまいちなんでファームウェアでアップデート期待




[7]
>>6
AeroFitはProもモコモコしてたか
無印だともっとモコモコしてそう




[8]
>>7
モコモコはイコライザーいじると解消できるよ
でもそうすると今度はなんか厚みがなくなっちゃうんで
自分のスイートスポット探し中




[9]
AeroFit Pro
アプリでは標準モードとイコライザーモードがあって
イコライザーモードにすると回路が切り替わるのか何かあっさり系の音になるな
だからアプリじゃなくてスマホ本体のイコライザーいじっている




[10]
AeroFit Proは耳痛くなるんだけと、同じような形の商品でも差がある?
つけ心地はOpenfitが一番評判良いような気がするけどどうなんだろ




[11]
>>10
耳掛けはものによってだいぶ違うし個人差が激しい
Openfitは合うなら軽いし挟まないのにずれないしで装着感トップクラスだと思う
合わない人もいるんで断言できないが




[12]
個人的にはOpenFitよりAeroFit Proの方がカチッとハマるよ
動作もタッチじゃなくて上面に付いてる物理ボタンだから干渉しない




[13]
AeroFit Pro買ってきた
最近OWS2買ったばかりなんだけど再生時間とサイズが良いなと思って買ってみた
どちらも1日中使えるから再生時間の差に関しては気にする必要なし

音に関してはどちらも癖がなくフラットでOWS2の方が若干低音出てるかなって感じ
オープンイヤーだから外の音が聞こえるのが大前提なんだけど
AeroFit Proの方が耳穴にかかる範囲が広いせいか
再生中だと外部の小さい音が聞き取りにくい感じがした

EQについてはOWS2の方が個人的には圧勝
AeroFit ProのEQは少し動かしただけで極端に鳴り方が変わるし
何故か低音が弱くなるからデフォで聴くのがベター

OWS2はつけた状態で仰向けになったりすると落っこちちゃうけど
AeroFit Proはそれが無いのが良い

OWS2を買う前にAeroFit Proの方の存在を知ってたらOWS2は買わなかったと思う




[14]
AeroFit Pro届いた
Proで音相当良いらしいけどこれで良いなら無印は・・・
ドンシャリ感はやっぱあるし低音も言うほど強くないしオープンイヤー型の限界か
でも一番の懸念だった付け心地はとても良い
一日中付けてられる、電池持ちも良い、いい買い物した




[15]
AeroFit Proは開放型のくせに低音がズッシリしてていい意味で裏切られたよ
音の関してはカナル型の方が確実にアドバンテージあるんだから比べちゃいかんよ
マルチポイントにも対応して死角ない




[16]
Linkbuds持っててAeroFit Proも買った
機能面はアダプティブサウンドコントロールとかあるLinkbudsの圧勝
音質はイコライザーいじれば大差ない
電池持ちは圧倒的にAeroFit Pro
何時間も連続して使う人はAeroFit Proの方を買うべき




[17]
AeroFit Proいいぞ
耳にフィットして耳に負担は無いしジョギングしても落ちない
音漏れも外なら心配なし
ただメガネかけてる人はキツいかもしれない




[18]
AeroFit Pro
低音寄りで少し硬い音だけど結構いいかも
オープンイヤーだから聴きながら周辺の環境音もしっかり聞こえるのがいね
遅延は許せる範囲
装着はメガネと一緒だと少し耳が痛くなるかも




[19]
AeroFit Pro届いたので家での普段使いやランニングで使ってみたけど
着け心地は楽だしネックバンドで安定するし良い買い物した
けどデフォルトの音質は低音ばかり強調して高音の抜けがこもっててイマイチ
でもイコライザー調整で好みになったので不満なし






耳を塞がないオープンイヤー型、TPU素材と高いチタン合金ワイヤーを使用したイヤーフックデザイン、サウンドに指向性を持たせる技術の搭載で音漏れを防止、チタンコーティング振動板を採用した16.2mm径ダイナミックドライバー、より現実に近い広がりのある音楽体験を提供する3Dオーディオ機能、計4基のマイクとAIノイズリダクションによるクリアな通話品質、マルチポイント対応、イコライザー設定などが利用できるSoundcoreアプリ対応、着脱式のネックバンド付属、最大46時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ホワイト・グレイッシュブルー・ピンクの計4色(ブルー・ピンクは2024年予定)、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質はオープンイヤー型にしては低音強めだがモコモコしている感じで音の抜けは良くない、イコライザーを使えば音質がかなり変わるので設定次第で好みの音になるかもしれない、3Dオーディオの聴こえ方は面白い、再生時間の長さは大きな強み、装着感の良し悪しは個人差が結構ありそうでメガネの併用はキツいかも、装着感に関しては「Shokz OpenFit」(AA)と比べても合う合わないが人によって分かれそう、こちらが先に出ていたら「Oladance OWS2」(AA)は買わなかった、といった内容。

LDAC対応に関しては米国や中国の製品情報だと明記してあるのですが日本の製品情報は一切触れておらず、日本だけ違うものなのか他国の情報が誤記なのかは不明。製品自体は耳に合うか合わないかで評価が分かれそうな印象、でもこれに限らずオープンイヤー型は大体そうなのでそこをはっきりさせるには実際に試すしかないでしょうか。ネックバンドは別になくてもいいと思う人が多そうというか防水性能が高い下位モデルの方が活用できるものでは?と思ったり。1点だけ確実に強いと言えるのは再生時間、これほど長いものはまだ他に知りませんから1日中使うような人はそこが決め手になるかもしれませんね。「Soundcore AeroFit Pro」は現在23,000円前後の価格で販売されています。