ANIMA 『ANW02』 レビューチェック ~音質がさらに進化したAcoustuneサブブランド第2作目の完全ワイヤレスイヤホン

ANIMA_ANW02_01.jpg


2023年7月に発売されたANIMAのイヤホン「ANW02」。
ANW01」以来となるAcoustuneサブブランド第2作目の完全ワイヤレスイヤホン。今作もAcoustune監修の設計やTAKU INOUE氏によるサウンドチューニングそれにAdvent Voice機能を特徴としていますが、2年ぶりの新作という事もあって音質をはじめ色々と進化している模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】ANW02 | ANIMA

画像


ANIMA_ANW02_02.jpg


ANIMA_ANW02_03.jpg


ANIMA_ANW02_04.jpg


ANIMA_ANW02_05.jpg


ANIMA_ANW02_06.jpg


ANIMA_ANW02_07.jpg


ANIMA_ANW02_08.jpg


ANIMA_ANW02_09.jpg


ANIMA_ANW02_10.jpg
(via hardoff)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP/SPP
コーデック: aptX Lossless/aptX Adaptive/aptX/AAC/SBC/LC3
連続再生時間:約14時間(aptX接続)
連続通話時間:約9時間
充電時間:約1時間
ドライバー:10mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 40,000Hz
インピーダンス:32Ω
防水性能:IP56
重量(イヤホン):約9g
重量(ケース):約40g


各所の反応


[1]
ANIMA、“音質特化”完全ワイヤレス。LE Audio対応
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1514813.html




[2]
ANW02来たか、にしても形がすごいな
あとANW01と比べて高いね




[3]
高くなったけど色々バージョンアップしてそう
新しい規格使ってるのもANW01と同じようにシステムボイス使っているのもいいね




[4]
ANW02
前作と比べて1.5倍くらい本体がゴツくなったな
ANC搭載してればまぁ納得の大きさだけど搭載してないんだよな




[5]
ANIMAのANW02見てきた
見た目は確かにゴツイがカッコいいしブラックの色合いは特に良い
フィット感は想像以上に良くて自分の中では今までで一番かも
音も一聴して満足のいく出来で発売後に買う予定




[6]
ANW02試聴したけど音質はANW01より明らかに良くなってる



[7]
>>6
ANW01が2年くらい前の製品だから当然と言えば当然だけど
確かに良くなっているね、はるかに良いと言えるくらい
イノタク曲を聴きたきゃこれで完結すると思うよ




[8]
ANW02は音質面がかなり進化してたし
なにより普通のイヤピースが使えるようになったのが大きい




[9]
ANW02聴いたけど正統進化してる
特に低域の表現が好印象
個人的にはAZ80より好きかもしれん




[10]
ANW02の音は確かに良かったけど
外音取込みの質は相変わらず微妙だった
それとノイキャン付いてないのでスルーした




[11]
ANW02
試聴してまず思ったのはかなりゴツくなったのに装着感は圧倒的に良い。
そしてANW01でも良かった音が更に良くなった、奥行きが広がった感じ。
立体感がある感じとも言える。




[12]
ANW02はAcoustuneらしさを感じる音で
音場の広さとキレの良い中高域が特に良い
アニソンとかボカロの曲を聴く人なら本命視していい
あと装着感も言われてるとおり良い




[13]
ANW02届いた
ANC無いけど装着感良くて遮音性高いからなくても運用できそう
音は定位がはっきりわかるのに驚いた
ぼざろの曲をよく聴くけどギター同士の音がしっかり分離して聴こえる




[14]
ANW02を1日使ってみた
室内で聴いてたけど綺麗に鳴ってると思う
高域は鋭くて硬め
低域はタイトだけど必要十分な感じ
音場は少し狭めかな
ボーカルは前に出ている印象

イヤピはTWS用じゃなくて普通のやつが使えるようになったのは良き
まだ最適なものは見つかってないけど手持ちのものを色々試せる

それから外に出て使ってみたけど電車内だと騒音に弱い
遮音性は悪くないけど騒々しい場所ではちょっと使う気になれないかな
外音取り込みは店のレジで会話するくらいなら使えるけど
なんというか黎明期みたいな性能で微妙だと言われていたのも納得




[15]
ANW02の外音取り込みは地鳴りのようなノイズが凄くて
さすがにこれは仕様じゃなくて不具合だよな?と思ったけど
人の評価を見るに仕様っぽいのか・・・所持している中ではぶっちぎりで最低の出来だわ




[16]
同じくANW02届いたけど元気な音が出るね
音質は満足だし装着感もいいけど機能面はもう少し頑張ってほしかった




[17]
ANW02箱出しだと音がちょっと硬いかな
エージングした方がいいかも

中高音は少し癖があってAcoustuneらしいとも言える
低音はタイトで量感はあまりない
音場は狭いと言ってる人いたけど広い方じゃないかな
縦に広いという感じ
ボーカル重視の人には刺さる音だとも思う




[18]
ANW02聴いた
音は抜群にいいしデカいけどフィット感もかなりいい
自分の耳には本当に合っていて遮音もかなり高いのでノイキャン無しでも気にならない

短所は外音取り込みが初代と同様に微妙
あと接続がもたつく事があるのも初代と変わらず
なんというか良いところも悪いところも継承して進化させた感じ






Acoustuneによる設計・音響設計、TAKU INOUE氏の監修によるサウンドチューニング&3種類のチューニングパターンを設定可能、新開発のEl-CoClear振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、独自のデジタル信号処理「S.A.L.T.」を採用、フィッティングの最適化を目的に設計されたイヤーシェル、周囲の音を取り込む​外音取り込み機能、Snapdragon Sound対応、マルチポイント対応、音声ガイダンスの載せ替えができるAdvent Voice機能、スマートフォンアプリ・ANIMA Studio、最大42時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、ブラック・グレーの2色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は前作よりさらに良くなって進化を感じる、中高音はAcoustuneらしくキレの良さが目立つ、低音はタイトで量感は少ないが必要十分、音場の広さ・音の分離・ボーカルの表現も素晴らしい、イヤホン本体はゴツくなったが装着感はかなり良くて遮音性も高い、イヤーピースがTWS用だけでなく普通のタイプも使えるようになった(ケースに収納できる)のも良い、外音取り込み機能の出来はかなり微妙で一番の欠点、使用環境によっては接続の不安定さが気になるかも、前作の良いところも悪いところも継承して正統進化している、といった内容。

前作はオタク向けの要素が強くて逆にそれで損をしているような印象も受けましたが、今作はパッケージなどその要素を薄めてきた感があり。そして非常に良い音だと評されていた前作からさらに進化しているようで、音質は相当期待できそうな感もあり。一方で外音取り込み機能は酷評されていて接続の途切れを気にする人も少なからずいて、そのあたりは妥協が必要になりそう。あと、価格が前作の2倍に跳ね上がっていますから、音が良くても相応の満足感が得られるかは人によって違ってくるかもしれませんね。「ANW02」は現在30,000円前後の価格で販売されています。