Angry Miao、LEDディスプレイを搭載したサイバーパンクなメカニカルキーボード『CYBERBOARD』

Angry_Miao_CYBERBOARD_01.jpg


海外で見かけたAngry Miaoのキーボード「CYBERBOARD」。
香港の新興プロジェクトチームがクラウドファンディングサイトのIndiegogoで出資を募っているメカニカルキーボード。独特なフレームの背面にカスタマイズ可能なLEDディスプレイを搭載しているという風変わりな一品です。

Angry Miao
https://www.angrymiao.com/





Angry_Miao_CYBERBOARD_02.jpg


Angry_Miao_CYBERBOARD_03.jpg


Angry_Miao_CYBERBOARD_04.jpg


Angry_Miao_CYBERBOARD_05.jpg


Angry_Miao_CYBERBOARD_06.jpg


Angry_Miao_CYBERBOARD_07.jpg


Angry_Miao_CYBERBOARD_08.jpg
(via weibo)

75%レイアウトの英語配列、CNC加工されたアルミニウム合金製のフレーム、Cybertruckインスパイアのフレームデザイン、キースイッチが着脱可能なホットスワップPCB採用、Bluetooth 5.0でのワイヤレス接続対応、ソフトウェアでカスタマイズ可能な計200個のLEDディスプレイ、サイズ:幅340.5x奥行き181x高さ42.2㎜、重量:2.4kg、主な仕様・特徴は以上。Indiegogoでは合計5色のラインナップになっており、そこでの価格は約43,000円(ホワイトのみ約52,000円)。

プロトタイプと思われる実機が公開されていましたが感想を一言申すなら、クラウドファンディングらしい遊び心のあるメカニカルキーボードだなと。高額だけに出資する人は少数かと思いきや目標金額は既に達成していて、5色のうち3色は完売していたりと反響は想像以上でちょっと驚き。公式サイトを開設していて今後も進展がありそうですし、この流れだと市販化の可能性もありそうですね。