Alldocube、早くも登場した10.1インチ/Android 10.0タブレットの強化モデル『iPlay 20 Pro』

Alldocube_iPlay_20_Pro_01.jpg


海外で見かけたAlldocubeのタブレット「iPlay 20 Pro」。
同社のタブレットといえば「iPlay10 Pro」とその後継機にあたる「iPlay 20」を先日取り上げましたが、後者の強化版となるProモデルが拠点の中国で発表された模様。通常モデルとの主な違いはメモリとストレージが増加しているところです。

酷比魔方 iPlay 20 Pro - 酷比魔方官网
https://www.51cube.com/android/iplay20pro/





Alldocube_iPlay_20_Pro_02.jpg


Alldocube_iPlay_20_Pro_03.jpg


Alldocube_iPlay_20_Pro_04.jpg


Alldocube_iPlay_20_Pro_05.jpg


Alldocube_iPlay_20_Pro_06.jpg


Alldocube_iPlay_20_Pro_07.jpg


Alldocube_iPlay_20_Pro_08.jpg
(via zol.com)

10.1インチ/1920x1200のフルHD IPSディスプレイ採用、Unisoc SC9863AのCPU採用、Corning Gorilla Glass採用、フルラミネーション加工、耐指紋性撥油コーティング、金属製ボディ、4G LTE対応&VoLTEサポート、デュアルステレオスピーカー搭載、GPS・FMラジオ内蔵、最大512GB対応のTFカードスロット、6000mAhのバッテリー搭載、といった点は通常モデルと共通で違いは前述のとおりメモリとストレージ。

Proモデルの方はメモリ:6GB・ストレージ:128GBと申し分ない容量に強化されており、それ以外は特定のアプリ(おそらく中国向け)に対応しているとの記載あり。価格は現時点の実売状況だと通常モデルより1.5割ほど高い設定。通常モデルの4GB/64GBでも十分に思えますが多いに越したことはないですし、6GB/128GBもあれば不満を言う人はいないでしょうね。




ALLDOCUBE
売り上げランキング:149