Akko、新デザインになった”Tokyo”メカニカルキーボード『3108 Akko World Tour – Tokyo R2』

Akko_World_Tour_Tokyo_R2_01.jpg


海外で発表があったAkkoのキーボード「3108 Akko World Tour – Tokyo R2」。
3108 V2 Tokyo」など同社の製品でおそらく一番売れているWorld Tourシリーズの”Tokyo”メカニカルキーボード、その後継機とも言えるR2モデルがリリースされる模様。ベースのキーボードは変わっていませんが新デザインになっています。

3108 Akko World Tour – Tokyo东京 R2 | Akko艾酷官方网站
https://www.akkogear.com/keyboards/6327.html





Akko_World_Tour_Tokyo_R2_02.jpg


Akko_World_Tour_Tokyo_R2_03.jpg


Akko_World_Tour_Tokyo_R2_04.jpg


Akko_World_Tour_Tokyo_R2_05.jpg


Akko_World_Tour_Tokyo_R2_06.jpg


Akko_World_Tour_Tokyo_R2_07.jpg


Akko_World_Tour_Tokyo_R2_08.jpg


キーボード自体は前作同様にフルサイズの3108 V2がベースになっているので、変更点はキーキャップのデザイン。そのデザインは日本/東京の要素を可能な限り詰め込んだ感じでアイコンのイラストだけでも計18種、他にもF1~12のうち8キーに山手線の駅名が入っていたりと本当にてんこ盛り。また、自作系の間ではおなじみ英語配列でかな文字が入った刻印も採用していて、海外の人にウケそうな印象。発売は5月下旬を予定しているとのこと。公式サイトに製品情報は今のところフルサイズのモデルしか掲載されていませんが、前作のラインナップから考えてテンキーレス・75%・65%のモデルも後から出る可能性は高いのではないかと。それと同デザインと言えるパームレストと超大型マウスパッドも合わせてリリースされるようです。




AKKO
売り上げランキング:887