AJAZZ、右側に4.95インチのLCDキーパッドを搭載した75%レイアウトの薄型メカニカルキーボード『AKP815』

AJAZZ_AKP815_01.jpg


海外で見かけたAJAZZのキーボード「AKP815」。
コンテンツコントローラーの「AKP153」を出すなど新たな製品展開を見せているAJAZZですが、今度はLCDキーパッドを搭載したメカニカルキーボードを発表。キーボード自体は75%レイアウトでLCDキーパッドは4.95インチのディスプレイになっています。

【公式ストア】黑爵AKP815矮轴机械键盘有线RGB光81键触屏可视化编程自定义驱动-tmall.com天猫



AJAZZ_AKP815_02.jpg


AJAZZ_AKP815_03.jpg


AJAZZ_AKP815_04.jpg


AJAZZ_AKP815_05.jpg


AJAZZ_AKP815_06.jpg



81キーの75%レイアウト、ロープロファイルスイッチ採用(赤軸・茶軸)、薄型キーキャップ採用、RGBバックライト搭載、ガスケットマウント採用、テンキー・電卓・ショートカットキー(計15個)・PCステータスモニターなどの使い方ができる4.95インチのLCDキーパッド搭載、サイズ:幅401x奥行き138x高さ26mm、重量:約900g、主な仕様・特徴は以上。価格は中国の公式ストアだと現在399人民元(約8,300円)。

ちなみにAJAZZはプロトタイプ(関連記事)を2021年に公開していましたが、姿をガラリと変えて製品化できる形に仕上げたのがこれという事になるでしょうか。この手のギミックを備えたキーボードはRazerが出していたので世界初ではなく、しかしそれは10年以上前の話ですから今になって該当する製品が出てきたのは驚き。そして今の流れならこれっきりではなく別の形で新しいものを出してきそうな気もします。