AJAZZ、格安で軽量だけれども主要パーツは廉価なワイヤレスゲーミングマウス『AJ099』

AJAZZ_AJ099_01.jpg


海外で見かけたAJAZZのマウス「AJ099」。
AJ199 4K」など低価格で軽量かつハイスペックのワイヤレスゲーミングマウスをこれまで3つくらい出している中華系のAJAZZですが、次なる新製品は現ラインナップのエントリークラスと言える新型モデル。重量は約56gで同社の中では最軽量、でもセンサーやスイッチは廉価なものを使っています。

【公式ストア】黑爵(AJAZZ)AJ099中手有线/无线2.4双模游戏鼠标 原相PAW3311 约56g



AJAZZ_AJ099_02.jpg


AJAZZ_AJ099_03.jpg


AJAZZ_AJ099_04.jpg


AJAZZ_AJ099_05.jpg


AJAZZ_AJ099_06.jpg


AJAZZ_AJ099_07.jpg
(via bilibili)

裏面に蝶をモチーフにしたプラパーツを使用するなど軽量を実現したソリッドシェル、PixArt PAW3311センサー採用(12000DPI)、耐久性2000万回のマイクロスイッチ採用、500mAhバッテリー内蔵(電池寿命:最大40時間)、2.4GHz/USB Type-Cのデュアルモード接続、ブラック・ホワイトの2色、サイズ:幅64.5x奥行き119.9x高さ38.3mm、重量:約56g、主な仕様・特徴は以上。価格は中国の公式ストアだと現在99人民元(約2,000円)。

PAW3311センサーはASUSの「TUF Gaming M4 Wireless」(AA)など大手の製品でも使われていますし価格を考えると全然ありだとも思いますが、中華系のワイヤレスゲーミングマウスはPAW3395センサーなどグレードが高い主要パーツを当たり前のように使っているので、下手に妥協しなくてもいいんじゃないかなとも思ったり。それと中華系の間では某社の製品を彷彿とさせる背面のデザインが最近増えましたね。

【関連記事】『AJAZZ AJ099』 画像など ~3,000円以下で売っている約56gのワイヤレスゲーミングマウス