AJAZZ、隙間にLCDディスプレイを搭載した98%レイアウトのメカニカルキーボード『AC100』

AJAZZ_AC100_01.jpg


海外で見かけたAJAZZのキーボード「AC100」。
AKP153」「AKP815」と最近はLCDを使った製品を次々に出しているAJAZZですが、これもそれに該当する98%レイアウトのメカニカルキーボード。どこに搭載しているかはご覧のとおりF12キーの右隣で、隙間を埋めるのが目的かとも思わせるような小さいサイズです。

【公式ストア】黑爵·轻氪黑爵轻氪AC100铝合金机械键盘Gasket结构98配列



AJAZZ_AC100_02.jpg


AJAZZ_AC100_03.jpg


AJAZZ_AC100_04.jpg


AJAZZ_AC100_05.jpg


AJAZZ_AC100_06.jpg
(via smzdm)


98%レイアウト、Kailh BOX Butter Ice Creamスイッチ採用、PBTキーキャップ採用、RGBバックライト搭載、ホットスワップ対応、ガスケットマウント採用、5層の消音パッド内蔵、LCDディスプレイ搭載、2.4GHz/Bluetooth/USB-Cのトライモード接続、4000mAhバッテリー内蔵、ブルー・ブラウンの3色、主な仕様・特徴は以上。このシリーズは合計7ラインナップあって今回取り上げているのは最上位のモデルになる模様。

価格は中国の公式ストアだと現在549人民元(約11,000円)。LCDディスプレイに関しては専用ソフトウェアにて設定が可能で、カレンダー・時計・バッテリー残量やアニメーションGIFなどが表示できる模様。あくまでも付加機能という印象で一部のキーを省いてまで載せるほどの価値があるのかは何とも言えませんが、AJAZZはLCDを今後のウリにしていきそうな予感をさせるものでしょうか。LCDの方がメインかと思わせるようなものを出してくるかもしれませんね。