『ag COTSUBU MK2』レビューチェック ~小型サイズそのままに音質と使い勝手が向上した第2世代の完全ワイヤレスイヤホン

ag_COTSUBU_MK2_review_check_01.jpg


2024年3月に発売されたagのイヤホン「COTSUBU MK2」。
2021年に発売された「COTSUBU」の後継機となるシリーズ第2世代の完全ワイヤレスイヤホン。軽量コンパクトサイズはそのままに音の透明感がアップしたと謳っており、タッチ操作無効モードを新たに搭載するなど使い勝手も向上しているようですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】COTSUBU MK2 | ag - ”ちょうどいい”ワイヤレスイヤホン|final 公式ストア

画像


ag_COTSUBU_MK2_review_check_02.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_03.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_04.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_05.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_06.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_07.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_08.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_09.jpg


ag_COTSUBU_MK2_review_check_10.jpg
(via facebook/PCM)

製品仕様


通信規格:Bluetooth 5.2
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:aptX/AAC/SBC
連続再生時間:最大5時間
充電時間:約1.5時間
再生周波数帯域:20 - 20,000Hz
防水性能:IPX4
重量:3.5g


各所の反応


[1]
ag、タッチ無効化にも対応した小型軽量完全ワイヤレス「COTSUBU MK2」
https://www.phileweb.com/news/d-av/202403/01/59945.html




[2]
agのモデルチェンジはタッチボタンの無効化がメインか
誤作動しまくりだったからな




[3]
タッチ無効化ほデカイな
本格的に寝ホンにできる




[4]
COTSUBU MK2はタッチ無効化はいいけどアプリ対応してないのか



[5]
COTSUBU MK2は低音寄りの音が改善されるのだろうか



[6]
>>5
ショップのレビューだと
初代は中低音が盛り上がってたのがMK2はフラットっぽくなったと言ってた




[7]
COTSUBU MK2届いたので聴いてる
前作は音にもっさりしたところを感じたがMK2はそれが軽減されてる
高音もはっきり鳴るようになった
音の解像度は値段なり

付属イヤピがTYPE E TWSなので低音強い
前作よりは好感の持てる音
SednaEarfit MAX for TWSのSサイズに交換するともっと良くなった

暖色系の音なのは前作と同じなので
前作を気に入らなかった人が買い直すものではない
特筆するイヤホンではないが値段を考えたらよいのでは?




[8]
COTSUBU MK2って動画で静かなシーンとかにサーーと聞こえるホワイトノイズある?



[9]
>>8
ホワイトノイズは少しあるよ
気にならない程度だと思うけど




[10]
COTSUBU MK2数日使った
6千円台ならまぁまぁかな

初代は低音が他の音域を邪魔するくらいしつこかった
MK2は低音強いのは同じだが初代ほど他の音域に被らない
ボーカルの聴こえ方が初代より良くなった、初代よりは程度だが
ウォームな音
音の伸びや抜けは悪い方
値段が値段なので高音質とは言えない
倍の値段するfinal ZE2000には敵わないので音質重視する人ならそちらを選ぶべき

新色レモン買ったが思ったより派手で耳のMK2が目立つ
他の落ち着いた色にした方がよかったか

悪いTWSじゃないが初代同様に音は好みが別れる
1万円以下の他のTWSもこの2~3年で良くなっている現状で
機能性に乏しいのは訴求力に欠ける

でも小型だし初代が気に入っていた人ならいいと思う
自分も初代の軽いところは気に入っていたし
ケースもかわいいのでMK2も買ってみた
色々書いたが自分みたいな人には売れるんだろう




[11]
COTSUBUの音は好きなんだが接続安定性がね
駅とか混雑してる所での音飛びがひどかった
MK2が安定性良くなってるなら検討したい




[12]
>>11
残念ながらCOTSUBUとMK2の安定性は同じに思った
そういうところは進化していない
変わったのはドライバーとタッチ無効化追加と色くらいじゃないか




[13]
COTSUBU MK2本日ゲット
旧COTSUBU初代優しい音色はそのままで良かった
タッチコントロールはもちろんオフ
操作はウォッチでやるからタッチは不要




[14]
COTSUBU毎回思うけど寝ホンとして使うには5時間は短くね?



[15]
>>14
まぁ初代COTSUBUを発売した時はメーカーも寝ホンは想定してなかったし




[16]
COTSUBU MK2手に入れた
5回タッチでタッチ操作無効は地味に良い機能だと思った
5回タップなんて苦にならないし
無効化したいのはニッチなシーンだから初期はタッチ有効でいいんだなと
遮音性は耳栓かよと思えるほど高いし周囲の音が聞こえなくなる
寝ホンとして本格的に使えそう




[17]
COTSUBU MK2は耳が痛くならないから軽く使う分には最適だな



[18]
COTSUBU MK2
音の傾向は初代から引き継いでるけど
穏やかでクリアで細かさがアップしてた
今作の方が好みの音だな




[19]
COTSUBU MK2着弾
小さい軽い遮音性高くて音がいい
色合いや手触りもいいし普段使いしたくなるイヤホンだわ




[20]
COTSUBU MK2を外で使ってみた感想
音質はBGMを効く程度なら
風切り音が一切せず音質に影響されない
装着感は身体の一部になると言っていいほど良い
本体が耳から出ないから引っかからない
タッチ無効機能のおかげで誤操作しない




[21]
COTSUBU MK2を寝ホンとして使用しはじめた
圧倒的な装着感のおかげで他の高級ワイヤレスイヤホンよりも快適
本体が耳から出ないため横寝になっても本体が邪魔しない
5タップするとタッチ機能無効化を利用すれば誤操作されないのも大きなポイント






final監修の高音質仕様で初代と比べて音の透明感がアップ、耳の形状に合わせて本体を回転させて最適なフィッティングが可能なアジャストフィット機構、アクティブノイズキャンセリングがなくても周囲のノイズをカット&音漏れも防ぐディープフィット設計、オートペアリング機能・耳モード・タッチ操作無効モード搭載、久保純子さんが担当の音声ガイダンス、最大20時間再生を可能とするバッテリーケース、final TYPE E完全ワイヤレス専用イヤーピース付属、カラーを一新した計7色のラインナップ、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音の傾向は初代と変わらないが低音の強い主張やもっさり感が改善されて高音がはっきりクリアに鳴るようになりボーカルがよく聴こえるようになった、遮音性はノイズキャンセリングが別になくてもいいと思うほど高くて風切り音にも強い、装着感は非常に軽くて耳からはみ出ないので寝ホンとして使うのも良い、タッチ操作無効モードは寝ホンの用途で重宝する、接続の安定性は初代から変わっておらず、アプリ非対応だったりと新製品にしては機能性が乏しい、音質も機能も特筆するほど良いわけではないが内容的に寝ホンとして本格的に使えそう、といった内容。

睡眠用イヤープラグみたいなものと比較しなければ重量はかなり軽い方、装着状態を見ると耳に収まるコンパクトサイズなのも一目瞭然、遮音性はノイズキャンセリング不要と評されているほど高い、公式の製品情報では特に触れていませんが寝ホンに適した要素が多い印象。また、完全ワイヤレスイヤホンのタッチコントロールは枕に当たっても反応する事があるので、寝ホンとして使う場合にタッチ操作無効モードは確かに重宝しそう。機能性は言われているとおり乏しくて外で使うには正直頼りない感もありますから、特定の用途=寝ホンに絞って使うならベストな存在になるかもしれませんね。「COTSUBU MK2」は現在7,000円弱の価格で販売されています。