ABKO、PAW3395センサーや約57gの軽量ボディを特徴とするワイヤレスゲーミングマウス『H150A』

ABKO_H150A_01.jpg


海外で見かけたABKOのマウス「H150A」。
グローバルブランド(ABKONCORE)の製品なら日本でも出回っていたりするABKOが最近リリースしたワイヤレスゲーミングマウス。どこかで見た事あるような形状でPAW3395センサーや約57gの軽量ボディを特徴としているモデルです。

ABKO
https://www.abko.co.kr/





ABKO_H150A_02.jpg


ABKO_H150A_03.jpg


ABKO_H150A_04.jpg


ABKO_H150A_05.jpg


ABKO_H150A_06.jpg


ABKO_H150A_07.jpg


ABKO_H150A_08.jpg
(via danawa)

PixArt PAW3395のセンサー採用(26000DPI/650IPS/50G)、耐久性8000万回のHUANO製マイクロスイッチ採用、穴を開けずに軽量を実現した左右対称デザイン、2.4GHz/1000Hzの高速ワイヤレス接続、300mAhのバッテリー内蔵、裏面に電源スイッチ・DPIボタン・レシーバーポケットあり、USB-Cパラコードケーブル付属(有線接続&充電用)、ブラック・ホワイトの2色、専用ソフトウェアあり、サイズ:幅67x奥行き125x高さ39mm、重量:約57g、主な仕様・特徴は以上。価格は情報が出ている韓国のECサイトだと75,000ウォン(約7,700円)。

全体的にはクローンと言えるほどではありませんが真横から見た外観はロジクールの「G PRO X SUPERLIGHT」(AA)にそっくりで、こちらの方がサイズは大きくても重量は軽い作り。実機を見て気になる点はグリップが効かなさそうなボディの表面処理とコストがかかってなさそうなソール、そこを許容できるなら価格も含めて魅力的な点の方が優るのではないかと。と言っても日本で発売される可能性は多分ゼロ・・・グローバルブランドの製品ではありませんし。ところで今の流れだと中韓系のメーカーが同レベルのワイヤレスゲーミングマウスを次々に出てきそうな気はしますね。




ABKONCORE
売り上げランキング:2,035