8BitDo、ファミコンカラーで外付けボタンも個性的なTKLメカニカルキーボード『8BitDo Retro Mechanical Keyboard』

8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_01.jpg


海外で見かけた8BitDoのキーボード「8BitDo Retro Mechanical Keyboard」。
ゲームパッドのメーカーとして知られる8BitDoは過去にファミコンのコントローラーをモチーフにしたワイヤレスマウス「N30 Wireless Mouse」を出していましたが、これは同社の製品で初となるメカニカルキーボード。今作もご覧のとおりファミコンをモチーフにしたデザインです。

【公式サイト】8BitDo Retro Mechanical Keyboard | 8BitDo



8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_02.jpg


8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_03.jpg


8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_04.jpg


8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_05.jpg


8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_06.jpg


8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_07.jpg


8BitDo_Retro_Mechanical_Keyboard_08.jpg
(via ptt)

87キー英語配列のテンキーレス、Fami版・N版の2デザイン、Kailh Box White V2のキースイッチ採用、Dye-sub PBTキーキャップ採用、スイッチ交換できるホットスワップ、アルミニウムプレート、上部にコントロールパネル・クラシックパワーステータスLED搭載、外付けでプログラム可能なデュアルスーパーボタン、2.4GHz/Bluetooth/USB Type-Cのトライモード接続、PCソフトウェア・8BitDo Ultimate Software V2対応、サイズ:幅376.6x奥行き169.6x高さ46.8mm、重量:1050g、主な仕様・特徴は以上。

ファミコン世代なら誰もが懐かしく思うであろうデザイン、でもキーボード自体は最新仕様と言える内容ですから不便に感じる事はなさそう。デュアルスーパーボタンはコントローラーを彷彿とさせてユニークですし、外付けの入力デバイスとして普通に使えますから何気に便利かも。単に古いキーボードとは違う独特なレトロ感は特定の層に刺さりそうですね。日本でも公式を名乗るストアがAmazonで運営していて製品を取り扱っており、価格は現在16,000円前後で販売中です。