7Hz 『Salnotes ZERO』 レビューチェック ~低価格の中華イヤホンとして異様に評価が高い1DDドライバーのモデル

Salnotes_ZERO_01.jpg


海外/国内で発売されている7Hzのイヤホン「Salnotes ZERO」。
中華イヤホン界隈で名が知られる7HzのサブブランドからリリースされたシングルDDドライバーの有線イヤホン。北米では20ドル前後で日本でも3,000円前後の低価格で販売されているものですが、ちょっとチェックしてみます。

7HZ Salnotes Zero – Linsoul Audio
https://www.linsoul.com/products/7hz-salnotes-zero



画像


Salnotes_ZERO_02.jpg


Salnotes_ZERO_03.jpg


Salnotes_ZERO_04.jpg


Salnotes_ZERO_05.jpg


Salnotes_ZERO_06.jpg

製品仕様


ドライバー:10mm径ダイナミック型
感度:108 dB/mW
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:10 - 20,000Hz
コネクター:0.78mm/2Pin


各所の反応


[#1]
海外で最近話題に上がってる7HZ Salnotes ZEROが気になる
https://www.head-fi.org/threads/964276/



[#2]
>>#1
ごく当たり前の廉価イヤホンだとは思うけど
7Hzブランドだってことで試してみたくなったので注文した



[#3]
7Hz Salnotes ZEROが日本Amazonに在庫来てるな
でも海外で買うよりちょっと高い



[#4]
Salnotes ZEROは海外レビュアーの評価高い割にはあんまり話題にならないね



[#5]
ZEROの名は低価格帯のイヤホンでも二つあるんだが
SalnotesのZEROはオススメだ



[#6]
SalnotesのZERO来た
中高域の見通しが良くボーカルが近くて楽しいけど金物がギリ刺さる
でも刺さりが気にならなければすごくレベル高いね



[#7]
>>#6
鳴らしこんだりイヤピ変えるといいよ
20ドルクラスではかなり良いイヤホンだけどまだ広まってないんよな



[#8]
Salnotes ZEROはニュートラルな音質でかなり良い
でもデザインがイマイチ



[#9]
Salnotes ZERO、音バランスはいいんだけれど
高域のアタックにやっぱりプラスチックぽさある



[#10]
7hzのZEROは超傑作らしいけど
例えば1万クラスの国産final E4000 A4000辺りは超えてくる音質なのかな?



[#11]
>>#10
海外のレビューを総合するとこうかな
ZERO>竹>E4000



[#12]
Salnotes ZERO恐るべし
この価格帯はスルーしてきたが価値観変わった



[#13]
3000円くらいのイヤホン探してますが
CALLAとZEROでどっちか一つ買うならどっちなんですかい?



[#14]
>>#13
全体的な解像度、バランスの良さでSalnotes ZERO
力強い低域、音場の広さ・開放感でCALLA



[#15]
KZ ZEX買ったがSalnotes ZERO聴いた後だとすごい微妙
ZEROってやっぱ凄いんだな



[#16]
>>#15
ZEROの良さを実感するのはドンシャリホンに着け換えた時なのは確か
ZEXもそんなに悪いイヤホンじゃないよ



[#17]
実際のところ聴くジャンルで回答が分かれるな
低音強調したいならCALLAが合ってるしバランス良くどのジャンルでも合うのがZERO
万人向けなのはZEROだと思う





金属複合振動板やN52マグネットを採用した10mmダイナミックドライバー、人間工学に基づいて設計されたイヤーシェル&金属製フェイスプレート、リケーブルが可能な0.78mm/2pinコネクター、着脱式の高純度OFCケーブル、カラーが異なるイヤーピース6セット付属、合計3色のカラーラインナップ、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音はバランスの良さと解像度の高さが低価格帯とは思えないほど良い、曲のジャンルを問わない音で万人向けとも言える、音の刺さりが気になる場合は鳴らし込んだりイヤーピースを変えると解消するかも、海外のレビューでは「水月雨 竹-CHU」「final E4000」(AA)より上だと評されていたりする、典型的なドンシャリのイヤホンから交代して聴くと音の良さが特に実感できる、といった内容。

本当は「TANCHJIM ZERO」(AA)の方を調べていたのですが、こちらの情報ばかり目に入ったので深掘りしてみると上記のとおりの高評価。7Hzは中~高価格帯の製品で定評を得ているメーカーのようで、低価格帯の製品は今作が初めての模様。めちゃくちゃ話題になっているわけではないけれども耳が肥えた層の間ではトレンドの一つになっているようですから、控えめに言っても価格以上の出来は期待できそうですね。




LINSOUL
売り上げランキング:3,263