1MORE、QuietMaxテクノロジー採用で一番安いANC完全ワイヤレスイヤホン『Pistonbuds Pro』

1MORE_PistonBuds_Pro_01.jpg


海外で見かけた1MOREのイヤホン「Pistonbuds Pro」。
ComfoBuds Pro」「ColorBuds 2」と同じく独自のQuietMaxテクノロジーを採用したANC完全ワイヤレスイヤホン。騒音カットの数値はComfoBuds Proに次ぐ最大-38dBで、3モデルの中ではこれが一番安い価格設定になっています。

1moreglobal
https://global.1more.com/





1MORE_PistonBuds_Pro_02.jpg


1MORE_PistonBuds_Pro_03.jpg


1MORE_PistonBuds_Pro_04.jpg


1MORE_PistonBuds_Pro_05.jpg


1MORE_PistonBuds_Pro_06.jpg


1MORE_PistonBuds_Pro_07.jpg


1MORE_PistonBuds_Pro_08.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5時間(ANCオン)、充電時間:約1時間、重量:4.5g、最大38dBの騒音をカットする独自のQuietMaxテクノロジー採用のアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を取り込める外音取り込みモード、チタン振動板を採用したダイナミックドライバー、デュアルマイクとAiノイズキャンセリングによる高品質通話、90msの低遅延を実現するゲーミングモード、IPX5の防水性能、最大20時間再生(ANCオン)を実現するバッテリーケース、スマートフォンアプリ・1MORE MUSIC対応、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。

価格設定は情報が出ている中国だと399人民元(約7,200円)、参考にComfoBuds Proは599人民元でColorBuds 2は499人民元。ColorBuds 2を比較対象にするとANC機能の数値は優っていますがコーデックや機能など色々と劣る点がありますし、サイズも結構大きめなので価格相応に下のクラスとして見るべきかと。1MOREの完全ワイヤレスイヤホンは日本でも大体出回っていますからこれもそのうち取り扱うようになる可能性は高いでしょう。そしてその後のセールで対象品になれば上記の日本円換算より安くなるとも思います。

<関連記事>1MORE 『Pistonbuds Pro』 画像など ~日本で5,000円を切る?QuietMaxテクノロジー採用のANC完全ワイヤレスイヤホン


1MORE
売り上げランキング:-