1MORE、ハイブリッドドライバーやLDAC対応も特徴とするフラッグシップモデルのANC完全ワイヤレスイヤホン『1MORE EVO』

1MORE_EVO_01.jpg


海外で見かけた1MOREのイヤホン「1MORE EVO」。
ComfoBuds Pro」「ComfoBuds Mini」などが日本でも発売されている1MOREが現ラインナップのフラッグシップモデルとなる完全ワイヤレスイヤホンをリリースする模様。最上位らしいハイスペックな仕様になっています。

1MORE/万魔 EVO新降噪豆 ANC主动降噪无线蓝牙耳机-tmall.com天猫
https://detail.tmall.com/item.htm?id=670785173775&skuId=5002949995643





1MORE_EVO_02.jpg


1MORE_EVO_03.jpg


1MORE_EVO_04.jpg


1MORE_EVO_05.jpg


1MORE_EVO_06.jpg


1MORE_EVO_07.jpg


1MORE_EVO_08.jpg
(via zol.com)

通信方式:Bluetooth 5.2、連続再生時間:約5.5時間(ANCオン)、充電時間:約1時間、再生周波数を40,000Hzまで拡張した1BA+1DDハイブリッドドライバー、LDACコーデック対応、最大42dBのノイズをカットするQuietMax採用のアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を取り込める外音取り込みモード、DNNアルゴリズムと3マイクによるクリアな通話品質、3Dセラミック素材を使用した流線型のイヤーシェル、IPX4の防水性能、最大20時間再生が可能&ワイヤレス充電対応のバッテリーケース、ブラック・ホワイトの2色、SoundIDなどの機能が利用できる1MORE MUSICアプリ対応、Hi-Res Audio Wireless認定、主な仕様・特徴は以上。

1MOREの完全ワイヤレスイヤホンでLDACに対応したものはこれまでありませんでしたし、ハイブリッドドライバーは2年前に発売された「EHD9001TA」(AA)以来となりますし、ANC機能やアプリなども最新仕様と言えるのでフラッグシップモデルらしい出来になっていそうな印象。ComfoBuds・ColorBudsシリーズの製品はANC機能が良くても音質がイマイチという声も見られましたが、このスペックならイマイチって事はまずないのではないかと。価格は中国にある上記のオフィシャルストアだと999人民元(約19,000円)、仮に日本でも発売されるなら同じくらいの額になると思います。

<関連記事>1MORE 『1MORE EVO』 画像など ~1BA+1DDドライバーやLDAC対応も特徴とするフラッグシップのANC完全ワイヤレスイヤホン


1MORE
売り上げランキング:-