realme、さらに低価格でリリースされたANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『realme Buds Air 2 Neo』

realme_Buds_Air_2_Neo_01.jpg


海外で見かけたrealmeのイヤホン「realme Buds Air 2 Neo」。
realme Buds Air 2」に続くアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。無印モデルとイヤホンのスペックはほぼ同じ内容ですがこちらはカプセル型のタイプで、価格はさらに安い設定になっています。

真我Buds Air 2 Neo
https://buy.realme.com/cn/goods/381





realme_Buds_Air_2_Neo_02.jpg


realme_Buds_Air_2_Neo_03.jpg


realme_Buds_Air_2_Neo_04.jpg


realme_Buds_Air_2_Neo_05.jpg


realme_Buds_Air_2_Neo_06.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5時間(ANCオン)、充電時間:約1.5時間、最新のR2チップ採用、最大25dBの騒音をカットするアクティブノイズキャンセリング機能、外部音を取り込むトランスペアレントモード、複合振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、最大88msの低遅延を実現するゲームモード、IPX5の防水性能、最大20時間再生を可能とするバッテリーケース、realme Linkアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

無印モデルとイヤホンの性能・機能はおそらく同じ内容で、違いはデザインとバッテリーケース(容量や充電時間が若干劣っている)。価格は中国の公式サイトだと299人民元だった無印モデルに対してこちらは249人民元(約4,300円)。ANC機能の数値は決して高いと言えませんし価格なりの部分もありそうですが、この内容でこの価格なら日本で少し前に発売された前世代の製品よりもインパクトありますね。