1. HiBy、エントリー~ミドル機の後継機となるコンパクトデザインのBluetoothレシーバー『HiBy W3 II』

    HiBy、エントリー~ミドル機の後継機となるコンパクトデザインのBluetoothレシーバー『HiBy W3 II』

    海外で見かけたHiByのレシーバー「HiBy W3 II」。その名のとおり2020年に発売されたエントリー~ミドル機のBluetoothレシーバー「HiBy W3」の後継機となる新型モデル。4年の月日が経っているだけあって主要チップは新しいものが使われていてアプリにも対応しているなどアップグレードしており、表面一帯にイラストが入ったコンパクトデザインも特徴的です。【公式ストア】HiBy海贝W3二代蓝牙解码耳放接收器小尾巴DAC通话电脑声卡车...

  2. 『Astell&Kern AK HB1』レビューチェック ~有線も無線も優れた性能を持つBluetooth DACアンプ

    『Astell&Kern AK HB1』レビューチェック ~有線も無線も優れた性能を持つBluetooth DACアンプ

    2023年11月に発売されたAstell&Kernのレシーバー「AK HB1」。主力のDAPやアンプだけでなく完全ワイヤレスイヤホンの「AK UW100MKII」などワイヤレス製品も積極的に手がけているAstell&Kernですが、これは2016年に発売された「AK XB10」以来の新製品となるBluetoothレシーバー=Bluetooth DACアンプ。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】AK HB1|Astell&Kern...

  3. 『MUSE HIFI M4』レビューチェック ~2.5mm端子を許容できるなら・・・基板スケスケで高音質のBluetoothレシーバー

    『MUSE HIFI M4』レビューチェック ~2.5mm端子を許容できるなら・・・基板スケスケで高音質のBluetoothレシーバー

    2023年12月に発売されたMUSE HIFIのレシーバー「M4」。有線イヤホンやポタアンで知られる中国メーカーのMUSE HIFIが初めて手がけたBluetoothレシーバー。ES9038Q2MのDACチップや7種類のフィルターモード搭載などを特徴としているモデルで、基板が透けて見える筐体やUSB Type-C端子2つ搭載といった点も目を引きますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】MUSE HIFI M4 ポータブルBluetooth DAC アンプ - ミミソラ...

  4. 『FIIO BTR15』レビューチェック ~音質と使い勝手が向上したミドルレンジクラスのBluetoothレシーバー

    『FIIO BTR15』レビューチェック ~音質と使い勝手が向上したミドルレンジクラスのBluetoothレシーバー

    2023年12月に発売されたFIIOのレシーバー「BTR15」。「BTR5」の後継機またはアップグレード版と言われているミドルレンジクラスのBluetoothレシーバー。現フラッグシップモデル「BTR7」の機能を踏襲したと謳っており、ES9219MQ DACチップ左右独立搭載や4.4mmバランス出力搭載などを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】BTR15 – FIIO Japan...

  5. FiiO、製品が出回りだしたBTR5のアップグレード版となるBluetoothレシーバー『BTR15』

    FiiO、製品が出回りだしたBTR5のアップグレード版となるBluetoothレシーバー『BTR15』

    海外で見かけたFiiOのレシーバー「BTR15」。ナンバリング的に新フラッグシップ機かと思いきや「BTR5」のアップグレード版となるBluetoothレシーバーで、「BTR7」の機能を踏襲しているというモデル。日本でもオーディオ製品のイベントに出展されていたもので今冬発売と言われていましたが、拠点の中国では製品が出回りだしたようです。【公式サイト】Bluetooth DAC and Headphone Amplifier BTR15...

  6. 『KZ AZ20』 レビューチェック ~世界初QCC5171を採用した完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

    『KZ AZ20』 レビューチェック ~世界初QCC5171を採用した完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

    海外・国内で発売されているKZのレシーバー「AZ20」。これまで自社イヤホン向けと言える完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーを数多く出しているKZの最新作は、Qualcomm QCC5171のBluetoothチップ採用でaptX Adaptive対応と主な特徴としているモデル。QCC5171採用はレシーバーの類だとこれが世界初になると思われますが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】KZ AZ20 Ear hooks | Fast worldwide delivery!...

  7. 水月雨 『Little White』 レビューチェック ~今や希少種と言えるネックバンド型のBluetoothレシーバー

    水月雨 『Little White』 レビューチェック ~今や希少種と言えるネックバンド型のBluetoothレシーバー

    2023年6月に発売された水月雨(MOONDROP)のレシーバー「Little White」。「Starfield II」など新製品の有線イヤホンを現在進行形で出し続けている水月雨ですが、これはその有線イヤホンをワイヤレス化できるネックバンド型のBluetoothレシーバー。高性能のBluetoothチップやDACチップを搭載しており、自社のイヤホン向けの機能も備えている模様。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】MOONDROP LITTLEWHITE Bluetooth Neckb...

  8. KZ、QCC5171のBluetoothチップ搭載を特徴とする完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『AZ20』

    KZ、QCC5171のBluetoothチップ搭載を特徴とする完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『AZ20』

    海外で見かけたKZのレシーバー「AZ20」。「AZ15」に続く新たな完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー(Bluetoothアダプター)はスリムなイヤーフックデザインとQualcomm QCC5171のBluetoothチップ搭載を特徴とする上位モデル。最近情報が出たばかりの新製品ですが日本でもECサイトで既に販売しているようです。【公式サイト】KZ AZ20 Ear hooks | Fast worldwide delivery!...

  9. iFi audio 『GO pod』 レビューチェック ~ワールドクラスを謳う完全ワイヤレスのBluetoothアダプター

    iFi audio 『GO pod』 レビューチェック ~ワールドクラスを謳う完全ワイヤレスのBluetoothアダプター

    2023年7月に発売されたiFi audioのレシーバー「GO pod」。「GO blu」「xDSD Gryphon」などBluetooth関連のオーディオ製品でも人気を得ているiFi audioが手がけた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー(Bluetoothアダプター)。高解像度DAC搭載やLDACをはじめ豊富な対応コーデックなどワールドクラスの品質を謳っているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】GO pod | iFi audio 日本語ブランドサイト...

  10. qdc 『qdc TWX』 レビューチェック ~同社のイヤホンを持っているなら試すべき完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

    qdc 『qdc TWX』 レビューチェック ~同社のイヤホンを持っているなら試すべき完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー

    2022年12月に発売されたqdcのレシーバー「qdc TWX」。ユニバーサルIEMやカスタムIEMといった本格的なイヤホンで知られるqdcの完全ワイヤレスBluetoothレシーバー。独自のqdc 2pinコネクターを採用したイヤーフック型のタイプで、純正アクセサリだけに同社のイヤホンとは相性が良いだろうけれども汎用性はないとも言えるものですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】TWX|qdc|株式会社アユート...

  11. 水月雨 『Little White』 画像など ~LHDC対応などを特徴とする今どき珍しいネックバンド型のBluetoothレシーバー

    水月雨 『Little White』 画像など ~LHDC対応などを特徴とする今どき珍しいネックバンド型のBluetoothレシーバー

    2023年6月に発売された水月雨(MOONDROP)のレシーバー「Little White」。「Blessing3」に続く水月雨の新製品はQCC5144のBluetoothチップやCS43131のDAC採用でLHDCコーデック対応も特徴とするネックバンド型のBluetoothレシーバー。このタイプは今どき珍しくてニッチなものになっていますが、ちょっと見てみます。【公式サイト】MOONDROP LITTLEWHITE Bluetooth Neckband | MOONDROP Official Website...

  12. TRN、2,000円強で買えるエントリーモデル最新版の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『BT20XS』

    TRN、2,000円強で買えるエントリーモデル最新版の完全ワイヤレスBluetoothレシーバー『BT20XS』

    海外で見かけたTRNのレシーバー「BT20XS」。「BT30」以来となる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーは「BT20S」の後継機とも言える現ラインナップのエントリーモデル。日本でもTRNの製品を取り扱う業者が既に販売しており、価格は現在2,000円強と海外のECサイトと変わらない安さです。【公式サイト】TRN BT20XS | Worldwide Shipping | TRN-AUDIO...

  13. iFi audio、LDAC対応など最高峰のスペックを備えた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『GO pod』

    iFi audio、LDAC対応など最高峰のスペックを備えた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『GO pod』

    海外で見かけたiFi audioのレシーバー「GO pod」。ヘッドホンアップのメーカーとして知られBluetoothオーディオ製品は「GO blu」が人気を得ていたiFi audioが完全ワイヤレスのBluetoothレシーバーをリリースする模様。LDAC対応など同類の中では最高峰と言えるスペックを備えているようです。GO pod by iFi audio - GO podhttps://ifi-audio.com/products/go-pod/...

  14. 水月雨、業界全体で見ても久々の新製品となるQCC5144+CS43131採用のネックバンド型Bluetoothレシーバー『LITTLEWHITE』

    水月雨、業界全体で見ても久々の新製品となるQCC5144+CS43131採用のネックバンド型Bluetoothレシーバー『LITTLEWHITE』

    海外で見かけた水月雨のレシーバー「LITTLEWHITE」。「群星-STELLARIS」などが日本でも発売されている水月雨が自社イヤホン向けのネックバンド型Bluetoothレシーバーをリリースする模様。2Pin/0.78㎜コネクター採用でQCC5144+CS43131採用などを特徴としている新型モデルです。水月雨 LITTLEWHITE 小白 无线颈挂https://moondroplab.com/cn/products/littlewhite...

  15. KZ、QCC3046採用やサウンドモード搭載などを特徴とする完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『AZ15』

    KZ、QCC3046採用やサウンドモード搭載などを特徴とする完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『AZ15』

    海外で見かけたKZのレシーバー「AZ15」。「AZ10」に続いて通算4作目となる完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー。これまでと変わらずフレキシブルなイヤーフックデザインで、QCC3046のBluetoothチップ採用や3種のサウンドモード搭載などを特徴としているモデルです。KZ AZ15 Ear hooks | Fast worldwide delivery!https://kz-audio.com/kz-az15.html...