1. Xiaomi、360度サウンドやLHDC 5.0対応を特徴とするロングボトルサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker』

    Xiaomi、360度サウンドやLHDC 5.0対応を特徴とするロングボトルサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker』

    海外で見かけたXiaomiのスピーカー「Xiaomi Bluetooth Speaker」。「Xiaomi Bluetooth Speaker Mini」と共に発表されたポータブルBluetoothスピーカーで、こちらはロングボトル型の通常サイズと言えるモデル。Miniと同じく360度サウンドやIP67防水を特徴としていますが、こちらはさらに上の音質が期待できそうなスペックを備えています。【公式サイト】Xiaomi 蓝牙音箱...

  2. Xiaomi、360度サウンドやIP67防水を特徴とするマグサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker Mini』

    Xiaomi、360度サウンドやIP67防水を特徴とするマグサイズのポータブルBluetoothスピーカー『Xiaomi Bluetooth Speaker Mini』

    海外で見かけたXiaomiのスピーカー「Xiaomi Bluetooth Speaker Mini」。同社のポータブルBluetoothスピーカーといえば1年近く前に「Xiaomi Sound Move」が出ていて日本では結局発売されませんでしたが、”Xiaomi Bluetooth Speaker”という直球的なネーミングで2つの新製品をリリースする模様。これはそこそこ小型のマグサイズになっているMiniモデルです。【公式サイト】Xiaomi蓝牙音箱 Mini...

  3. JBL、日本発売が決まったAI Sound Boost搭載を特徴とする第4世代の大型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

    JBL、日本発売が決まったAI Sound Boost搭載を特徴とする第4世代の大型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

    2024年3月に発売されるJBLのスピーカー「JBL XTREME 4」。「JBL XTREME 3」の後継機となる大型サイズのポータブルBluetoothスピーカー。先代と比べて本体のデザインは若干変わっており、次世代のアンプ技術と謳うAI Sound Boost搭載を大きな特徴としているモデル。1月のイベントで3シリーズの新製品が発表されていましたが、日本ではこれが最初に発売されるようです。【公式サイト】JBL Xtreme 4 | 防水ポータブルスピーカー...

  4. 『Anker Soundcore Motion 100』レビューチェック ~用途次第ではちょうどいいシリーズ最小のポータブルBluetoothスピーカー

    『Anker Soundcore Motion 100』レビューチェック ~用途次第ではちょうどいいシリーズ最小のポータブルBluetoothスピーカー

    2024年1月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Motion 100」。「Soundcore Motion 300」の下位モデルでMotionシリーズの中では一番小さいコンパクトサイズのポータブルBluetoothスピーカー。IPX7防水やLDACコーデック対応それにアプリ対応など小さくても最新仕様と言えるスペックを備えていて魅力的な要素は多いモデルですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Soundcore Motion 100 | Bluetoothスピーカーの製品...

  5. 『Anker Soundcore Motion 300』レビューチェック ~イコライザーで音が化けるLDAC対応&IPX7防水のポータブルBluetoothスピーカー

    『Anker Soundcore Motion 300』レビューチェック ~イコライザーで音が化けるLDAC対応&IPX7防水のポータブルBluetoothスピーカー

    2023年11月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Motion 300」。「Soundcore Motion X600」「Soundcore Motion X500」と同じくMotionシリーズの最新ラインナップとなるBluetoothスピーカーで、これはアウトドア向けのポータブルタイプでIPX7防水も特徴としているモデル。LDACコーデックとアプリのイコライザーで音も良いようですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】Soundcore Motion 300 | Bluetoothスピーカーの...

  6. 『Marshall WOBURN III』レビューチェック ~Homeline IIIシリーズ最上位となる大型サイズの据え置き型Bluetoothスピーカー

    『Marshall WOBURN III』レビューチェック ~Homeline IIIシリーズ最上位となる大型サイズの据え置き型Bluetoothスピーカー

    2023年3月に発売されたMarshallのスピーカー「WOBURN III」。「ACTON III」と共に登場したHomeline IIIシリーズのBluetoothスピーカーで、シリーズ内では最上位となる大型サイズの据え置き型モデル。下の2つに比べたら一回りも二回りも大きいサイズで価格もだいぶ差があるフラッグシップ機ですが、ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】WOBURN III – Marshall │ 完実電気株式会社 | KANJITSU DENKI CO.,LTD...

  7. EDIFIER、ゲーミングブランドから出してきたポケットサイズでRGBライティング搭載のBluetoothスピーカー『HECATE G100』

    EDIFIER、ゲーミングブランドから出してきたポケットサイズでRGBライティング搭載のBluetoothスピーカー『HECATE G100』

    海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「HECATE G100」。「HECATE AIR 2」に続くHECATEブランドの新製品は該当するものが他に存在しないかもしれないポケットサイズのゲーミングBluetoothスピーカー。RGBライティングを搭載したクリアボディになっていてスマホやボードに引っ付ける事も可能、そしてゲーミングモードも備えています。【公式ストア】漫步者(EDIFIER)HECATE G100 便携式蓝牙磁吸小音箱 蓝牙5.3...

  8. Anker、閃光を放つような光り方をするイルミネーションLEDライト搭載のBluetoothスピーカー『Soundcore Glow』

    Anker、閃光を放つような光り方をするイルミネーションLEDライト搭載のBluetoothスピーカー『Soundcore Glow』

    2023年12月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Glow」。「Soundcore Glow Mini」と共にプレスリリースを出さずしれっと発売されていたポータブルBluetoothスピーカー。こちらはMiniモデルと違って本体の半分以上が光るわけではありませんが、底面のイルミネーションLEDライトが閃光を放つような光り方をする今までになかったタイプです。【公式サイト】Soundcore Glow | Bluetoothスピーカーの製品情報 – Anker Japan 公式...

  9. Anker、本体の半分以上が派手に光るイルミネーションLEDを搭載したミニボトル型のBluetoothスピーカー『Soundcore Glow Mini』

    Anker、本体の半分以上が派手に光るイルミネーションLEDを搭載したミニボトル型のBluetoothスピーカー『Soundcore Glow Mini』

    2023年12月に発売されたAnkerのスピーカー「Soundcore Glow Mini」。ミニボトル型のコンパクトサイズで本体の半分以上が派手に光るイルミネーションLEDライトを搭載したBluetoothスピーカー。IP67防塵/防水やアプリ対応など他の部分も申し分ない内容。プレスリリースが出ていなかったので気づきませんでしたが日本で既に発売されているようです。【公式サイト】Soundcore Glow Mini | Bluetoothスピーカーの製品情報 – Anker Japan...

  10. Klipsch、Marshall WILLENの競合機となるであろうスクエア型のポータブルBluetoothスピーカー『Austin』

    Klipsch、Marshall WILLENの競合機となるであろうスクエア型のポータブルBluetoothスピーカー『Austin』

    海外で見かけたKlipschのスピーカー「Austin」。「Nashville」と共に発表されてその後に発売されていたパンチグリルのヴィンテージデザインが特徴的なポータブルBluetoothスピーカー。こちらはスクエア型・・・どうも既視感があると思ったらMarshallの「WILLEN」とほぼ同じサイズで競合機になるというか明らかにそれをターゲットにしたモデルです。【公式サイト】Klipsch Austin Portable Bluetooth Speaker | Klipsch...

  11. JBL、3年以上の時を経て登場したシリーズ第5世代のカラビナ一体型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL CLIP 5』

    JBL、3年以上の時を経て登場したシリーズ第5世代のカラビナ一体型ポータブルBluetoothスピーカー『JBL CLIP 5』

    海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL CLIP 5」。「JBL GO 4」と共に先日のイベントで発表&展示があったポータブルBluetoothスピーカーで、こちらは「JBL CLIP 4」の後継機でありシリーズ第5世代となるモデル。デザインは引き続きカラビナが一体化している楕円型ですが、スペックは3年以上も間隔が開いたので相応に進化しています。【公式サイト】JBL Expands Their Hottest Portable Lineup For a New Generation | HARMAN...

  12. JBL、3年以上の時を経て登場したシリーズ第4世代のポータブルBluetoothスピーカー『JBL GO 4』

    JBL、3年以上の時を経て登場したシリーズ第4世代のポータブルBluetoothスピーカー『JBL GO 4』

    海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL GO 4」。「JBL CLIP 5」と共に先日のイベントで発表&展示があったポータブルBluetoothスピーカーで、こちらは「JBL GO 3」の後継機でありシリーズ第4世代となるモデル。先代と同じく丸みを帯びた四角形の手のひらサイズですが、3年以上も間隔が開いたのでスペックは色々と進化しています。【公式サイト】JBL Expands Their Hottest Portable Lineup For a New Generation | HARMAN...

  13. JBL、AIサウンドブーストやLE audio対応などを特徴とするシリーズ第4世代の大型Bluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

    JBL、AIサウンドブーストやLE audio対応などを特徴とするシリーズ第4世代の大型Bluetoothスピーカー『JBL XTREME 4』

    海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL XTREME 4」。「JBL XTREME 3」の後継機でシリーズ第4世代モデルとなるBluetoothスピーカー。デュアルパッシブラジエータ搭載でショルダーストラップが取り付けられるアウトドア向けの大型サイズは継承しており、AIサウンドブーストやLE audio対応それにアプリ対応を新たな特徴としています。【公式サイト】JBL Expands Their Hottest Portable Lineup For a New Generation | HARMAN...

  14. EarFun、シリーズ最上位モデルとなるアウトドア向けの大型Bluetoothスピーカー『EarFun UBOOM X』

    EarFun、シリーズ最上位モデルとなるアウトドア向けの大型Bluetoothスピーカー『EarFun UBOOM X』

    海外で見かけたEarFunのスピーカー「EarFun UBOOM X」。「EarFun Wave Pro」「EarFun Air 2」と共に先日のイベントで展示されていたBluetoothスピーカー。「EarFun UBOOM Slim」などが出ているUBOOMシリーズの最上位モデルで、ハンドル一体型&ストラップ装備可能の大型サイズになっているアウトドア向けです。【公式サイト】EarFun | CES 2024...

  15. Anker、LEDライト搭載のパッシブラジエーターが特徴的なアウトドア向けの大型Bluetoothスピーカー『Soundcore Boom 2』

    Anker、LEDライト搭載のパッシブラジエーターが特徴的なアウトドア向けの大型Bluetoothスピーカー『Soundcore Boom 2』

    海外で見かけたAnkerのスピーカー「Soundcore Boom 2」。同社の製品でハンドルが付いたアウトドア向けの大型BluetoothスピーカーといえばSoundcore Motion BoomとSoundcore Motion Boom Plusの2つが出ていますが、これはその後継機または上位モデルとなりそうな新型。両側に搭載されたLEDライト搭載のパッシブラジエーターが特徴的です。【公式サイト】Speakers | Wireless Bluetooth Speakers - soundcore US...