1. HACRAY 『Orca』 レビューチェック ~可動式パーソナルアジャスターを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    HACRAY 『Orca』 レビューチェック ~可動式パーソナルアジャスターを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    2023年6月に発売されたHACRAYのイヤホン「Orca」。「SeaHorse」に続く新たな骨伝導Bluetoothイヤホンは振動部が可動式で位置を調整できるという可動式パーソナルアジャスターを主な特徴とするモデル。製品展開はクラウドファンディング(4月)からスタートしたものですが、後から一般販売(6月)もされる形に。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】HACRAY 式骨伝導イヤホン Orca - 【公式サイト】 HACRAY(ハクライ)...

  2. beyerdynamic、ANCや外音取り込みを搭載したネックバンド型のBluetoothイヤホン『Blue BYRD ANC』

    beyerdynamic、ANCや外音取り込みを搭載したネックバンド型のBluetoothイヤホン『Blue BYRD ANC』

    海外で見かけたbeyerdynamicのイヤホン「Blue BYRD ANC」。最近は完全ワイヤレスイヤホンの「FREE BYRD」を出すなど動きがあったbeyerdynamicですが、これは2021年に発売された「Blue BYRD (2nd generation)」のANC搭載版と言えるネックバンド型のBluetoothイヤホン。ANCと外音取り込みを除くとほぼ同じと言えるものです。【公式サイト】Blue BYRD ANC: Bluetooth in-ear headset with ANC...

  3. QCY 『Crossky Link』 レビューチェック ~3,000円台で買えるネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン

    QCY 『Crossky Link』 レビューチェック ~3,000円台で買えるネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン

    2023年4月に発売されたQCYのイヤホン「Crossky Link」。骨伝導ではなく空気伝導=普通のオープンイヤー型になっているBluetoothイヤホン。日本では正規代理店やQCYメインのストアなど複数の業者が取り扱っていますが、安いところでは3,000円台で買える模様。ちょっとチェックしてみます。【公式サイト】QCY Crossky Link...

  4. SOUNDPEATS 『RunFree Lite』 レビューチェック ~実はLDACが使える下位モデルのネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン

    SOUNDPEATS 『RunFree Lite』 レビューチェック ~実はLDACが使える下位モデルのネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン

    海外/国内で発売されているSOUNDPEATSのイヤホン「RunFree Lite」。「RunFree」の下位モデルとなるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン。日本ではプレスリリースや発売に関するアナウンスは出ていませんが、一部のショップで密かに販売されている模様。ちょっとチェックしてみます。RunFree Lite - Bluetooth Air Conduction Sport Headphones – SOUNDPEATShttps://soundpeats.com/products/runfree-lite-air-conduc...

  5. SOUNDPEATS 『RunFree』 レビューチェック ~独自の音響技術も特徴とするネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン

    SOUNDPEATS 『RunFree』 レビューチェック ~独自の音響技術も特徴とするネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン

    2023年4月に発売されたSOUNDPEATSのイヤホン「RunFree」。巷で最近トレンドとなっているネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホンをSOUNDPEATSもリリース。低音を響かせるという独自の音響技術・ラムダ型音響空間を主な特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。RunFree – SOUNDPEATS JAPANhttps://jp.soundpeats.com/products/runfree...

  6. QCY 『QCY Crossky Link』 画像など ~日本でも取り扱いだしたネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン

    QCY 『QCY Crossky Link』 画像など ~日本でも取り扱いだしたネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン

    2023年4月に発売されたQCYのイヤホン「QCY Crossky Link」。「QCY Crossky GTR」に続くCrosskyシリーズの製品は自身初となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン。プレスリリースやアナウンスはまだ見かけませんが日本の代理店が取り扱いだした模様。ちょっと見てみます。QCY Crossky Linkhttps://cn.qcy.com/Crossky%20Link-activities.html...

  7. AVIOT 『Openpiece Elite』 レビューチェック ~ハイブリッドドライバーや着脱ブームマイクを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    AVIOT 『Openpiece Elite』 レビューチェック ~ハイブリッドドライバーや着脱ブームマイクを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    2023年3月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece Elite (WB-E1 / WB-E1M)」。「Openpiece Playful」に続く骨伝導Bluetoothイヤホンはダイナミック型骨伝導+バランスドアーマチュアのハイブリッドドライバーや着脱式の指向性ECMブームマイクなどを特徴としている上位モデル。ちょっとチェックしてみます。WB-E1M 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/wb-e1m/...

  8. SOUNDPEATS 『RunFree』 画像など ~第2作目となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン

    SOUNDPEATS 『RunFree』 画像など ~第2作目となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン

    2023年4月に発売されるSOUNDPEATSのイヤホン「RunFree」。海外のリリース順で言えば「RunFree Lite」に続いて第2作目となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン。内容的にはこちらの方が上位モデルで日本公式サイトにはこちらだけ掲載されている状況ですが、ちょっと見てみます。RunFree – SOUNDPEATS JAPANhttps://jp.soundpeats.com/products/runfree...

  9. SOUNDPEATS、おそらく通常モデルとなるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン『RunFree』

    SOUNDPEATS、おそらく通常モデルとなるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン『RunFree』

    海外で見かけたSOUNDPEATSのイヤホン「RunFree」。自身初となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン「RunFree Lite」を2月に出していたSOUNDPEATSですが、これはネーミングからしておそらくその上位モデル=通常モデルと思われるもの。本体のデザインは別物になっています。SOUNDPEATS RunFreehttps://item.jd.com/10072040063412.html...

  10. QCY、低価格のシンプルなネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン『QCY Crossky Link』

    QCY、低価格のシンプルなネックバンド/オープンイヤー型Bluetoothイヤホン『QCY Crossky Link』

    海外で見かけたQCYのイヤホン「QCY Crossky Link」。個性的なオープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン「QCY Crossky GTR」を出していたQCYですが、どうやら”Crossky ”をシリーズ展開する模様。続いて出してきたこれはシンプルなネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホンです。QCY Crossky Linkhttps://detail.tmall.com/item.htm?id=703604492085...

  11. ソニー 『Float Run』 レビューチェック ~”スポーツギア”を謳うオープンイヤー/ネックバンド型Bluetoothイヤホン

    ソニー 『Float Run』 レビューチェック ~”スポーツギア”を謳うオープンイヤー/ネックバンド型Bluetoothイヤホン

    2023年2月に発売されたソニーのイヤホン「Float Run (WI-OE610)」。「LinkBuds S」などワイヤレスイヤホンの部門でも最大手と言えるソニーですが、これは自身初となるオープンイヤー型のBluetoothイヤホンで、”スポーツギア”と称しているとおりスポーツ特化型のモデル。ちょっとチェックしてみます。Float Run | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/FloatRun/index.html...

  12. SOUNDPEATS、自身初となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン『RunFree Lite』

    SOUNDPEATS、自身初となるネックバンド/オープンイヤー型のBluetoothイヤホン『RunFree Lite』

    海外で見かけたSOUNDPEATSのイヤホン「RunFree Lite」。「Opera 5」など近年は完全ワイヤレスイヤホンを主力としているSOUNDPEATSが初めて手がけたオープンイヤー型のBluetoothイヤホン。現時点で公式サイトに製品情報は掲載されていませんが、各所で既に販売されているようです。SOUNDPEATS | TrueWireless Earbuds for iPhone, Android, Mac and Windowshttps://us.soundpeats.com/...

  13. クリエイティブ、各ECサイトでも取り扱いだした自身初の骨伝導Bluetoothイヤホン『Outlier Free』

    クリエイティブ、各ECサイトでも取り扱いだした自身初の骨伝導Bluetoothイヤホン『Outlier Free』

    2023年2月に発売されたクリエイティブのイヤホン「Outlier Free」。「Outlier Pro」などの製品が出ているOutlierシリーズから登場した自身初の骨伝導Bluetoothイヤホン。当初は公式サイトの直販でのみ取り扱っていましたが、Amazonなど各ECサイトのオフィシャルストアでも取り扱いだしたようです。Creative Outlier Free - ワイヤレス ボーンコンダクション ヘッドホン - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/hea...

  14. AVIOT 『Openpiece Playful WB-P1』 レビューチェック ~独自のモダンフィットデザインを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    AVIOT 『Openpiece Playful WB-P1』 レビューチェック ~独自のモダンフィットデザインを特徴とする骨伝導Bluetoothイヤホン

    2022年12月に発売されたAVIOTのイヤホン「Openpiece Playful WB-P1」。「Openpiece M」「Openpiece S」に続く”Openpiece”の製品は自身初となる骨伝導Bluetoothイヤホン。安定したフィット感を実現するという独自のモダンフィットデザインを主な特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。WB-P1 製品情報|AVIOThttps://aviot.jp/product/wb-p1/...

  15. Shokz 『OpenRun Pro Mini』 レビューチェック ~バンドが短くなったフラッグシップの骨伝導Bluetoothイヤホン

    Shokz 『OpenRun Pro Mini』 レビューチェック ~バンドが短くなったフラッグシップの骨伝導Bluetoothイヤホン

    2022年10月に発売されたShokzのイヤホン「OpenRun Pro Mini」。同社のフラッグシップで業界全体で見ても最上位の存在と言える骨伝導Bluetoothイヤホン「OpenRun Pro」の小型モデル。性能・機能はそのままにバンドの長さが通常モデルより21mm短くなっている模様。ちょっとチェックしてみます。Shokz (旧AfterShokz) OpenRun Pro ハイエンドモデル 骨伝導イヤホン – ShokzJPhttps://jp.shokz.com/products/openrun-pro...