カテゴリBluetoothイヤホン 1/20

SkullcandyのBluetoothイヤホン『JIB+』がAmazonサイバーマンデーで2,000円を切る

2019年6月に発売されたSkullcandyのイヤホン「JIB+」。現ラインナップのエントリークラスとなるネックバンドのBluetoothイヤホン。発売当時から今日まで実売価格は3,000円前後でしたが、Amazonサイバーマンデーにて2,000円を切って販売中。エントリークラスゆえに特筆するような点はないですし割引きも1,000円程度、でも3割引きですから見方によってはお買い得です。JIB+ Black | ワイヤレスイヤホン | Skullcandy公式サイトhttps:...

AKGのネックバンド型NC/Bluetoothイヤホン『N200NC WIRELESS』がAmazonサイバーマンデーで20,000円を切る

2019年11月に発売されたAKGのイヤホン「N200NC WIRELESS」。AKGシグネチャーサウンドとノイズキャンセリング機能を特徴としたネックバンド型のBluetoothイヤホン。実売価格は発売当時から今日まで27,000円台でしたが、Amazonサイバーマンデーにて20,000円を切って販売中。コーデックなど物足りない点があるものの、元値を考えると音自体やNC機能は相応のパフォーマンスが期待できるのではないかと。AKG N200NC Wireless | ワイヤレ...

AKGのBluetoothイヤホン『N200 WIRELESS』がAmazonサイバーマンデーで10,000円を切る

2018年5月に発売されたAKGのイヤホン「N200 WIRELESS」。シンプルなボックスレスタイプでバランスのよい音質が好評を得ていたBluetoothイヤホン。発売当時の価格は15,000円前後でしたがAmazonサイバーマンデーにてこれまでの最安となる10,000円を切って販売中。このタイプのBluetoothイヤホンが好みなら今からでも手を出す価値は十分にあるでしょうね。【イヤホン】AKG 『N200 WIRELESS』 レビューチェックhttps://watchmono.com/b...

オーディオテクニカ 『ATH-CKS330XBT』 レビューチェック ~4,000円を切るSOLID BASSシリーズのBluetoothイヤホン

2020年6月に発売されたオーディオテクニカのイヤホン「ATH-CKS330XBT」。重低音サウンドをウリにしたSOLID BASSシリーズのスタンダードなBluetoothイヤホンで、SOLID BASS HDドライバーや低遅延モード、それに現在の実売価格が4,000円を切る安さも見どころのモデル。ちょっとチェックしてみます。ATH-CKS330XBT|イヤホン|株式会社オーディオテクニカhttps://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-CKS330XBT...

AfterShokz 『Aeropex』 レビューチェック ~定番機となっている骨伝導Bluetoothイヤホン

2019年7月に発売されたAfterShokzのイヤホン「Aeropex」。骨伝導技術を採用したネックバンド型Bluetoothイヤホンの最上位モデル。既にこの部門の定番機として人気を得ているものものですが、「OpenMove」の時に随分と高く評されていたのが気になったのでこちらもチェックしてみます。AfterShokz Aeropex Open-Earデザイン骨伝導ヘッドホン – AfterShokzJPhttps://aftershokz.jp/products/aeropex...

AfterShokz 『OpenMove』 レビューチェック ~エントリークラスの骨伝導Bluetoothイヤホン

2020年9月に発売されたAfterShokzのイヤホン「OpenMove」。耳を塞がない骨伝導技術を採用したネックバンド型Bluetoothイヤホンで知られるAfterShokzの新製品でありエントリークラスとなるモデル。現ラインナップの上位モデルより一回りやすい価格設定になっていますが、ちょっとチェックしてみます。OPENMOVE – AfterShokzJPhttps://aftershokz.jp/products/bone-conduction-headphone-openmove...

FiiO、チップ刷新&DAC搭載などアップグレードされたBluetoothケーブル『LC-BT1』

海外で見かけたFiiOのケーブル「LC-BT1」。「RC-BT」のアップグレード版という位置付けでイベントに出展されていたBluetoothケーブル。Qualcomm QCC3005のBluetoothチップ採用やAKM AK4331のDAC搭載など主要パーツが刷新&追加されているようです。FiiO Bluetooth Productshttps://www.fiio.com/bluetooth_products...

HUAWEI、独自のネックバンド型でANC機能を搭載したBluetoothイヤホン『FreeLace Pro』

海外で見かけたHUAWEIのイヤホン「FreeLace Pro」。2019年6月に日本でも発売された「FreeLace」の上位モデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。USBコネクタ搭載などの特徴はそのままにデュアルアクティブノイズリダクション(ANC機能)をはじめ上位に相応しいものを備えています。HUAWEI FreeLace Prohttps://consumer.huawei.com/cn/audio/freelace-pro/...

AfterShokzの骨伝導Bluetoothイヤホン『Aeropex』のクリス・フルーム/ツール・ド・フランスモデル

2019年7月に発売されたAfterShokzのイヤホン「Aeropex」耳を塞がない骨伝導技術を採用しているネックバンド型のBluetoothイヤホンですが、海外ではツール・ド・フランス総合優勝を4回果たしているトップロードレーサーのクリス・フルームとコラボした限定モデルが最近リリースされたようです。AfterShokz Aeropex Open-Earデザイン骨伝導ヘッドホン – AfterShokzJPhttps://aftershokz.jp/products/aeropex...

Bang & Olufsenの”アイコニックデザイン”Bluetoothイヤホン『EARSET』が5,000円を切る

2018年5月に発売されたBang & Olufsen(B&O PLAY)のイヤホン「EARSET」。レトロでメカニカルな”アイコニックデザイン”のワイヤレス化を実現して話題になったBluetoothイヤホン。発売当時の価格は30,000円以上もする高額品でしたが、大幅値下げの5,000円を切って販売するところが出てきました。【イヤホン】B&O PLAY 『EARSET』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8857.html...

JVCの個性的なNC搭載/ネックバンド型Bluetoothイヤホン『XE-M10BT』が10,000円を切る

2018年2月に発売されたJVCのイヤホン「XE-M10BT」。ノイズキャンセリング機能やK2テクノロジーを搭載したネックバンド型のBluetoothイヤホンで、ヴィンテージ風のデザインも特徴的なモデル。発売当時は30,000円近くもする高額品でしたが、10,000円を切って販売するところが出てきました。【イヤホン】JVC 『XE-M10BT』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-8890.html...

SoundPEATS 『ForcePro』 レビューチェック ~デュアルドライバーになったaptX HD対応のBluetoothイヤホン

2020年4月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「ForcePro」。「FORCE HD」のデュアルドライバー版と言えそうなネックバンド型のBluetoothイヤホン。連続再生時間は22時間に下がっていますが、こちらもaptX HDコーデック対応を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式】SOUNDPEATS Audio サウンドピーツオーディオ機器 | sport-earbudshttps://www.soundpeatsaudio.com/jp/sport-earbuds.html...

Xiaomi、低価格でaptX Adaptive対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『Line Free』

海外で発表があったXiaomiのイヤホン「Line Free」。「Mi Bluetooth Noise Cancelling Neckband Earphones」などネックバンド型のBluetoothイヤホンも数多く手がけているXiaomiが次に出してきたのは199人民元(約3,000円)という低価格でありながらaptX Adaptiveに対応したモデルです。小米蓝牙耳机Line Free立即购买-小米商城https://item.mi.com/product/11949.html...

OPPO、低価格でLDAC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『Enco M31』

海外で見かけたOPPOのイヤホン「Enco M31」。「Enco W31」と共に発表された新製品でこちらはネックバンド型のBluetoothイヤホン。シンプルかつスリムなデザインで価格は手ごろな設定になっているスタンダードモデルですが、このタイプでは珍しくLDAC対応を特徴としています。OPPO Enco M31https://www.opposhop.cn/products/1307.html...

SoundPEATS 『Engine HD』 レビューチェック ~デュアルドライバー&aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン

2019年11月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「Engine HD」。「FORCE HD」と同じく既製品をアップグレードしたネックバンド型のBluetoothイヤホンで、デュアルダイナミックドライバー&2WAYクロスオーバーネットワークとaptX HDコーデック対応を特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。【公式】SOUNDPEATS Audio サウンドピーツオーディオ機器 | sport-earbudshttps://www.soundpeatsaudio.com/jp/sport-earbuds.html...

SoundPEATS 『FORCE HD』 レビューチェック ~30時間再生&aptX HD対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン

2019年11月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「FORCE HD」。既製品のアップグレードを頻繁に行っているSoundPEATSですが、これはネックバンド型BluetoothイヤホンのFORCEを刷新したHDモデルで、30時間再生のロングバッテリーやaptX HDコーデック対応などが主な特徴。ちょっとチェックしてみます。【公式】SOUNDPEATS Audio サウンドピーツオーディオ機器 | Force HDhttps://www.soundpeatsaudio.com/jp/neckband-bluetooth-headph...

SENNHEISER 『CX 150BT』 画像など ~エントリークラスのシンプルなBleutoothイヤホン

海外で発売されているSENNHEISERのイヤホン「CX 150BT」。「CX 6.00BT」が好評を得ていたCXシリーズの新たなBluetoothイヤホン。現ラインナップではエントリークラスにあたるモデルで音質・快適性・耐久性のバランスが完璧だと謳っていますが、ちょっと見てみます。Sennheiser CX 150BThttps://en-us.sennheiser.com/cx-150bt...

1MORE、全面的に進化したANC搭載のネックバンド型Bluetoothイヤホン『EHD9001BA』

海外で見かけた1MOREのイヤホン「EHD9001BA」。日本でも2019年に発売された「E1004BA」のアップグレード版となるネックバンド型のBluetoothイヤホン。引き続きアクティブノイズキャンセリング機能とハイブリッドドライバーを特徴としていますが、全面的に進化しているモデルです。Wireless Archives | 1Morehttps://global.1more.com/product-category/earphones/wireless-earphones/...

クリエイティブ、2BA+1DDドライバーでaptX HD対応のBluetoothイヤホン『Aurvana Trio Wireless』

海外で見かけたクリエイティブのイヤホン「Aurvana Trio Wireless」。2018年2月に発売された「Aurvana Trio」のワイヤレスモデルとなるネックバンド型のBluetoothイヤホン。2BA+1DDのハイブリッドドライバーを搭載しており、aptX HDコーデック対応やSuper X-Fiテクノロジー採用も特徴としています。jp.creative.com - ヘッドホン / イヤホンhttps://jp.creative.com/p/headphones-headsets?filters=1036...

ソニー 『WI-1000XM2』 レビューチェック ~NC機能搭載の第2世代Bluetoothイヤホン~

2019年12月に発売されたソニーのイヤホン「WI-1000XM2」。「WI-1000X」の後継機となるノイズキャンセリング機能を搭載したネックバンド型のBluetoothイヤホン。「WH-1000XM3」でも採用されていた”QN1”の搭載やフレキシブルになったネックバンドユニットなどを特徴としていますが、ちょっとチェックしてみます。WI-1000XM2 | ヘッドホン | ソニーhttps://www.sony.jp/headphone/products/WI-1000XM2/...