カテゴリマウス 1/22

Rapoo、変形デザインでQi対応の2.4GHz/Bluetoothワイヤレスマウス『Ralemo Air 1』

海外で見かけたRapooのマウス「Ralemo Air 1」。ここ最近はゲーミングマウスに注力していたRappoが新シリーズのワイヤレスマウスをリリースした模様。ご覧のとおり特徴的な変形デザインで2.4GHz/Bluetooth 5.0のデュアルワイヤレスモードとQiに対応しているモデルです。全体女生注意!气垫鼠标来了!雷柏ralemo Air 1无线充电鼠标上市http://www.rapoo.cn/article/412...

ロジクールのワイヤレスマウス『MX Anywhere 3』の分解レポート

2020年10月に発売されるロジクールのマウス「MX Anywhere 3」。「MX Anywhere 2S」の後継機でMagSpeed電磁気スクロールホイールの搭載を新たな特徴としているモバイルワイヤレスマウス。これまで何度か取り上げてきましたが今回は分解を試みたレポートが投稿されていたので、それを見てみます。ロジクールのワイヤレスマウス『MX Anywhere 3 / MX Anywhere 2S』の外観比較https://watchmono.com/e/mx-anywhere3-and-mx-anywhere2s...

ロジクールのワイヤレスマウス『MX Anywhere 3 / MX Anywhere 2S』の外観比較

2020年10月に発売されるロジクールのマウス「MX Anywhere 3」。「MX Anywhere 2S」の後継機でMagSpeed電磁気スクロールホイールの搭載など進化を遂げたシリーズ第3世代のモバイルワイヤレスマウス。その新旧の外観を比較したレポートがありましたのでちょっと見てみます。ロジクール 『MX Anywhere 3』 画像など ~MagSpeed電磁気ホイール搭載のモバイルワイヤレスマウスhttps://watchmono.com/e/logicool-mx-anywhere-3-gallery...

Rapoo 『M600mini』 画像など ~超小型サイズでメタリックな2.4GHz/Bluetoothワイヤレスマウス

2020年10月に発売されるRapooのマウス「M600mini」。サイズ:幅46x奥行き73x高さ22mmという超小型サイズでアルミニウム合金製のメタリックボディになっているワイヤレスマウス。2.4GHz/Bluetoothのデュアルワイヤレスモード対応も特徴としているモデルですが、ちょっと見てみます。超小型マルチモード ワイヤレス・サイレントマウス Rapoo M600minihttps://www.uniqstyle.co.jp/products/rapoo/M600mini/...

ロジクール 『MX Anywhere 3』 画像など ~MagSpeed電磁気ホイール搭載のモバイルワイヤレスマウス

2020年10月に発売されるロジクールのマウス「MX Anywhere 3」。「MX Anywhere 2S」の後継機でシリーズ第3世代のワイヤレスマウス。モバイル向けのコンパクトサイズでありながら「MX Master 3」と同じくMagSpeed電磁気スクロールホイールの搭載を大きな特徴としていますが、ちょっと見てみます。ロジクールMX Anywhere 3ワイヤレス コンパクト パフォーマンスマウスhttps://www.logitech.com/ja-jp/products/mice/mx-anywhere-3.910...

Logitech 『M190』 画像など ~フルサイズを謳うエントリークラスのワイヤレスマウス

海外で発売されているLogitechのマウス「M190」。同社のエントリークラスでは久々の新型となるワイヤレスマウス。モバイル向けが多いM1xx系としては珍しく大きめで自らフルサイズと謳っており、カラーはブラック・グレー・レッド・ブルーの合計4色あり。ちょっと見てみます。Logitech M190 Wireless Mouse - Full Size Curve Designhttps://www.logitech.com/en-us/products/mice/m190-wireless-mouse.910-005900.html...

Logitech、第3世代となるハイエンドクラスのモバイルワイヤレスマウス『MX Anywhere 3』

海外で見かけたLogitechのマウス「MX Anywhere 3」。「MX Anywhere 2S」の後継機でシリーズ第3世代となるモバイルサイズのワイヤレスマウス。「MX Master 3」と同じくMagSpeed電磁気スクロールホイールの採用などハイエンドクラスに相応しい性能・機能を備えているモデルです。Logitech MX Anywhere 3 Wireless Compact Performance Mousehttps://www.logitech.com/en-us/products/mice/mx-anywhere-3.910-005985.html...

サンワサプライ 『400-MA130』 画像など ~ディスプレイや4クリックボタンを搭載したワイヤレスのエルゴノミクスマウス

2020年7月に発売されたサンワサプライのマウス「400-MA130」。垂直のスタイルで持つ事ができるワイヤレスのエルゴノミクスマウスで、ステータス・設定の表示が可能なディスプレイやメインクリックを前後で押し分けできる4クリックボタンの搭載を特徴としているモデル。ちょっと見てみます。エルゴマウス 400-MA130 | サンワダイレクトhttp://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-MA130...

Razer 『Razer Pro Click』 画像など ~ゲーミンググレードのスペックを備えた一般向けのワイヤレスマウス

海外で発売されているRazerのマウス「Razer Pro Click」。オフィス製品で知られるHumanscaleと提携して開発された一般向けのワイヤレスマウス。外観はそれっぽい落ち着いたデザインになっていますが、中身はゲーミンググレードのスペックを備えている模様。ちょっと見てみます。Wired/Wireless Mouse for Productivity - Razer Pro Clickhttps://www.razer.com/gaming-mice/razer-pro-click/RZ01-02990100-R3U1...

Logitech、エントリークラスで久々の新型となるワイヤレスマウス『M190』

海外で発表があったLogitechのマウス「M190」。型番がM1xxのエントリークラスでは「M171」以来の新型となるワイヤレスマウス。おそらくモバイルは想定してないフルサイズを謳っているモデルで、同社のエントリークラスにしてはやや大きめのサイズになっています。Logitech M190 Wireless Mouse - Full Size Curve Designhttps://www.logitech.com/en-us/products/mice/m190-wireless-mouse.910-005900.html...

Razer、一般向けの情勢を変えそうなハイエンドクラスのワイヤレスマウス『Razer Pro Click』

海外で見かけたRazerのマウス「Razer Pro Click」。ゲーミングデバイスメーカーのRazerがオフィス製品で知られるHumanscaleと提携して一般向けのマウス・キーボードを出す模様。シリーズ第一弾の一つであるこれはゲーミングマウスなみのスペックを備えたワイヤレスモデルです。Wired/Wireless Mouse for Productivity - Razer Pro Clickhttps://www.razer.com/gaming-mice/razer-pro-click/RZ01-02990100-R3U1...

Logitech、Macに最適化されたハイエンドのBluetoothマウス『MX Master 3 for Mac』

海外で見かけたLogitechのマウス「MX Master 3 for Mac」。MagSpeedスクロールホイールを搭載したワイヤレスマウス「MX Master 3」のMac専用と言えるモデルが海外でリリースされた模様。いくつかの部分が仕様変更されてMacに最適化された反面、Windowsには非対応となっています。Logitech MX Master 3 for Mac - Advanced Wireless Mousehttps://www.logitech.com/en-us/product/mx-master-3-mac-wireless-mouse.910-005693.html...

HHKB用のWASDキーキャップが付いてくる富士通のワイヤレスマウス『FR100 / FR200』

静電容量無接点方式キーボードのHHKBシリーズを手がけているPFUが富士通の子会社だという事は周知だと思いますが、その富士通が海外で出しているワイヤレスマウス「FR100 / FR200」は”HHKB Edition”と言えるモデルが存在するようで、本体にロゴが入っているだけでなくHHKB用のWASDキーキャップも付いてくるというちょっと変わった製品になっています。HHKB特别版无线办公游戏鼠标加pbt WASD键帽fr100/200特别版 - 京东https://item...

ikbc、機動戦士ガンダム公式コラボのマウス『RX-78-2 VER1.0 Mouse』

海外で見かけたikbcのマウス「RX-78-2 VER1.0 Mouse」。メカニカルキーボードの「RX-78-2 VER1.0/1C」と共にリリースされた機動戦士ガンダム公式コラボのマウス。製品名どおり初代のガンダムをモチーフにしたデザインになっていますが、ikbcがマウスを出すのはおそらくこれが初です。ikbc RX-78-2高达联名款鼠标光电有线电竞游戏电脑笔记本办公家用-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=618324739550...

東プレ 『REALFORCE MOUSE』 レビューチェック ~静電容量無接点方式スイッチを採用したマウス

2020年3月に発売された東プレのマウス「REALFORCE MOUSE」。静電容量無接点方式キーボードの本家本元として知られるREALFORCEから初めて登場したマウス。キーボードと同じスイッチをメインクリックに採用しているのが大きな特徴でゲーミングマウスっぽい外観になっているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。製品 : REALFORCE MOUSE / RFM01U11 | REALFORCE | 日本製プレミアムキーボードの最高峰https://www.realforce.co....

Delux 『M618C』 画像など ~MX Verticalに似た形状のワイヤレスエルゴノミクスマウス

海外で発売されているDeluxのマウス「M618C」。ロジクールの「MX Vertical」を彷彿とさせる形状のワイヤレスエルゴノミクスマウス。見る角度によってはクローンと言えるほど似ていますが、ボタンの配置など結構違っていて価格帯も全然違う廉価なモデル。ちょっと見てみます。M618C_DELUXhttp://www.deluxworld.com/en/product/rgzn/czsb/259.html...

ロジクール、6つもあるワイヤレスマウス『Pebble M350』のデザイナーモデル

2019年6月に発売されたロジクールのマウス「Pebble M350」。シンプルでモダンなデザインかつ静音仕様にもなっているモバイル向けのワイヤレスマウス。中国では”Pebble”の名で先行リリースされていましたが、その中国ではデザイナーが手がけた限定モデルが6つも出ているようです。【マウス】ロジクール 『Pebble M350』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9866.html...

Delux、MX Verticalクローンのワイヤレスエルゴノミクスマウス『M618C』

海外で見かけたDeluxのマウス「M618C」。「M618X」など個性的なエルゴノミクスマウスをいくつも出していたDeluxが新型モデルをリリースした模様。記事のタイトルどおりロジクールの「MX Vertical」のクローンではないかと思わせる垂直型のエルゴノミックデザインです。M618C_DELUXhttp://www.deluxworld.com/en/product/rgzn/czsb/259.html...

LOFREE、ゴージャスな見た目になったワイヤレスマウス『MAUS』のローズゴールドモデル

海外/国内で発売されているLOFREEのマウス「MAUS」。レトロフューチャーなデザインが目を引いた2.4GHz/Bluetoothワイヤレスマウスにローズゴールドモデルも追加された模様。キーボードの「DOT - 绽放」と同じく口紅をモチーフにしており、その見た目はガラリと変わっています。LOFREE、レトロフューチャーなワイヤレスマウス『MAUS』https://watchmono.com/blog-entry-9195.html...

マイクロソフト、シンプルな有線のエルゴノミックマウス『Ergonomic Mouse』

2020年2月に発売されるマイクロソフトのマウス「Ergonomic Mouse」。その名のとおりシンプルかつ軽量のエルゴノミックデザインになっている有線マウスで、BlueTrackテクノロジーのセンサーやメタルホイールの採用、それにカスタマイズ可能な2ボタンの搭載も特徴としているモデルです。Microsoft Surface Ergonomic Mouse - Microsoft Storehttps://www.microsoft.com/ja-jp/p/microsoft-ergonomic-mouse/8V03BK4WQ3XM...