カテゴリスピーカー 1/13

クリエイティブ 『Creative Pebble V3』 レビューチェック ~USB接続&Bluetooth対応のコンパクトPCスピーカー

2020年8月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V3」。「Creative Pebble」「Creative Pebble V2」に続くシリーズ第3世代となるコンパクトサイズのPCスピーカー。スピーカーが大きくなった事とUSB接続&Bluetooth対応になった事を新たな特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Creative Pebble V3 - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/speakers/creative-pebble-v3...

クリエイティブ 『Creative Pebble V2』 レビューチェック ~USB-C給電になった第2世代のコンパクトPCスピーカー

2019年9月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V2」。「Creative Pebble」の後継機でUSB Type-C給電採用によって最大16Wのハイパワーを実現しているコンパクトサイズのPCスピーカー。既に第3世代モデルの「Creative Pebble V3」が出ている状況ですが、ちょっとチェックしてみます。Creative Pebble V2 - USB-C電源タイプのパワフル サウンド コンパクト スピーカーhttps://jp.creative.com/p/speakers/creati...

MSI、MAGシリーズから登場したDTS Studio Sound対応のゲーミングサウンドバー『MAG XA2821』

海外で見かけたMSIのスピーカー「MAG XA2821」。「Optix MAG274QRF-QD」などのゲーミングモニターやPCパーツで知られるMAGシリーズからゲーミングサウンドバーが登場した模様。DTS Studio Sound・DTS TruSurround・DTS TruVolume対応を特徴としているPC向けのモデルです。MAG XA2821藍芽喇叭https://tw.msi.com/Gaming-Gear/MAG-XA2821...

サンワサプライ 『400-SP091』 レビューチェック ~JBL製と同型のBluetooth&USB接続対応スピーカー

2020年7月に発売されたサンワサプライのスピーカー「400-SP091」。フルレンジ+ツイーターのスピーカー構成になっているコンパクトサイズのアクティブスピーカーで、Bluetooth&USB接続対応も特徴としているモデル。先に言っておくとJBLの「JBL PS3300」と同型のようですが、ちょっとチェックしてみます。Bluetoothスピーカー 400-SP091| 通販ならサンワダイレクトhttps://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-SP091...

EDIFIER、本格的なスペックを備えたゲーミングPCスピーカー『HECATE G5000』

海外で発表があったEDIFIERのスピーカー「HECATE G5000」。「HECATE GM5」などゲーム向けのオーディオ製品を展開しているHECATEブランドの新たなゲーミングPCスピーカー。同ブランドの製品はこれまで手が出しやすい割安なものばかりでしたが、これはスペックも価格も本格的なモデルです。EDIFIER/漫步者G5000电脑电竞游戏音箱台式音响家用蓝牙音响低音炮-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=641354030802&skuId=46...

ロジクールのゲーミングスピーカー『G560』がAmazon新生活セールで再び20,000円を切る

2018年5月に発売されたロジクールのスピーカー「G560」。サテライトスピーカーとサブウーファーの2.1ch構成になっているゲーミングスピーカー。発売当時の価格は26,000円で最近の実売価格はその時より高くて29,000円台でしたが、Amazon新生活セールにてこれまでの最安値タイとなる20,000円を切って販売中。セールが終わればまたがっつり高くなるでしょうから、買うなら今でしょうね。【スピーカー】ロジクール 『G560』 レビューチ...

ハイセンス 『HS214』 レビューチェック ~独自のサラウンドモードを備えた入門用のサウンドバー

2020年10月に発売されたハイセンスのスピーカー「HS214」。主にテレビのメーカーとして知られるハイセンスがそのオプション的な形で出しているサウンドバー。独自のサラウンドモード搭載を大きな特徴としており、サイズや価格からして入門用と言えるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。HS214 | ハイセンスジャパン株式会社https://www.hisense.co.jp/audio/hs214/...

お前らのゲーミングスピーカー見せろよ Part.2(Razer)

ゲーミングスピーカー・・・明確にその位置付けで出された製品は知る限りだと2000年代後半にRazerが出したものが始まりだったと記憶していますが、10年以上の歴史があるのに製品自体の数は意外と少なかったりする。でも2010年代以降に有名どころが手がけたものはどれも健在で、選択肢はそれなりにある状況。今回はそのゲーミングスピーカーを使っているユーザー環境を2回に分けて見てみます。Part.2はRazerの製品です。お前らのゲ...

お前らのゲーミングスピーカー見せろよ Part.1(ロジクールG・クリエイティブ・JBL)

ゲーミングスピーカー・・・明確にその位置付けで出された製品は知る限りだと2000年代後半にRazerが出したものが始まりだったと記憶していますが、10年以上の歴史があるのに製品自体の数は意外と少なかったりする。でも2010年代以降に有名どころが手がけたものはどれも健在で、選択肢はそれなりにある状況。今回はそのゲーミングスピーカーを使っているユーザー環境を2回に分けて見てみます。Part.1はロジクールG・クリエイティブ・...

JBL 『JBL Quantum Duo』 レビューチェック ~RGB LEDを搭載した才色兼備のゲーミングスピーカー

2020年11月に発売されたJBLのスピーカー「JBL Quantum Duo」。ゲーミングオーディオデバイスを展開するQuantumシリーズから登場したゲーミングスピーカー。ゲーム用にチューニングされたサラウンド技術とカスタマイズ可能なライティング機能を特徴としているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。JBL Quantum Duo | ゲーミングスピーカーhttps://jp.jbl.com/QUANTUM+DUO-.html...

ロジクール 『Z407』 レビューチェック ~横置きもできる無線リモコン付きの2.1chスピーカーシステム

2020年11月に発売されたロジクールのスピーカー「Z407」。サテライトスピーカー+サブウーファーの2.1chスピーカーシステム。スピーカーの横置き対応やワイヤレスのコントロールポット付属、それにBluetooth/USB接続対応も特徴としている多機能なモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Z407 Bluetoothパソコンスピーカー(サブウーファー付き) | ロジクールhttps://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/speakers/z407-bluetoo...

ソニー 『HT-G700』 レビューチェック ~大型TV向けのサウンドバー/ホームシアターシステム

2020年6月に発売されたソニーのスピーカー「HT-G700」。センタースピーカーも搭載したサウンドバーとワイヤレスサブウーファーの3.1ch構成になっているホームシアターシステムで、大型TV向けにサラウンド音場や音声のリスニングを最適化したというモデル。ちょっとチェックしてみます。HT-G700 | サウンドバー/ホームシアターシステム | ソニーhttps://www.sony.jp/home-theater/products/HT-G700/...

ヤマハ 『SR-C20A』 レビューチェック ~同社の製品で史上最少となるTV/PC向けのサウンドバー

2020年10月に発売されたヤマハのスピーカー「SR-C20A」。「YAS-109」「YAS-209」に次ぐ新シリーズのサウンドバーは同社の製品で史上最少となるコンパクトサイズのモデル。そこまで広くない部屋で使うTV/PC向けにサイズと機能を絞ってきた感のあるものですが、ちょっとチェックしてみます。ヤマハ | SR-C20Ahttps://jp.yamaha.com/products/audio_visual/sound_bar/sr-c20a/...

Bose 『Bose TV Speaker』 レビューチェック ~シンプルでコンパクトなTV向けのサウンドバー

2020年7月に発売されたBoseのスピーカー「Bose TV Speaker」。フロント中央に2基のフルレンジドライバーを搭載したシンプルでコンパクトなサウンドバー。本格的なホームシアターシステムやオールインワン型とは違ってTV用に的を絞った感のあるモデルですが、ちょっとチェックしてみます。Bose TV Speaker | ボーズhttps://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/home_theater/bose-tv-speaker.html...

クリエイティブ 『Creative Pebble V3』 画像など ~USB接続&Bluetooth対応になったコンパクトPCスピーカー

2020年8月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V3」。「Creative Pebble」「Creative Pebble V2」に続くPebbleシリーズ第3世代となるPCスピーカー。スピーカーの大径化やUSBケーブル1本だけで接続可能、さらにBluetooth対応など進化している点がいくつかありますが、ちょっと見てみます。Creative Pebble V3 - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/speakers/creative-pebble-v3...

Phanteks、自社のPCケースをモチーフにした小型PCスピーカー『Evolv Sound Mini』

海外で見かけたPhanteksのスピーカー「Evolv Sound Mini」。PCケースのメーカーとして知られるPhanteksがそのPCケースをモチーフにしたデザインのPCスピーカーをリリースしていた模様。78x135x80mmのコンパクトサイズでPCケースと同じくサイドにRGB LEDを搭載したユニークなモデルです。Phanteks Innovative Computer Hardware Designhttp://www.phanteks.com/PH-SPK219.html...

AIRPULSE 『A80』 レビューチェック ~著名エンジニアが手がけたハイレゾ対応アクティブスピーカー

2020年5月に発売されたAIRPULSEのスピーカー「A80」。ベースのアーティストとしてもスピーカーのエンジニアとしても知られ、2000年代からEDIFIERのチーフデザイナーにもなっていたフィル・ジョーンズが設計したというハイレゾ対応アクティブスピーカー。ちょっとチェックしてみます。AIRPULSE - Product Detail - A80https://airpulsepro.com/product-detail/a80...

EDIFIER、第2作目となるRGB LED搭載で3種の接続に対応したゲーミングスピーカー『HECATE G1000』

海外で見かけたEDIFIERのスピーカー「HECATE G1000」。「HECATE G2000」に続くゲーミングデバイスブランド”HECATE”の第2作目となるゲーミングスピーカーで、今作もRGB LED搭載や3.5mm/USB/Bluetooth接続対応を特徴としているモデル。型番や価格からしてこちらが下位です。漫步者 HECATE G1000游戏音响家用电竞音响重低炮音蓝牙音箱有源-tmall.com天猫https://detail.tmall.com/item.htm?id=624498608342...

JBL、QuantumシリーズのPCゲーミングスピーカー『JBL Quantum Duo』

海外で見かけたJBLのスピーカー「JBL Quantum Duo」。Quantumシリーズといえば日本だとゲーミングヘッドセットが出回っていますが、海外の地域によってはPC用のゲーミングスピーカーも既にリリースされている模様。ライティング機能搭載などゲーム向けらしい作りになっているモデルです。JBL Quantum Duo | PC Gaming Speakershttps://www.jbl.com/gaming/QUANTUM+DUO-.html...

クリエイティブ 『Creative T100』 レビューチェック ~”BasXPort”採用のデスクトップスピーカー

2019年11月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative T100」。”プレミアムHi-Fiデスクトップスピーカー”と称すコンパクトサイズの2chアクティブスピーカーで、サブウーファなしでも豊かな低音を実現するというBasXPort™テクノロジーを主な特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。Creative T100 - Creative Technology (日本)https://jp.creative.com/p/speakers/creative-t100...