カテゴリゲーミングマウス 1/57

HyperXがG-Wolvesと組んでハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスを出す?

今や知名度は世界的になっているゲーミングデバイスブランドのHyperX。ただしゲーミングマウスに限っては現在のラインナップを見ると他社に後れを取っているというか時流に乗れていない感もありますが、「Hati (HT-M)」などで知られるG-Wolvesと組んでハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスを出すかもしれない動きがありました。ゲーミングマウス - ワイヤードとワイヤレス | HyperXhttps://www.hyperxgaming.com/jp/mice...

Razer、定番ゲーミングマウスの小型モデル『Razer DeathAdder V2 Mini』

海外で見かけたRazerのマウス「Razer DeathAdder V2 Mini」。その名のとおり「Razer DeathAdder V2」の小型版となるゲーミングマウス。グローバルサイトで5/26に何らかの発表があると告知されていたのはおそらくこれだと思いますが、中国では1日早く正式な発表がありました。Razer DeathAdder V2 Mini 雷蛇炼狱蝰蛇 V2 迷你版http://cn.razerzone.com/gaming-mice/razer-deathadder-v2-mini...

Razer、ドラえもん50周年を記念した限定ゲーミングデバイス4製品を中国でリリース

国民的マンガ/アニメになっているドラえもんは2020年で50周年、特設サイトも用意されて様々なメディア・グッズを展開していく模様。その展開は日本だけでなく海外でも話が進んでいるようで今まで特に関係はなかったRazerがゲーミングデバイスを中国でリリースするとのこと。マウス+マウスパッド2種・キーボード・ヘッドセットの4製品が公開されていました。ドラえもん50周年特設サイトhttps://50th.dora-world.com/media/...

Krom Gaming、メカニカルな垂直エルゴノミックデザインのゲーミングマウス『Kaox』

海外で発表があったKrom Gamingのマウス「Kaox」。スペインのゲーミングデバイスブランドが最近公開したゲーミングマウスで、垂直型のエルゴノミックデザインとメカニカルな大径ホイールが特徴的なモデル。Deluxの「M618X」がベースと思いきや共通点はホイールくらいの別物です。Kaox - Krom Gaminghttps://www.kromgaming.com/ratones/kaox...

G-Wolves 『Skoll (SK-L)』 レビューチェック ~なぜか4,000円を切っているハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスその2

海外/国内で発売されているG-Wolvesのマウス「Skoll (SK-L)」。ZOWIE ECシリーズのクローンと言える形状でハニカムデザインの軽量ボディになっているゲーミングマウス。。日本では当初9,000円台で出回りだしたものですが「Hati (HT-M)」と共に4,000円を切っている模様。ちょっとチェックしてみます。G-Wolveshttp://www.gm-wolves.com/...

G-Wolves 『Hati (HT-M)』 レビューチェック ~なぜか4,000円を切っているハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスその1

海外/国内で発売されているG-Wolvesのマウス「Hati (HT-M)」。サイドボタンを除く左右対称の形状でハニカムデザインの軽量ボディになっているゲーミングマウス。日本では当初9,000円台で出回りだしたものですが「Skoll (SK-L)」と共に4,000円を切っている模様。ちょっとチェックしてみます。G-Wolveshttp://www.gm-wolves.com/...

Cooler Masterのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『MM711』、Amazonでは5,000円台で販売開始

2020年5月に発売されるCooler Masterのマウス「MM711」。「MM710」のRGB LED搭載版となるハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス。プレスリリースでは計4ラインナップのモデルすべて8,000円台の想定価格になっていましたが、Amazonでは5,000円台で予約がはじまっていました。【マウス】Cooler Master 『MM711』 画像などhttps://watchmono.com/blog-entry-10473.html...

ロジクール 『PRO Wireless (PIXEL)』 画像など ~一般販売がはじまった限定ピンクのワイヤレスゲーミングマウス

海外で発売されているロジクールのマウス「PRO Wireless (PIXEL)」。「PRO Wireless」の限定モデルとして登場したピンクのワイヤレスゲーミングマウス。初出は専用サイトにて1,000台限定で取り扱っていたものですが、中国では台数制限なしの一般販売がはじまった模様。ちょっと見てみます。Limited Edition Logitech G Products - Gaming Mice, Keyboards, Headsetshttps://www.logitechg.com/en-us/products/limited-editions.htm...

DAREU 『A960 STORM』 画像など ~ノーマルボディで重量:65gを実現している軽量ゲーミングマウス

海外で発売されているDAREUのマウス「A960 STORM」。中国のゲーミングデバイスメーカーでOEM/ODM元にもなっているDAREUが最近リリースしたゲーミングマウス。ハニカムデザインではないノーマルボディで重量:65gを実現しており、各パーツも基準を満たしているものを使っているモデルですが、ちょっと見てみます。A960暴风Storm鼠标https://www.dareu.com/chanpinzhanshi/diannao/545.html...

ロジクールのワイヤレスゲーミングマウス『PRO Wireless』の限定カラー”PIXEL”、中国で一般販売される

海外で発売されているロジクールのマウス「PRO Wireless (PIXEL)」。ワイヤレスゲーミングマウスのPRO Wirelessをピンクに仕立て上げたこの限定モデルはチャリティーを目的に北米の専用サイトのみで販売されていたものですが、どうやら中国のオフィシャルストアで一般販売がはじまったようです。【マウス】ロジクール 『PRO Wireless』 レビューチェックhttps://watchmono.com/blog-entry-9260.html...

G-Wolvesのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『Skoll (SK-L)』が4,000円を切る

海外/国内で発売されているG-Wolvesのマウス「Skoll (SK-L)」。「Hati (HT-M)」と同じくハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスがブレイクした時に火付け役の一つとなっていたLサイズのモデル。日本で出回りだしたころの価格は9,000円台でしたが、こちらも4,000円を切っていました。G-Wolves 『Skoll Limited Edition Sakura』 画像など ~”桜”限定カラーのハニカム/軽量ゲーミングマウス~https://watchmono.com/e/g-wolves-skoll...

G-Wolvesのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス『Hati (HT-M)』が4,000円を切る

海外/国内で発売されているG-Wolvesのマウス「Hati (HT-M)」。ハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスがブレイクした時に火付け役の一つとなっていたMサイズのモデル。日本で出回りだしたころの価格は9,000円台でしたが、Lサイズの「Skoll (SK-L)」と共に4,000円を切っていました。G-Wolveshttp://www.gm-wolves.com/...

FalleN関連の製品と思われるDarmoshark N1がベースのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス

先日取り上げたDarmosharkのゲーミングマウス「Darmoshark N1」。その記事内でCS:GOのプロゲーマーとして知られるFalleNモデルも用意していると記載しましたが、その件について調べていくとDarmosharkからFalleNモデルが出るわけではなく、FalleNが立ち上げたゲーミングデバイスブランドから同型の製品が出る展開っぽいです。Darmoshark 『Darmoshark N1』 画像など ~新設ブランド独自のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウスhtt...

HyperXのシンプルなゲーミングマウス『Pulsefire Core』が2,000円を切る

2018年10月に発売されたHyperXのマウス「Pulsefire Core」。現ラインナップのエントリークラスにあたるシンプルなデザインのゲーミングマウス。発売当時の価格は5,000円弱で最近の実売価格は3,000円前後でしたが、これまでの最安となる2,000円を切って販売するところが出てきました。Pulsefire Core RGBゲーミングマウス | HyperXhttps://www.hyperxgaming.com/jp/mice/pulsefire-core-rgb-gaming-mouse...

ASUS 『ROG Pugio II』 画像など ~ギミックが充実していながら割と軽いワイヤレスゲーミングマウス

海外で発売されているASUSのマウス「ROG Pugio II」。「ROG Pugio」の後継機で別物と言えるほどモデルチェンジされたワイヤレスゲーミングマウス。「ROG Strix Impact II」と同じく改良されたマイクロスイッチ交換可能のギミックを備えているモデルですが、ちょっと見てみます。ROG Pugio II | Keyboards & Mice | ASUS Globalhttps://www.asus.com/Keyboards-Mice/ROG-Pugio-II/...

i-Rocks、ZIPPY製のマイクロスイッチを採用したゲーミングマウス『M39 PRO』

海外で見かけたi-Rocksのマウス「M39 PRO」。「サンワダイレクト 400-MA112」のOEM/ODM元でもあったi-Rocksが新たなゲーミングマウスを発表。製品でこれが初採用となる新しくなったロゴも目を引きますが、ZIPPY製のマイクロスイッチ採用が一番の特徴となりそうなモデルです。irocks M39 PROhttp://www.i-rocks.com/web/product/product_in.jsp?pd_no=PD1587363804762...

ロジクール 『G203 LIGHTSYNC』 画像など ~日本初リリースとなるG102/G203系の最新ゲーミングマウス

2020年5月に発売されるロジクールのマウス「G203 LIGHTSYNC」。エントリークラスの位置付けでありながらゲーミンググレードのセンサーやLIGHTSYNC対応のRGB LEDを搭載したゲーミングマウス。日本ではこれまで未発売だったG102/G203系の最新モデルでもありますが、ちょっと見てみます。ロジクールG203 LIGHTSYNC RGB 6ボタン ゲーミング マウスhttps://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/g203-lightsync-rgb-gaming...

Darmoshark 『Darmoshark N1』 画像など ~新設ブランド独自のハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス

海外で発売されているDarmosharkのマウス「Darmoshark N1」。中国のMOTOSPEEDが新設したゲーミングデバイスブランドのハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス。どこかのOEM/ODM品を利用したものではないオリジナルデザインでやや大きめのサイズになっているモデルですが、ちょっと見てみます。MOTOSPEEDhttp://www.motospeed.cn/...

中国ロジクールがワイヤレスゲーミングマウス『PRO Wireless』にグリップテープを付けて販売している

ゲーミングマウスにスポーツ用品のグリップテープを付けるカスタマイズは2019年から見かけるようになり、今やコアなゲーマーの間で滑り止めやコーディネートを目的とした定番の改造方法になっている印象ですが、中国ロジクールのオフィシャルストアがワイヤレスゲーミングマウスの「PRO Wireless」にそのグリップテープを付けて販売しているようです。ゲーミングマウスをグリップテープでコーディネートするのが流行っているhttps:...

Canyon、垂直型でジョイスティック搭載のエルゴノミクスゲーミングマウス『Emisat Vertical Gaming Mouse』

海外で見かけたCanyonのマウス「Emisat Vertical Gaming Mouse」。欧州で展開しているPC周辺機器メーカーのゲーミングマウスで、垂直型のエルゴノミックデザインになっているモデル。形状だけでも個性的に思えるモデルですが、サイドボタンとは別にジョイスティックを搭載しているという特徴も備えています。Emisat Vertical Gaming Mouse (CND-SGM14RGB) - Canyonhttps://canyon.eu/product/cnd-sgm14rgb/...