DELL、電池寿命が驚異的なワイヤレスゲーミングマウス『AW610M』

AW610M_01.jpg


海外で見かけたDELLのマウス「AW610M」。
AW959」などを出していたALIENWAREブランドの新たなゲーミングマウスで、これが自身初となるワイヤレスモデル。解像度:16000DPIやポーリングレート:1000Hzなどトップグレードのスペックを備えています。

New Alienware Wired/Wireless Gaming Mouse | AW610M | Dell USA
https://www.dell.com/en-us/shop/accessories/apd/545-bbcc





AW610M_02.jpg



AW610M_03.jpg



AW610M_04.jpg



AW610M_05.jpg
(via Digital Trends)

人間工学に基づいたALIENWAREシグネチャーデザイン、最新世代の光学式センサー(16000DPI/400IPS/40G)採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、1000Hzの高性能ポーリングレート、最大350時間の電池寿命、カスタマイズ可能な7ボタン、ステップの調整が可能なスクロールホイール、AlienFX RGB対応のRGB LED搭載、有線接続対応、サイズ:幅77.6x奥行き133.3x高さ49.2mm、重量:117g、主な仕様・特徴は以上。北米の公式サイトでは既に取り扱いが開始されており、価格は99.99ドル。

デザインはかなり独特な形状に見えますが、側面から見るとそこまででもないので意外に持ちやすいかもしれない。後部が広がったゲーミングマウスは確か10年以上前にNZXTが出していたよなぁ・・・・。さておき、基本スペックやワイヤレス技術はトップグレードと言える内容なので申し分なし。重量は決して軽くないので人によってはマイナス要素となりそう。そして注目すべきは最大350時間という異様に長い電池寿命。ロジクールの「G903 LIGHTSPEED」(AA)でも最大180時間ですから驚異的なレベルではないかと。
<関連記事>【マウス】DELL 『AW610M』 画像など