SENNHEISER、aptX HD/LHDC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『IE 80S BT』

IE_80S_BT_01.jpg


海外で見かけたSENNHEISERのイヤホン「IE 80S BT」。
IE 80 S」をベースにしたネックバンド型のBluetoothイヤホン。有線モデルと同様にダイナミックスピーカーシステムやマニュアルサウンド調整機能を特徴としており、aptX HD/LHDC(HWA)コーデック対応の点も注目すべきモデルです。

Sennheiser IE 80S BT - - The first audiophile Bluetooth In-Ear headphones
https://en-us.sennheiser.com/ie80sbt





IE_80S_BT_02.jpg



IE_80S_BT_03.jpg



IE_80S_BT_04.jpg



IE_80S_BT_05.jpg



IE_80S_BT_06.jpg



IE_80S_BT_07.jpg
(via facebook)

通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:aptX HD/aptX LL/aptX/AAC/SBC/LHDC、連続再生時間:約6時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:ダイナミック型、周波数特性:10 – 20,000Hz、音圧レベル:110 dB、重量:約30g、という仕様。北米公式サイトでの価格は499.95ドル。

強力なネオジウムマグネット採用のダイナミックスピーカーシステム、周波数特性を変更できるマニュアルサウンド調整機能、イヤホン取り外し可能なネックバンドユニット、3ボタン+音声アシスタントボタン搭載のリモコン部、3種類イヤーピース付属、5バンドイコライザなどを設定できるSmart Controlアプリ、などが特徴。

ネックバンド型のBluetoothイヤホンとしては結構な高額品ですが、有線のIE 80 Sが349.99ドルという事を考えると価格設定は納得のいくライン。そして高評価を得ているIE 80 Sを純正のユニットでBluetooth化できるのは既存のユーザーでなくとも魅力的に映るのではないかと。そのユニットが別売りされるのかも気になるところです。




ゼンハイザー(Sennheiser)
売り上げランキング: 1094