【イヤホン】Xiaomi 『Redmi AirDots』 レビューチェック

Redmi_AirDots_09.jpg


海外で発売されているXiaomiのイヤホン「Redmi AirDots」。
AirDots青春版」の実質廉価版となる完全ワイヤレスイヤホン。スペックは必要最低限と言えそうなエントリークラスですが、価格はそこらのノーブランドよりも安かったりするモデル。ちょっとチェックしてみます。

Redmi AirDots 真无线蓝牙耳机立即购买-小米商城
https://item.mi.com/product/9510.html



画像


Redmi_AirDots_10.jpg



Redmi_AirDots_11.jpg



Redmi_AirDots_12.jpg



Redmi_AirDots_13.jpg



Redmi_AirDots_14.jpg



Redmi_AirDots_15.jpg



Redmi_AirDots_16.jpg



Redmi_AirDots_17.jpg



Redmi_AirDots_18.jpg
(via jianshu)



メディア・レビューサイト


異常なコスパ!激安の独立型ワイヤレスイヤフォンRedmi Airdotsレビュー | ゆるちな.com
https://yuruchina.com/earphones/redmiairdots

両耳独立型Bluetooth5.0ワイヤレスイヤホンXiaomi Redmi AirDotsレビュー | ガジェットフリーク
https://mymobile-wifi.com/xiaomi-redmi-airdots

Xiaomiの完全ワイヤレスイヤホンXiaomi Redmi AirDotsレビュー - ChinaR
https://www.chinadap.com/2019/08/xiaomi-redmi-airdots22xiaomixiaomi.html

格安TWS、Redmi AirDotsレビュー。$20台で買えるのにBT5.0で途切れない快適リスニング - AndroPlus
https://androplus.org/Entry/9202/

はじめてのトゥルーワイヤレス!【Redmi AirDots 実機レビュー】- DKHM Revival
https://blogs.yahoo.co.jp/fps5554560721/64449029.html

Redmi AirDots - バチカンのカメオ
http://mineharu.hatenablog.jp/entry/2019/06/26/024356




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、連続再生時間:約4時間、スタンバイ時間:約150時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:7.2㎜径ダイナミック型、重量:約4.1g、という仕様。Realtek 8763のBluetoothチップ採用、マルチファンクションボタン搭載、音声アシスタント対応、最大2回分=8時間の充電が可能なバッテリーケース、イヤーピース3セット付属、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「音は格安の完全ワイヤレスイヤホンという点を考慮すれば悪くない」「コーデックはおそらくSBCのみ」「接続は左右個々に端末とペアリングする、端末との距離を保っていれば音切れはたまにある程度」「音の遅延ははっきりわかるほど発生しているのでゲームや動画には向かない」「イヤホン側で曲スキップ・音量調整の操作はできない」「手軽に使える音楽再生用としてはオススメ」といった内容。



各所の反応


[#1]
Redmiブランドでairdots出たけど、Xiaomiの青春版とほぼ同じなんかな?
耳うどんは好かないので買うなら青春版と思ってたらディスコンみたいで…



[#2]
Redmi版AirDots、形は同じに見えるね
もしかしてコストダウンのためにAACが削られてたりするかな?
しかしXiaomi青春版の更に半額とか安いよね



[#3]
Redmi Airdotsがプレ値ながら$22弱まで落ち着いて来たので買いました
発送されたみたいなので1週間位使ったら使い勝手とか報告します



[#4]
今日届いて使ってる
パッケージはXIAOMIに比べて簡素なもので
箱の中はボール紙折った物にケースに装着して本体入ってた
付属品はイヤピース2種類で、商品注意書きにあったが
充電用micro USBケーブル無し

プッシュスイッチは、装着したままの操作だとちょっと圧迫感有り
本体で操作をしたいので有れば、XIAOMIのタッチ操作が良いかも

聞いた話ではXIAOMIのケース蓋は半透明で
イヤホンの充電ランプが見えるらしいが、REDMIは真っ黒でわからない
ケース前面下部に充電中ランプ1個
本体充電ケースは良くある磁石で付くタイプ
ケースから本体はちょっと取り外しにくい

初感では楽しく聞ける音質だと思う



[#5]
1週間使った感想
通勤電車で座っての使用だと切れはまずないが
秋葉の人混みとか都内の駅改札近辺では左右間で一瞬接続が途切れ
すぐに再接続される現象が起き易い

満充電から毎日1,2時間程度の使用時間で
本体の電池持ち問題無し(本体の追加充電無し)

全部プラスチックなので滑って本体をケースから取り出しにくいと思ってたら
xiaomiはラバーとの複合型なので取り出しやすさが違うらしい

音量は有線よりかなり小さくQCYのT1も同様
音質は有線のTZ ZSNあたりの方が格段に上
値段が落ち着き、無線の軽快さがほしければ買いでは



[#6]
AirDotsとほぼ同じ音らしいね
EQの分差があるだけでドライバが同じなのかな?



[#7]
Redmi Airdots届いたよ
低音割としっかり高域も過不足なく出てていいと思う

Xiaomi Airdotsより派手めな音になってる印象だけどほぼ同じ
(多分ドライバー同じ)

それよりも接続安定性が先代より各段に良くなってて
ジョギングで使ってみたけど途切れは一切なし

TWSの中ではかなり良い部類だと思う
中国語アナウンスが無くなって電子音のみになったのもポイント



[#8]
補足
EQのおかげかPistonにかなり似た音
曲によってはちょっと高域が出過ぎかも?
Piston2好きな人は気に入ると思う



[#9]
redmiの方だけど普通にこの価格としては中々の音だよ
高音と低音が派手だけど



[#10]
Airdotsが切断なくて良いと聞いたんだけど、AACに対応してるのはどれ?
色々あり過ぎて分からない。公式に対応うたってるのはないみたいだし。



[#11]
>>#10
redmiは非対応だったよ



[#12]
redmi airdots自分も2週間くらい使ってみての印象。
気になったところだけ。

・名古屋の地下鉄だけど意外に左耳が途切れる
・タッチ式じゃなくて物理ボタンはgood
・次の曲がボタンで操作できないのは残念
・ケースが軽くてかわいい
・充電するときの端子の接触がけっこうシビアな気がする
・ケースのフタがカッチリ閉まらないのでカバンの中で開きそう

とにかく2000円ちょっとで買えるのはコスパよく
1個買っといて損は無いと思う。



[#13]
Xiaomi airdotsって安かろう悪かろうかな?



[#14]
>>#13
廉価版のRedmi Airdots使ってるよ
値段なりといえばその通りだが
手持ちではQCY T1とにたような音の傾向、接続の安定性は上、作りはまあまあ
Xiaomi版一番の不評は、中国語の音声ガイダンス
直輸入ならいいと思うが、国内発送やプレ値で高額出すのはどうかな



[#15]
1more届いて音も良いし遅延も少なく満足だけど
20ドルのRedmi Airdotsの方がシンプルで使い勝手がいいことに気付いた
使い捨てできる価格帯って大事よね



[#16]
Redmi AirDots昨日届いて使ってみたけど、これはこれで良いな
確かに青春版の半額なだけあってさすがにコストダウンが随所に目立つ
コーデックはSBCだが正直音質の差は気になるほどのものはないし
スイッチがタッチじゃないプッシュ式だとか
ペアリング音が中国語音声じゃないただの電子音というのも
こっちの方が都合よいという人も多かろう
Redmiブランドらしいコスパ商品だと思う






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は同社のPistonシリーズを彷彿とさせる感じで価格を考えれば上出来、コーデックはAAC非対応、接続の安定性は場所や端末など環境による、コントロールボタンは物理式だができる操作は最低限、音声ガイダンスは備わっておらず電子音での通知のみ、青春版と比べてコストダウンが随所に見られるが使い捨て感覚で使える安さは魅力的、といった内容。

この「Redmi AirDots」は拠点の中国だと99.9人民元(約1,500円)の価格設定で、日本からも手軽に購入できる海外通販サイトでは20ドル以下で販売されている模様。今回チェックした評価はいずれも安く買っての場合でしたし、あくまで”価格の割に”という見方をしないと期待ハズレに終わるかもしれませんが、入れ替わりが激しい完全ワイヤレスイヤホンの流れに乗れない人はまずこのあたりを試してみるのもいいかもしれませんね。




Xiaomi
売り上げランキング: 2604