SHANLING、DDとBAでドライバーが選べる完全ワイヤレスイヤホン『MTW100』

MTW100_01.jpg


海外で見かけたSHANLINGのイヤホン「MTW100」。
ME100」「ME500」「MW100」でイヤホンにも参入してきたSHANLINGが続いて完全ワイヤレスイヤホンをリリースした模様。ダイナミックドライバーのDD版とバランスドアーマチュアユニットのBA版が用意されている珍しいモデルです。

Bluetooth_Shenzhen Shanling Digital Techno
http://en.shanling.com/category/238





MTW100_02.jpg



MTW100_03.jpg



MTW100_04.jpg



MTW100_05.jpg


通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP/SPP/PBAP、連続再生時間:約6時間(DD版)/約7時間(BA版)、充電時間:約1.5時間、重量:4.7g、という仕様。グラフェン振動板を採用したダイナミックドライバー、Knowles製のバランスドマチュアユニット、水洗いできるIPX7の防水性能、タッチコントロールボタン搭載、外音取り込み機能、最大21時間/24時間の充電が可能&USB Type-C採用のバッテリーケース、Qi規格のワイヤレス充電対応、計3カラーラインナップ、などが特徴。

ラインナップはカラーで分かれており、ホワイトがDD版でレッド・ブラックがBA版。価格は拠点の中国だとDD版が398人民元(約6,000円)、BA版が498人民元(約7,500円)。コーデックが非公開だったりちょっと引っかかる点はありますが、昨今の完全ワイヤレスイヤホンとしては基準を満たしていて不足感もない印象。何より同じ型でドライバーが選べるというのは普通の有線イヤホンでも見た事ありませんから、他にはないアドバンテージとなるでしょうね。




SHANLING
売り上げランキング: 16432